生命延長血液検査の極度の販売

外傷および傷の治療

外傷の複雑化

外傷によって提起される危険および栄養不良の危険のほかに、患者は複雑化の危険がある状態にまたあり彼らの傷害に起因する。 傷修理は次の複雑化によって妨害されるかもしれない:

  • 伝染。 傷の伝染は広範な傷区域、悪いホストの防衛および不適当な傷の心配の場合で行われることができる。
  • ケロイド。 ケロイドは異常なコラーゲンの統合の結果として形作られる傷のティッシュの扱いにくい突起である。 それは隣接した皮に広がることができる。
  • 壊疽。 壊疽はボディ ティッシュの腐食によって形作られる死んだ傷のティッシュである。 それは血の流れの伝染、凝血、または欠乏によりによって引き起こすことができる。 この条件は先端で共通である。
  • 急速な減量。 これは蛋白質カロリーの栄養不良に起因する。
  • 妥協された免疫組織。 栄養不良の患者はすぐに伝染のような減らされた免疫機能の徴候を、表わすことができる。

極度な傷害はまた中心のような制御できない炎症性応答、圧倒的な生命の維持に必要不可欠な重要な器官システムおよび肺を誘発できる。 全身の炎症性応答シンドロームとして知られているこの生命にかかわる状態は多数の外傷の管理の大きな問題である。 発火の最適のレベルが残骸を取り除き、治療を始めることができる間、これらの反作用は用心深く調整される必要がある。 死んだティッシュを分解する化学薬品またおよび酵素は生きた組織を傷つけることができる。 発火が制御機構を圧倒すれば、生命にかかわる割合に達することができる。

何をこれまでのところ学んだ…

  • 外傷は物理的なか化学傷害のための一般的な用語である。 外傷の強度は激しい、生命にかかわるでき事から漸進的な、累積傷害まで及ぶ。
  • 外傷へのボディの応答はローカルおよび全身の反作用を含む。 発火、血液凝固、および免疫組織のすべて活発化は治療の必要な要素である外傷の後に。
  • 外傷の間に、ボディは高められた生理学的な率で作用する。 外傷の患者間の栄養不良状態の危険をもたらすカロリー、蛋白質および栄養素のためのボディの条件は非常に高められる。
  • 栄養の補足は回復過程の助力に重大である。