生命延長スキン ケアの販売

器官の移植

Th17: Tregの 比率: Immunosuppressive薬剤の薬剤の限定

T regの細胞へのTh17細胞と呼ばれるT細胞の特に積極的なサブクラスの比率は 移植されたティッシュの方に積極的に反応する免疫組織の傾向の非常に反射である。

T regの細胞に炎症抑制の特性があり、 移植 機能 の過剰積極的な免疫反応そして延長のquiescenceを引き起こすことが知られている。 なお、Th17細胞は親炎症性 で、 移植の拒絶(Ma 2010年の免疫反応を悪化できる; Afzali 2007年; Kimura、 2010年)。

研究者10月では2010年のTh17を減らすことを確認した: Tregは 動物モデルの高められた同種移植片の存続で起因した。 チームは膵島の細胞の移植を受け取ったマウスにTGFβを直接管理した。 TGFβを管理することは循環のTh17細胞のIL-6活動そして数の減少、および同種移植片の生存期間を延長するT regの細胞の 循環の増加で起因した。 研究者はIL-6活動を目標とし、Th17を下げるそれを結論を出した: Tregの 比率は 「移植の許容を引き起こすために提供する有望なアプローチを…」 (チャン2010年)。

免疫の許容および炎症性病理学のこの最近の理解を組み込んで、研究者は32人のレバー移植の受け手で循環するT regの細胞を保護する同種移植片のレベルのcalcineurinの抑制剤 (CNIs)の影響を検査した。 調査はCNIsがかなりCNIを 受け取っていない 健康な制御患者と 比較された循環のT regの細胞のレベルを減らしたことを明らかにした。 データはチームをCNIsがTh17を引き起こす許容の方の進行を妨げたことを結論するために導く: Tregの プロフィール(儲2010年)。

これらの新しい調査結果は移植患者の最も一般に所定の免疫抑制剤が移植の拒絶–保護T regの細胞の不十分なレベルの重要な根本的な原因に演説しないことを 示す。

ブドウの種のエキスは好意的にTh17を変える: Tregの 比率

2010 10月はの調査proanthocyanidinが豊富なブドウの種のエキスがTh17ことをの比率の減少で非常に効果的であることを明らかにした: Treg および過剰積極的な免疫反応を調整すること。 研究者はブドウの種のエキスが好意的にTh17を変えたことを観察した: 動物 ネズミ科)およびヒト細胞ライン(公園2010年)のT regの比率。

彼らの研究にステップを更に踏むことで、科学者はコラーゲン誘発の関節炎のマウスの臨床徴候に対するブドウの種のエキスの効果、Th17に感度が高いモデルを検査した: Tregの 比率。 彼らはブドウの種のエキスが効果的にエキスが有効なimmunomodulatorだったことを確認する臨床徴候を減少させたことが分った。 著者は有効に炎症性 T細胞の微分、ブドウの種のエキスを調整することによって」。炎症性および自己免疫疾患のための可能で新しい治療上の代理店として役立つかもしれないことを「ことを結論を出した

別の調査はブルーベリーのエキスとの食餌療法の補足が(また高くproanthocyanidinsで)特別に敏感である移植されたドーパミン ニューロンことをの存続の延長で非常に効果的だったことを、示したパーキンソン病の動物モデルで。 研究者はまたブルーベリーのエキス(McGuireを受け取っていなかった制御グループがよりブルーベリーのエキスを受け取っているマウスがよりよい移動性および調整を表わしたこと、2006年に注意した)。

器官の移植の残りの効果およびImmunosuppressive薬剤の薬剤の副作用を目標とすること

ティッシュの拒絶を避けることは移植の受け手に直面する唯一の挑戦ではない。 他の多くの複雑化は移植を受け取り、免疫抑制剤を取ることの結果として頻繁に起こる。

ほぼすべての移植の箱では、移植された器官より少しのvasculatureはホストの天然ティッシュのそれより最上に作用する。 これは頻繁に凝血および高血圧(Vandergheynst 2010年のような心血管の複雑化を、もたらす; Vrochides、 2010年)。 血管の内部を並べる移植の受け手のendothelial細胞(細胞)の健康そして機能が維持されることは極めて重要である。

制御のホモシステイン

ホモシステインの低レベルを維持することは移植患者のために非常に重要である。 ホモシステインは損傷のendothelial細胞がアテローム性動脈硬化の病因に貢献するアミノ酸の派生物であり。

