生命延長血液検査の極度の販売

心不全

心不全は要求に応じるためにボディ中の十分な酸化された血をポンプでくむ中心の無力で起因する貢献の要因およびいろいろ病理学の原因を記述する一般用語である。 心不全は構造心筋の欠陥、心臓弁の病気、肺疾患(例えば、右味方された心不全)、アテローム性動脈硬化に、甲状腺疾患よる冠動脈疾患および少数を示す低い赤血球(貧血症)を含むいろいろ病理学の病気の州の結果としてaとして急速または次第に成長するかもしれない(Foley 2012年; 追跡2009年; Heidenreich 2013年; Brum 2011年; Iwanaga 2010年; Ferri 2013年)。

心不全の発生は増加している。 米国の5.8百万人が2009年に心不全によって影響される間、アメリカの中心連合は2030年までに8以上,000,000人の個人に風船のようにふくらむとこの数が期待する。 同様に、心不全の心配と関連付けられるヘルスケアの費用は2030年までに2012年から$70十億に$31十億からのこの時間枠の倍より多くに、写し出される(Weintraub 2010年; Heidenreich 2013年; 追跡 2009年)。

これらの厳格な統計量は心不全の患者のための主として印象が薄く慣習的な治療の選択を平行にする。 13人の000人のボランティアに含む将来の19年の調査はベースラインの心不全のない人そして女性で、続いて生命の心不全に後で苦しむことを続いた人の60%以上ためにatherosclerotic心臓病(彼2001年)の結果したことを示した。 このポイントに、生命Extension®はatherosclerotic冠動脈疾患による前の心臓発作がそれに続く心不全のための主要な原因であるので重要な重要性をもつ心臓発作の危険が最上に管理されるべきなら積極的に管理されなければならない少なくとも17の独立した危険率を識別した。  残念ながら、主流の薬は頻繁に高血圧および高いコレステロールのような心臓発作の危険のための1-2の貢献の要因だけ、演説する。 これは老化の個人を、不十分なビタミンDおよびホルモンの不均衡及び不足余分なホモシステインのような抑えられない心臓発作の危険率の被害--にさらされて残す。 この致命的な手落ちは心循環器疾患がそう多くのアメリカ人(Faloon 2009年)を苦しめ続ける基本的な理由である。

例えば、慣習的な心不全の心配の主要なギャップは心不全の患者の徴候を改善するテストステロンがテストステロンの取り替え療法のための心血管の健康そして潜在性で担う重大な役割のための無視である。 心不全を用いる人の推定25-30%に低いテストステロンのレベルがあるが、この容易に修正可能な危険率は多くの主流の医者(Malkin 2006年によって見落される; Malkin 2010年; Giagulli 2013年)。 出版された調査の広範囲の評価は心不全を用いる人の52週まで間テストステロンの取り替え療法が偽薬(Toma 2012年)と比較された機能容量の重要な改善で起因したことを明らかにした。 これらの結果は「気づくために導いた研究者を満たされなかった臨床必要性、テストステロンを与えられて患者の機能容量をとの[心不全]改善する有望な療法のようである」。

心不全の患者のための比較的印象が薄く慣習的な処置の選択と対照をなして、心不全の研究の主要な進歩はQ-SYMBIOの補酵素Q10 (CoQ10)の試験の早い結果の提示との2013年に入って来た。 この起工の10年の調査は心不全という点において生命延長によって前なされる推薦多くの年に強力な支持を提供する。 この刺激的な試験は劇的に入院の発生を減らしている間CoQ10補足がかなり厳しいクラスを持つ患者のための存続をIIIかIV心不全改善することを示した。 具体的には、100にCoQ10のmgを3回の日刊新聞取った心不全の患者は制御と主要な心血管のでき事を持ってかなりまずなく調査の期間の間にあらゆる原因がもとで死ぬことかなりまずない比較した服従する、(Mortensen 2013年)。

生命延長科学的な諮問委員会のメンバー ピーターH. Langsjoenが、MDは行なうで示されているように、複数の調査FACCのCoQ10補足コレステロール低下statin療法(HMG CoAの還元酵素の抑制剤)の個人のために特に重要である。 Statinの薬物はコレステロールおよびCoQ10両方の生合成を妨げ、心不全の患者(PH Langsjoen、Langsjoen 2005年の心筋の機能障害を悪化させるためにこれらの薬剤は示されていた; P Langsjoen、Littarru 2005年; Folkers 1990年; 銀 2004年)。 1つの調査では、diastolic機能障害(心筋の弱さ)は70% 6か月間Lipitor®の20 mgと日扱われた前に正常な患者の起こった。 この心筋の機能障害はCoQ10の100 mgとリバーシブル毎日3回だった(銀2004年)。

心不全が驚くべき診断である場合もあるがそれらのための自然な介在の提供の付加的な希望の効力のための複数の新しい治療上の作戦そして数々の証拠の出現はこの条件(Mortensen 2013年)に苦しんだ。

この議定書は条件が慣習的な薬によっていかに診断され、扱われるか心不全の生物学の輪郭を描き。 活動的な研究を経る最新式の処置の作戦は心不全の多数の険悪な根本的な原因に演説する重大な必要性がように、見直される。 複数の革新的な、出現療法に加えて、練習の許容を、心不全を用いる患者の機能容量改善する栄養のアプローチおよび生活環境基準は示される。

心不全が複数の心血管および新陳代謝の病気のための潜在的な終点であるので、心不全の最小になる危険または改良の結果のための広範囲の作戦はまた根本的な原因に演説するべきである。 従って、読者はアテローム性動脈硬化の付加的な生命延長議定書および 心循環器疾患、 高血圧、不整脈 、コレステロール管理 、肥満および 減量、糖尿病腎臓病 および甲状腺剤の規則 見直すように励まされる