生命延長ばねのクリアランス セール

不整脈

代わりとなる療法及び食餌療法および生活様式の考察

刺鍼術

刺鍼術は手動で挿入される針を使用するボディのいろいろなポイントの刺激を含むプロシージャを示す(NCCAM 2012年)。 耐久性がある心房細動を用いる80人の患者を登録した調査は刺鍼術の処置が再発率に対する効果をもたらしたかどうか、そしてそれが不整脈を防げたかどうか評価するために行なわれた。 患者が彼らの正常な中心のリズムをcardioversionによって元通りにしてもらった後刺鍼術の針が「間違った」ポイントに挿入されるかamiodarone (Cordarone®)、刺鍼術、にせ物刺鍼術(プロシージャ)と扱われたり、または処置を与えられなかった。 結果は再発率がにせ物(69%)より刺鍼術のグループ(35%)でより低かったことを明らかにしたりまたは(54%の)グループ(Lomuscio 2011年)を制御する。 amiodaroneと扱われた患者の再発率は27%だった。 8つの別々の調査からのデータの分析は関係者の87-100%が刺鍼術の処置(VanWormer 2008年)の後で正常な中心のリズムに変えたことを示した。

内陸の食事療法

内陸の食事療法はcardioprotective効果を提供するために示されていた。 2011で行なわれた調査はこのタイプの食事療法間の関係を、不整脈のビタミンの取入口および発生調査するように努めた。 調査は400が心房細動の最初エピソードを検出した800の主題を募集した。 この食事療法への低い付着は心房細動の開発、および中心の正常な電気衝動に戻って自発の転換の高い付着と関連付けられた。 より大きい人口のそれ以上の調査がこれらの調査結果を確証するように要求される間、内陸の食事療法への高い付着は可能性としては心房細動のエピソード(Mattioli 2011年)を防ぐかもしれない。

生活様式は変わる

不整脈の危険を減らすかもしれない他の生活様式の手段は含んでいる(Pepe 2010年; 公園2009年; Mattioli 2011年):

  • 十分な練習(シアバター2008年)
  • 健康な体重(Fuster 2011年の維持; Tedrow 2010年)
  • 煙ることをやめること(チェンバレン2011年; シアバター 2008年)
  • 削減カフェイン(Fuster 2011年で; Mattioli 2008年2011年; シアバター 2008年)
  • 削減アルコール(シアバター2008年で; Fuster 2011年; Kodama 2011年)
  • 圧力(Magri 2012年の減少; シアバター 2008年)
  • 避ける興奮剤の薬物(例えば、pseudoepinephrine) (シアバター2008年)を