10月、2010日に出版された調査は研究者が多数の混同の要因を調節した後でさえもより高いホモシステインが378人の腎臓の移植の受け手のあらゆる原因からの死の予言者だったことが分った。 最も高い3分の1ホモシステインとのそれらが水平になるより水平な最も低い3分の1ホモシステインが付いている主題(<13.1 µmol/L)は生きた3,000日のであるために大いに本当らしかった後移植(>18.5 µmol/L)。 研究者はまたCNIを取る主題にCNI (平均16.3 µol/Lを対14.3 µmol/L)取らない主題よりホモシステインのハイ レベルがCNIsが、cyclosporineのような、ホモシステイン(Connolly 2010年)を上げるかもしれないことを提案するあったことに注意し。

幸いにも、効果的にに制御する移植患者のホモシステインを示されていた複数のnutraceutical原料がある。

B6、B12および5-Methyltetrahydrofolate

98人の腎臓の移植患者の評価で、研究者はそれを、だけでなく、だった慢性の同種移植片の機能障害に、ビタミンB6の取入口関連したホモシステインのハイ レベル見つけたが、またfolate、5-methyltetrahydrofolateの活動的な形態のより高い血レベルはホモシステインの低レベルと、関連付けられ、管の健康を改善した。 研究者は「folateを増加し、ビタミンB6が取入口…移植患者間のホモシステインの集中を減らすようで、慢性の同種移植片の機能障害の危険の」減少に貢献できることに注意した (Biselli 2007年)。

、6か月間毎日50 mgの56人の腎臓の移植の受け手、かなりホモシステイン(21.8 µmol/Lから9.3 µmol/Lからのレベルを対偽薬のグループの変更 減らすと組合せではB6、400 mcg B12はおよび5 mgの葉酸見つけられなかったし、carotid intima媒体の厚さ、アテローム性動脈硬化のマーカー(0.95 mmから偽薬のグループが試用期間(Marcuzzi 2003年)にわたるcarotid intima媒体の厚さ 0.71 mmから0.87 mmから)のマーク付きの増加を示す間、0.64 mmはから、32%の減少を平均する)。

730人の腎臓の移植患者の調査はこの人口のビタミンB12そして活動的なfolateの重要性に独特な洞察力を提供した。 この調査の研究者は血しょうB12および活動的なfolateのハイ レベルが循環(Winkelmayer 2005年)のこれらのビタミンのハイ レベルを持っていることに遺伝の性質がある腎臓の移植患者に見られる存続の利点と多分関連付けられることに注意した。

Nアセチルのシステイン

Bのビタミン を伴う酸化防止Nアセチルのシステインは、特により低いホモシステインのレベルに、示され、endothelial機能(Yilmaz 2007年)を改善する。

レバー移植を受け取った12人の子供では、Nアセチルのシステイン(70のmg/kg)の静脈内の注入は、プロスタグランジンE1を伴って後操作をすぐに始める6日間、毎日管理された。 組合せは注入(Bucuvalas 2001年)を受け取らなかった制御グループと比較された最初の3か月内の拒絶のエピソードの厳格を後移植減らした。

静脈内のNアセチルのシステイン(4時間にわたる5グラム)は劇的にホモシステイン(15.5 µmol/Lから3.36 µmol/L)人およびB12の健康なレベルを持つ11人の腎臓の移植患者に付きfolateからのレベルを減らすために示されていた。 チームはNアセチルのシステインに帰することができる悪影響を報告しなかった。 この調査は腎臓の移植患者(Rymarz 2009年)のNアセチルのシステインの安全そして効力を両方強調する。

cyclosporineの動物モデルはNアセチルのシステインがcyclosporineのnephrotoxic効果に対して保護だったことが腎臓の毒性を分った引き起こした。 単独でcyclosporineを受け取っている動物は反応種の一酸化窒素およびmalondialdehydeのレベル、スーパーオキシドのディスムターゼおよびグルタチオンの過酸化酵素の活動および著しい腎臓の形態学上の変更の重要な減少によって測定されるようにcyclosporineのNアセチルのシステインを受け取っている動物はこれらの変更(Duru 2008年)を明示しなかったが、酸化圧力の顕著な増加を、示した。

肺移植の 受け手 から取られた細胞で行なわれた生体外の調査ではNアセチルのシステインは移植の拒絶に貢献する炎症性cytokine TNFαの遺伝の表現を減らせた。 著者は「従って 酸化防止混合物の治療上の使用酸化圧力および発火が同種移植片機能の損失に」がかなり貢献できる肺移植のような条件の興味であることができること( Hulten、1998年を完了した)。

