生命延長血液検査の極度の販売

片頭痛の頭痛

目標とされた栄養の介在

自然な療法(例えば、サプリメント)はよく、多数示されていた片頭痛の徴候(O'Brien 2010年を減らすために容認され; Schiapparelli 2010年)。

セイヨウフキの根– セイヨウフキ(Petasitesのhybridus)は湿った条件で活気づく植物で、薬効がある目的の広い範囲のために古代時(Pothmann 2005年)以来のヨーロッパで使用された。 セイヨウフキのエキスは片頭痛の防止(Pothmann 2005年のための効力を説明するかもしれない鎮痛剤、炎症抑制、反痙攣性、およびvasodilatatory特性を所有している、; Oelkers斧 2008年)。 セイヨウフキの根のエキスは(15%にpetasinsを標準化される)片頭痛(Diener 2004年の防止のために安全、有効であるために示されていた; Lipton 2004年; Pothmann 2005年)。 1つの調査では、研究者は3グループに受け取るために245人の患者を裂いた: 1日に2回セイヨウフキのエキスの1日に2回セイヨウフキのエキスの75 mg、50 mg、か偽薬。 4ヶ月の処置の期間の終わりに、75にmgの適量を取るそれらは片頭痛の攻撃(Lipton 2004年)の頻度の痛打の48%の減少を、平均すると、経験した。

セイヨウフキは頻度を減らすためにとても有能であり、片頭痛の攻撃、それ神経学(AAN )のアメリカ アカデミーおよび アメリカの頭痛の 社会(AHS)の厳格は 片頭痛(オランダ2012年)のための有効な処置としてそれを推薦することを持っている。

補酵素Q10 – 補酵素Q10 (CoQ10)は細胞エネルギー生産の有効な酸化防止(ロス2007年)および重要な部品である。 研究者は代謝率の器官が、頭脳のような、すぐにCoQ10店を減らすようであることが不足(ロス2011年)に可能性としては一流分った。

CoQ10は大人(Schiapparelli 2010年間の片頭痛の攻撃の頻度を防ぎ、減らすために有利であるために(毎日100-300 mgの線量で)示されていた; スレート工 2011年)。 これらの行為は片頭痛プロセス(スレート工2011年)で関係したミトコンドリアの機能障害干渉するCoQ10の潜在性に帰因するおよび炎症性メカニズムと。

リボフラビン –リボフラビン(すなわち、ビタミンB2)は細胞の成長、酵素機能およびエネルギー生産(AMR 2008年)に貢献する。 良質データはリボフラビンが子供および大人両方(コンドミニアム2009年間の片頭痛の防止のために有効であることを示す; Boehnke 2004年)、従来の救助の薬物(Boehnke 2004年)のための必要性を減らし。 リボフラビンの有利な効果がミトコンドリアのエネルギー生産(Brenner 2010年)を高める機能が原因であることがリボフラビンがミトコンドリアの遺伝的異常(DiLorenzo 2009年)の片頭痛の患者間で特に有効であることを示すデータにこれ基づいている信じられる。

6か月(Boehnke 2004年)によって主張している23人の関係者を400 mgのリボフラビンとの補足が3か月に印象的な50%毎日頭痛の頻度を減らしたことを、含む1つの調査は示した改善と。 リボフラビンはまた費用効果が大きく、最低の副作用のプロフィール(コンドミニアム2009年)がある。

Feverfew – Feverfew (Tanacetumのparthenium)は はっきりと強く、苦い臭気(Goodyearスミス2010年)の小さい、ヒナギクそっくりの花である。 最近の証拠はfeverfewがアラキドン酸、cyclooxygenase-2、TNF-α、IL-1、MCP-1を含む片頭痛にかかわるかもしれない何人かの炎症性仲介人の生産を禁じることを明らかにした。 これらの炎症抑制の特性、片頭痛の攻撃の管理のfeverfewの使用が原因で有望である(Goodyearスミス2010年; Saranitzky 2009年; 陳 2007年)。 但し、ランダム化された管理された試験の検討はfeverfew (Pittler 2004年)の有効性のためのまちまちな結果を明らかにした。 例えば、乾燥された葉を使用した調査は二酸化炭素のエキスを使用して別のものは重要な利点(Pittler 2004年)を示さなかったが片頭痛の頻度の減少を明らかにした。 ショウガおよびfeverfewの組合せはまた最低の側面のeffetcs (Cady 2011年との片頭痛の防止のために有効であるために示されていた; エルンスト 2000年)。 100-300 mgの適量は4回まで日刊新聞推薦される(Pareek 2011年)。

