生命延長スキン ケアの販売

心不全

心不全のための原因そして危険率

心不全は出所不明(独特の心筋症)、進化の異常(例えば、心房中隔欠損)、甲状腺疾患(例えば、甲状腺機能亢進症)、心臓弁の病気、等の心筋への損傷のようないろいろな要因そして原因が原因であるかもしれない。 心不全のコモン・コーズは冠状動脈のアテローム性動脈硬化による虚血性心疾患である。 いろいろ貢献の要因および条件の有害な影響の認識そして軽減は心不全の危険を減らし、予想(NHLBI 2012年を改善するかもしれない; 追跡 2005年)。 心臓発作の危険のために、それに続く心不全、生命延長のための重要な危険率は最上に危険を減らすためにどうにかしてならない少なくとも17の独立した要因を識別した。 読者は17の独立した心臓発作の危険率を 避ける方法をタイトルを付けられる生命延長雑誌の記事を見直すように励まされる

心不全または心不全の進行のための危険率は含んでいる(Jessup 2003年; Kenchaiah 2004年; 強盗2006年; Harinstein 2009年; McKelvie 2013年):

人口統計学の危険率

年齢および性。 高められた年齢および男性の性はこれらのグループ(Kenchaiah 2004年)の冠動脈疾患の高められた流行による心不全のための一貫した危険率、主としてである。 但し、激しい心不全の流行は(急速な手始めまたはそれの心不全は緊急な処置を要求する)多くにより半分女性(Harinstein 2009年)がだった激しい心不全とおよそ200人の000人の患者の調査によって示されているように人および女性で対等かもしれない。

遺伝学および家系歴。 心不全の家系歴、心筋症(心筋の機能障害)、atherosclerotic病気、不整脈、骨格myopathy (骨格筋を含む筋肉病気)、または突然の心臓死は心不全(AbdelQadir 2007年のための有名な危険率である; 追跡2005年、Kenchaiah 2004年)。

食餌療法および生活様式の危険率

心不全の高められた危険と関連付けられる食餌療法および生活様式の要因は余分なアルコール消費および栄養の不足を含んでいる(例えば、Bのビタミン) (Dunn 2009年; Kenchaiah 2004年; Bryson 2006年)。 煙ることは成長の心不全のための主要な危険率を表し、左の心室の機能障害の人々の死の疾病率そして危険、現在承認された薬剤(Suskin 2001年と対等だった効果の低下に対する重要な効果をもたらすために煙ることをやめることは示されていた; Conard 2009年)。 多くの心循環器疾患のための危険率であると知られている物理的な不活動は心不全を用いる患者の存続を悪化させるために示されていた; 調査はことを病院への是認の後の2.5年報告した、坐った生活様式の患者の25%だけが物理的に活発だった患者の75%と比べて生きていた(Oerkild 2011年)。 果物と野菜の不十分な取入口は心不全と関連付けられるもう一つの危険率である。 血清のベータ カロチンのレベルの測定を通って果物と野菜の取入口を査定した調査では、最も低いベータ カロチンの血レベルを持つ人は心不全の3折目によって高められた危険を最も高い取入口(Karppi 2013年)とそれらと比較してほとんどもらった。

臨床条件は心不全と関連付けた

心臓病。 心房細動、弁の病気(例えば、mitral regurgitation)、冠状動脈のアテローム性動脈硬化による虚血性心疾患および前の心臓発作は心不全(Kenchaiah 2004年の高められた危険と関連付けられる; 強盗 2006年)。

高血圧。 高血圧(高血圧)は- 3折目(Britton 2009年に…心不全の危険2を高める; Kannel 2000年)。 激しい心不全を用いる患者の半分に140のmmHg上のシストリック血圧(「上の」数)があり、70%に高血圧(Harinstein 2009年)の歴史がある。 生命延長の既存の医学的証拠の査定は最適の心血管の健康のために、ほとんどの個人が115/75のmmHgのターゲット血圧のために努力するべきであることを提案する。

糖尿病。 糖尿病は5重心不全の危険を高めまで激しい心不全を用いる患者の40%に糖尿病(Kenchaiah 2004年の歴史がある; Harinstein 2009年)。 生命延長は「正常な」絶食のブドウ糖の読書の受諾と全く対照的に110までのmg/dlである85以下のmg/dLの最適の絶食のブドウ糖のレベルを識別しなかった。 常態が最適と同じではないことを覚えなさい。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)。 頻繁にタバコの乱用と関連付けられる長年の閉塞性肺疾患は、心不全と関連付けられ、2つの条件が同時に起こるとき、予想はだけどちらかとより悪い(deミゲルDiez 2013年)。

腎臓不十分/腎臓病。 証拠は激しい心不全を用いる患者の30%に厳しい腎臓の機能障害(Harinstein 2009年)があることを提案する。

超過重量/肥満。 高い体格指数(BMI)は成長の心不全(Vestberg 2013年)のための危険率である。

高められた心不全の危険とつながるためにより少なく十分確認される他の病気はhemochromatosis (鉄の積み過ぎ)、類肉腫症、アミロイドーシス、伝染(例えば、HIVの肺の伝染)、内分泌の無秩序(例えば、褐色細胞腫)、コラーゲンの血管疾患および睡眠時無呼吸(刃物師1980年を含んでいる; ステュワート1988年; Hoeper 2002年; Farroni 2005年; Whooley 2006年; Dubrey 2007年; 追跡2009年; Falk 2010年; Gottlieb 2010年; Foley 2012年)。

妨害する睡眠時無呼吸–致命的な結果の隠された伝染病

妨害する睡眠時無呼吸は公有地および可能性としては致命的な睡眠障害である。 それは酸素の流れを減らす睡眠の間に倒れる上部の航空路に起因する。 血流で低酸素生じることは破壊された睡眠に終って(彼らが十分に覚醒することを覚えなくても)個人を、覚醒させる。 大人の2と7%間で妨害する睡眠時無呼吸を持って、貧乏人睡眠の質を、いびきをかくこと、および扱いにくい(パンジャブ語2008年に疲労もたらす; Drager 2011年)。

これのunderdiagnosed、頻繁に見落された睡眠障害は心循環器疾患のための主要な危険率、アメリカの大人の一流の死因を表す。 データは妨害する睡眠時無呼吸が人(Gottlieb 2010年)の冠状心臓病の68%の増加と関連付けられることを示す。 睡眠時無呼吸は心不全を用いる患者間で共通であり、睡眠時無呼吸によって引き起こされる中心の高められた緊張は心不全(Kasai 2012年)の進行を促進するかもしれない。 妨害する睡眠時無呼吸はまた増加されたコレステロール、高血圧(Drager 2011年と関連付けられるかもしれない; Pedrosa 2011年)、タイプ2の糖尿病(Aronsohn 2010年)、癌の死亡率(Nieto 2012年)、打撃および死(Yaggi 2005年)。

病理学の危険率

心不全は複数の使用と化学療法の代理店(doxorubicin、daunorubicin、シクロホスファミド、5フルオロウラシル)を含む規定そして市販薬、関連付けられた; コカイン(Kenchaiah 2004年); アスピリン(ページ2000年)以外のnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAIDs); thiazolidinediones、既存の心不全を複雑にするかもしれない流動保持をもたらす場合がある糖尿病を扱うのに使用される薬剤のクラス; そしてdoxazosin、高血圧(Kenchaiah 2004年)を扱うのに使用される薬剤。