ココアおよびザクロのポリフェノール

研究者は、二重盲目の偽薬によって制御された方法で、ココアから得られた22人の心臓移植の受け手の管の健康のポリフェノールの影響を検査した。 研究者は内皮依存した冠状vasomotionおよび冠状動脈の直径によって測定されて、主題の後の2時間がポリフェノールの15.6のmgを提供する暗いチョコレートの40グラムを消費したように、endothelial機能を評価した。 ココア ポリフェノールはかなり冠状動脈の直径を(2.36から2.51 mmから)高め、冠状vasomotion (偽薬のグループの-4.3%対+4.5%)を改善すると見つけられた。 なお、研究者はまた凝血の形成および高血圧(Flammer 2007年)の減らされた危険を示す偽薬のグループの変更と比較されたポリフェノールのグループの血小板の付着の重要な減少を(4.9%から3.8%から)見なかった。

endothelial機能(de Nigris 2006年)を支えるためにまた知られていたザクロからのポリフェノールは21日間60のkgの人間のための~500 mgと同等の線量の動物に、管理された。 研究者はザクロのポリフェノールがthiobarbituric酸の反応物質のレベルおよびantioxidative酵素のグルタチオンSトランスフェラーゼ、スーパーオキシドのディスムターゼおよびカタラーゼの活動によって測定されるようにかなりcyclosporine誘発の肝臓の酸化圧力を、減らしたことが分った。 チームは「この 調査の結果ことを[ザクロのポリフェノール]力の演劇レバーの保護の[に対して] cyclosporine誘発の酸化損傷に於いての重要な役割」が示すことを結論を出した (Pari 2008年)。

CoQ10

4週間CoQ10の90 mgとの毎日の補足は、HDLのLDLそして11人の腎臓の移植患者の総コレステロール値によって測定されるように心血管の健康の重要な改善で、起因した。 なお、研究者はCoQ10が不利にcyclosporine (Dlugosz 2004年)を取っている移植患者のCoQ10の安全を強調するcyclosporineの血レベルに影響を与えなかったことが分った。 このデータはCoQ10が安全に酸化損害を与え、不利にコレステロール値(van den Dorpelを知られているcyclosporineの副作用を戦うことができること、1997年を提案する)変えると。

ビタミンCおよびE

500 mgのビタミンCおよびビタミンE 400のIUのの組合せを用いる補足の効果を、毎日二度検査する、二重盲目の試験はビタミンが心臓移植の患者の冠状動脈硬化の進行を遅らせたことを示した。 1年一定期間に渡って、ビタミンCおよびE (n=19)を受け取っている患者は偽薬(n=21)を受け取っている患者は8%の増加(牙2002年)を見たが、平均intima媒体の索引の増加を経験しなかった。

ランダム化されるでは、偽薬は制御された方法、研究者13人の腎臓の移植患者の管機能に対するビタミンCの2,000 mgの効果を調査した。 彼らはビタミンCがかなり内皮依存した膨張を(1.6%から脂質を生体外で酸化させるように要求されてまでに4.5%から)改善した分り、また測定されるように主題の血の酸化防止容量を、ことが 高めた (ウィリアムス2001年)。

広く規定された免疫抑制剤、cyclosporineは、酸化損害を与えるために知られ不健康な脂質のプロフィール(van den Dorpel 1997年)と関連付けられる。 ビタミンEは、ケルセチンを伴って、ブタの腎臓のendothelial細胞(de Arriba 2009年)へのcyclosporine誘発のミトコンドリアの損傷の減少で有効で、および動物モデルでグルタチオンの過酸化酵素およびカタラーゼの活動thiobarbituric酸反応の物質のレベルによって測定されるようにcyclosporineによって、であるために引き起こされたhepatotoxicityに対して保護示されていた(2008年Mostafavi注ぎなさい)。

、少なくとも1つの調査で、cyclosporineの血レベルを減らすためにビタミンCおよびEの組合せが500にmgのビタミンCおよびビタミンE 400のIUの毎日二度毎日二度取っていた心臓移植の受け手の大体30%によって示されていたことに注意することは重要である。 これらの研究者はより頻繁なcyclosporineの集中の監視は これらの酸化防止代理店」をことを始めた後保証されることより詳しいpharmacokinetic分析がこの相互作用の厳密なメカニズムを明白にして必要であるが移植の受け手をわかっているべきである世話する医者それを「示すことを続いた (湖2005年)。