マグネシウム –マグネシウムは典型的な片頭痛の攻撃の開発にかかわる多くの重要な神経および管プロセスを調整する。 片頭痛の患者は攻撃(Qujeq 2012年の間に一般に低いマグネシウムのレベルを(血清、ティッシュおよびリンパ球で)、特に表わす; Talebi 2011年; 太陽Edelstein 2009b)。 なお、マグネシウムの不足は皮層の広がりの不況(CSD)、血小板の集合、血管収縮および物質P解放を誘発できる; あるかどれが片頭痛の病理学(太陽Edelstein 2009b)で関係させた。 マグネシウムの日刊新聞の600 mgの適量は片頭痛の攻撃(Koseoglu 2008年)の防止のために有効であるために示され安価、十分容認される(太陽Edelstein 2009b)。 CoQ10を伴ってかなり片頭痛の頭痛(Esposito 2011年)の量を減らすために、ビタミンB2およびイチョウ、マグネシウムは示されていた。 臨床試験でまだ証明されなくてが、マグネシウムによって呼ばれるマグネシウムL THREONATEの 形態は 中枢神経系をマグネシウム(Slutsky 2010年)の他の形態よりもっと効率的に入れることを実験データが示すので片頭痛の人々にとって理想的かもしれない。

Melatonin – Melatoninは助けが睡眠航跡周期(すなわち、日周期)を調整するで、有効な酸化防止および鎮痛性の特性(Wilhelmsen 2011年)を所有するために臨床的に示されていた松果体によって作り出される自然な混合物。 melatoninは頻繁に片頭痛の患者間の低より正常なレベルに(特に攻撃の間に)あるので、片頭痛の病理学(Masruha 2008年の重要な役割を担うかもしれないこと考えられる; Masruha 2010年)。

何人かの研究者は片頭痛が松果体機能(Gagnier 2001年)の不規則性によって誘発されることを仮定する。 この不均衡がmelatoninの補足によって訂正されるとき、何人かの片頭痛の患者は徴候(Vogler 2006年)の改善を経験する。 1つの臨床調査では、melatoninの補足は片頭痛の攻撃(Alstadhaug 2010年)の総計で減少3分の2のの方に向いた。 この回答比率は研究者がmelatonin (2 mgの代りの3 mg)のより大きい線量を使用したら、そして処置が(8週)より長い一定期間の間延長(ペレス2011年)の代りの12-16週、より統計的に重要かもしれない。 Melatoninは副作用(Gagnier 2001年)がほとんどない安全、準であるために確認されている。

S-adenosylmethionineは(同じ) –同じアミノ酸のメチオニンおよびアデノシン三リン酸の核酸(De Silva 2010年)から得られる栄養の補足である。 特に中枢神経系(CNS) (大工2011年)を含むいろいろ重要で生化学的なプロセスを、行うことをボディによって作り出される自然発生する物質である。 あるデータは同じの長期補足が片頭痛の被害者間の苦痛を取り除くかもしれないことを多分セロトニン(Gatto 1986年を増加する機能が原因で提案する; Fetrow 2001年)。

Lトリプトファン– アミノ酸のLトリプトファンはセロトニンへ前駆物質である。 証拠の複数のラインは頭脳内の低いserotonergicシグナリングが片頭痛(Hamel 2007年)を沈殿させるかもしれないことを示す。 従って、Lトリプトファンのような前駆物質の提供による支持のセロトニンの統合は片頭痛の頭痛を促進する生理学的な条件を避けるのを助けるかもしれない。 実際に、より古い臨床試験で、2の補足- Lトリプトファンの日刊新聞の4グラムは薬物のmethysergide (Sicuteri 1973年)片頭痛の攻撃を防ぐことで同様に有効だった。 また、最近の試験は食餌療法のトリプトファンの枯渇により片頭痛の徴候(Drummond 2006年)のexacerbationを引き起こしたことが分った。

雑多で有利な原料– 自然な原料の次のリストはまた限定的な臨床データが欠けているけれども片頭痛の徴候を管理するために有用かもしれない:

  • イチョウBiloba (Schiapparelli 2010年)
  • Lipoic酸(太陽Edelstein 2009a)
  • ビタミンB6 (ロス2011年)
  • ショウガ(Mustafa 1990年)