生命延長血液検査の極度の販売

重金属の解毒

統合的な介在

この議定書で輪郭を描かれる統合的な介在に加えて読者はボディの一般的で本質的な 解毒の細道は最上に作用していることを保障することが重金属の蓄積および毒性を避けるのを助けるかもしれないように新陳代謝の解毒の議定書を見直すように励まされる。

複数の食餌療法の要素は金属の毒性を軽減する機能のために調査された。 それらは減らすか、または金属の吸収を腸から禁じること、ボディからそれらを引くのを助けるように血およびティッシュの有毒な金属をくくることまたは自由根本的な損傷(重金属によって引き起こされる病理学への重要な貢献者)を減らすことによって働く。 ほとんどの調査は動物および細胞培養モデルにずっと人間の調査の結果が有望であるが、限られた。

鉄の毒性に演説する栄養の作戦のその他の情報に関しては生命延長のHemochromatosisの 議定書を 参照しなさい。

栄養充足を維持しなさい

多くの有毒な金属以来必要な金属を栄養上まねなさい、細胞に腸および通風管からの吸収の同じ移送機構のために競う。 従って、必要な跡の鉱物の十分な取入口は有毒な金属の通風管を減らすかもしれない。 例えば、栄養亜鉛か鉄不足はカドミウムの吸収(Thévenod 2013年)を高めることができ腸から吸収をカルシウム、鉄および亜鉛(ATSDR 2007bによって妨げられるようである導く; パトリック 2006年)。 動物モデルでは、セレニウムは露出の前に管理されたとき鉛の効果を妨げ、水銀の毒性(パトリック2006年)を減らす。 それはまた人間(李2012年の排泄物を増加する; Zwolak 2012年)。

高水星の魚上の魚油の補足を選びなさい

ほとんどの毒物学データは推薦を、非妊娠した大人で、1週あたりに(7つのoz。)役立つ複数に高水銀の魚(鮫、メカジキ、ヨコシマサワラ、アマダイ)の消費を限る支えない。 環境保護庁は胎児の頭脳が大人の頭脳(Defilippis 2010年)より水銀の毒性に敏感であるので妊婦、看護母および幼児が高水銀の魚を食べることを避けることを推薦する。 良質の魚油の補足はオメガ3の脂肪酸(docosahexaenoic酸[DHA]のよい代替ソースをおよびeicosapentaenoic酸[EPA])表す(Foran 2003年)。

国際的な魚油の標準プログラム(IFOS)は少し質のそれらからの良質の魚油プロダクトの区別に専用されている組織である。 あなたの魚油の補足を保障することはあなたの魚油の補足が厳密なIFOSの最高の評価(IFOS 2013年)を達成することを保障するために重金属のような危ない汚染濃度を、点検するラベルを含んでいない。

セレニウム

水銀および鉛の吸収の可能な競争の抑制剤として役割に加えて、セレニウムはまた有毒な金属の排泄物を増加する。 穏健派(100つのmcg/日)は食餌療法のセレニウム長期によって水銀露出される中国の居住者(李2012年)の貯えられた水銀の増加される尿の排泄物で、および100-200 mcgによって/日減らしたヒ素の中毒(Zwolak 2012年)の中国の農夫のヒ素の血および毛のレベルを増加する。 セレニウムはまたある特定の生体物質(Whanger 1992年)との相互作用の調整によってある重金属の毒性を、カドミウム、タリウム、無機水銀およびメチル水銀のような、軽減するようである。 別の調査では、4か月間毎日セレニウムの100 mcgの補足はボディ毛で検出された水銀のレベルの34%の減少を(selenomethionineの形で)もたらした。 調査の著者は「… […ボディ]毛の水銀の蓄積が時間の短距離の有機性セレニウムの小さい日額の食餌療法の補足によって」減らすことができることを結論を出した(Seppanen 2000年)。

変更された柑橘類のペクチン

3つの調査はボディ店からの金属の動員の変更された柑橘類のペクチン(MCP)の使用を調査した。 第1では、8人の健康な個人は5日間MCPの15 gを毎日与えられ、ヒ素、水銀、カドミウムおよび鉛の尿の排泄物の日6.の顕著な増加のMCPの20 gは1から6日のMCPの処置以内に起こった。 カドミウムの排泄物に150%の増加および日6 (Eliaz 2006年)の鉛の排泄物に560%の増加があった。 カルシウム、亜鉛およびマグネシウムのような必要な鉱物は尿の分析で増加するために注意されなかった。 2番目に、一連の場合のレポートで、異なった病気の5人の患者は単独でまたは8かまで月間アルジネートを伴うMCPを取った。 患者は処置(Eliaz 2007年)の後で有毒な重金属の74%平均減少を示した。 第3試験では、血の7人の子供は>20 µg/dLが2から4週間MCPの15 g/dayを受け取ったレベルを導く。 血の鉛のレベルは161%の平均を落とし、尿の鉛の排泄物は132%の平均増加した(肇2008年)。