Lアルギニン

アミノ酸のLアルギニンは多数の調査でendothelial細胞(Ou 2010年の機能を改善するために示されていた; Orea Tejeda、 2010年)。

22人の心臓移植の患者の2010調査は、一酸化窒素/endothelinの比率および6分の歩行テストによって測定されるように高められた副最高の練習容量によって測定されるようにことが補足のLアルギニン、6グラム毎日二度、改善されたendothelial機能、分った(間隔は525のmから580 m)に増加されて歩いた。 かなり、研究者はまた補足のLアルギニンが標準化されたアンケート(Doutreleau 2010年)によって測定されるようにスコア主題の全面的な生活環境基準を、改善したことに注意した。

Probiotics

777人のレバー移植の受け手の調査は外科場所の伝染が患者の37.8%で行われたことが分った。 これらの伝染は、大体24の付加的な日の病院の滞在、余分費用の$159,967および死亡率(Hollenbeak 2001年)の10%の増加、平均すると生じた。 なお、後操作中の伝染は拒絶(Cainelli 2002年)による接木の損失のかなりより高い発生と関連付けられた。

ランダム化された偽薬は、繊維を伴って、95人のレバー移植の受け手の試験を検査した後操作中の感染率に対するprobiotics (単位を形作っている100億人コロニー)の効果を制御した。 研究者は制御グループで患者の48%は伝染(Rayes 2002年)を開発したが伝染がprobioticsおよび繊維を受け取っている患者の13%だけで行われたことが分った。

これらの印象的な結果を重複させるためには、同じ鉛の研究者は別の同じような調査をその後まもなく行なった。 今回チームは、単独で繊維に対して、66人のレバー移植の受け手の後操作中の感染率に対するprobioticsの効果を、繊維を伴って調査した。 probioticsおよび繊維の組合せを受け取っているグループは、繊維をもっぱら受け取っているグループで後操作中の伝染は患者(Rayes 2005年)の48%で行われたが、3%だけの感染率があった。

マグネシウム

マグネシウムの無駄になることは移植患者、移植された腎臓(Mazzaferro 2002年)を受け取る特に人で共通である。 マグネシウムの低水準はcyclosporineの毒作用を増強し、同種移植片の存続(Holzmacher 2005年)を減らすために示されていた。

14人のhypomagnesemic腎臓の移植患者の調査では、3か月間毎日400かなりマグネシウムの合計およびLDLのコレステロール値、ブドウ糖の新陳代謝および回復のレベルを改良するためにから1,200 mgの線量のマグネシウムの補足は示されていた。 研究者はマグネシウムの補充が腎臓の移植患者(Gupta 1999年)の健康を維持するために無駄になり、重要な戦いのマグネシウムのために有効だったことを結論を出した。

必要がある何を知る

  • 移植されたティッシュに対する過剰積極的な免疫反応は移植された器官のための非常に悪い5年の残存率で起因する。
  • 特定の炎症性cytokinesを、IL1ßのような、保護T regの細胞の活動を損ない、細胞毒素のT細胞を刺激するIL-2目標として、IL-6 、IL-15、IL-21およびTNFαは過剰積極的な免疫反応を静め、移植されたティッシュの健康な機能を支えることへ理性的なアプローチである。
  • 複数の栄養素はこれらの炎症性cytokinesを目標とし、好意的にT regの細胞の移植保護への非常に積極的なTh17細胞の比率を 変える。
  • 移植患者、calcineurinの抑制剤、保護T regの細胞の活動を促進し、非常に有毒であるために示されているべき失敗 への最も広く規定された免疫抑制剤。
  • 多くの栄養素は安全に伝染、悪いendothelial機能および積極的なアテローム性動脈硬化のような器官の移植の残りの効果に演説し、免疫抑制剤の副作用を戦う。

概要

批判的に傷つけられるか、または失敗器官を持つ器官の移植の提供の個人生命の質を改善し、寿命を拡張する手段。 但し、移植された器官を受け取ることは多数と挑戦来る。

寄付された器官がティッシュの受け手のDNAを含んでいないので、ホストの免疫組織は病理学として移植された器官を確認し、それを除去するように試みる。 寄付されたティッシュとホストの免疫組織間のこの進行中の戦いは移植されたティッシュの破壊で最終的に起因する。 従って、移植の受け手は副作用によってできるだけ長くのために移植された器官を維持するために積まれる免疫抑制剤を取らなければならない。

生命延長は、同業者審査された科学的な証拠に基づいて、ティッシュの拒絶にかかわる免疫反応の特定の面を目標とする識別したり、また免疫抑制剤の副作用を戦うのを助ける多数のnutraceuticalsを。