生命延長ばねのクリアランス セール

外傷および傷の治療

傷害への全身の応答

4つの主要な器官システムは直る傷にかかわる: 交感神経系、内分泌器官、循環系およびレバーを含む激しい段階の反作用。 即全身の答の間に、けが人人は注意深くなる苦痛を減らすために、あへんそっくりの物質は解放される中心および呼吸率は早まる、血ブドウ糖のレベルは上がり、基底の代謝率はスピードをあげる。 これはsupraphysiologicalレベルに器官のシステム機能づけの圧力の反作用、である。 適切な栄養療法によって支えられて、圧力の支えられたレベルはボディの生理学の通行料を取らない。

全身の応答はローカル化学仲介人が傷からの血管にこぼれると同時に作り出される。 それらは外傷の後で見られるさまざまな新陳代謝の変更を引き起こすcytokinesと電話される解放の化学メッセンジャーに循環のmonocytes (一種の免疫細胞)を活動化させる。 主要な外傷の場合では、脂肪、ブドウ糖および蛋白質の一般化された熱、高められた酸素の消費および高められた新陳代謝があるかもしれない。

反作用が幾日か週に延長されると同時に免疫細胞を供給するために、ローカル リンパ節および脾臓は拡大する。