ケイ素

予備の人間の調査からのデータは天然水からの自然発生する分解されたケイ素がアルミニウムの新陳代謝に反対するようである可能性としてはAlzheimerの危険を減らすためにことを明らかにし認識機能(ジレットGuyonnet 2007年)を支える。 人間の題材では、溶けるケイ素(orthosilicic酸)は消化管からのアルミニウム吸収を減らし、頭脳(Jurkic 2013年)の蓄積を減らす。 1つの調査では、Alzheimerの患者は天然水の1つまでのLを毎日飲み(12週間35までmgをのsilicon/L)含んでいる。 調査の期間にわたって、アルミニウムの尿の排泄物は必要な金属鉄および銅の尿の排泄物に影響を与えないで増加した。 さらに、15の個人(Davenward 2013年)から少なくとも3つの認識性能に臨床的に関連した改善があった。

特性を減らす金属のために調査されるorthosilicic酸のもう一つの源はゼオライトと呼ばれる混合物である。 ゼオライトは広い産業適用があるで、薬(Montinaro 2013年の適用を見つけている吸着性の特性が付いているアルミニウム/ケイ素の酸化物ベースの結晶の混合物; Beltcheva 2012年)。 実験室のマウスの高鉛の食事療法のゼオライトの包含は(ゼオライトのclinoptiloliteとして) 77-91%ティッシュの鉛の集中を減らし、健康な赤血球のパーセントを増加し、そして染色体の損傷(Topashka-Ancheva 2012年を減らした; Beltcheva 2012年)。 33人の臨床調査はゼオライトのclinoptiloliteの機能を重金属の尿の排泄物(花2009年)を増加する評価した。 試験に含まれているために人は尿の試験板(ie、アルミニウム、アンチモン、ヒ素、ビスマス、カドミウム、鉛、水銀、ニッケルおよび錫)の9つの金属の少なくとも4のために陽性を、前もって決定された境界の上で、テストしなければならなかった。 人は最大30日のためのclinoptilolite水懸濁液または偽薬の懸濁液の15の低下を毎日二度与えられた。 電解物のプロフィールの否定的な影響なしで偽薬と比べてclinoptiloliteを取っている人のすべての9つの金属の尿の排泄物の顕著な増加は観察された。 あるゼオライトの生物活動が特性(ie解放するorthosilicic酸にorthosilicic酸である)を(Jurkic 2013年)の源帰因するかもしれないことが仮定された。

ビタミンC

ビタミンCは鉛(パトリック2006年)、水銀(Xu 2007年)、およびカドミウム(Ji 2012年)によって与えられる酸化損害から保護できる自由根本的な清掃動物である; それは鉛の吸収を防ぐかもしれない、また細胞通風管を禁じ、細胞毒性(パトリック2006年)を減らすため。 観測データはアスコルビン酸の血清のレベルと鉛の血レベル間の反対関係を提案する; すなわち、より高いビタミンCの血レベルより低いの鉛(サイモン1999年)のそれら。 高い血の鉛のレベル(32.8 µg/dLの平均)が付いている12の銀製の精製業者のビタミンCの補足(500のmg /day)は1か月(Tandon 2001年)後に鉛のレベルの34%の減少を示した。 75人のオスの喫煙者の小さい調査では、ビタミンC (1000のmg /day)は補足の1週後に81%血の鉛のレベルを減らした。 より低い線量のビタミンC (200のmg /day)は効果(ドーソン1999年)をもたらさなかった。

ビタミンE

酸化防止行為によって、ビタミンEはティッシュの酸化圧力の強い誘因物である重金属によって与えられる有毒な損害の一部を軽減する。 1つの調査では、ラットは鉛アセテートを含んでいる食事療法に与えられ、続いて成長する脂質への酸化損傷および血化学変数の変化のような毒性の歌う。 ビタミンEかニンニク オイルが鉛と共に管理されたときに、毒作用は改善された。 調査を行なった研究者はビタミンEの保護効果がおそらく解毒を支え、ティッシュ有害な遊離基(Sajitha 2010年)を掃除する機能が原因だったことに注意した。 別の動物実験では、マウスの1つグループは5回ビタミンEを毎週受け取ったもう一人のグループは同じ処置を経たが、さらにが、7週間彼らの飲料水の有毒な重金属(鉛、水銀、カドミウムおよび銅)を与えられた。 科学者はそれらの器官がビタミンEを受け取っているマウスで正常だったようである一方ビタミンEを受け取っていないマウスが彼らの腎臓および睾丸に酸化傷害の証拠を表わしたことが分った。 また、ビタミンEを受け取っていないマウスはこれらの血変数はビタミンEのグループ(Al花香油2011年)でかなり変わらなかったがクレアチニン、尿素および尿酸の血しょうレベルの変更を示した。 ビタミンEはまた人間の重金属の有害な効果に逆らうために示されていた。 労働者の何人かのグループでは規則的に本質的な酸化防止防衛の改良されたマーカーに導かれた6か月間彼らの仕事、毎日の800 mgのビタミンEとの補足および500 mgのビタミンCの性質による空輸の重金属の毒性に露出し、酸化損傷のマーカーを減らした。 実際、補足の期間に従がって、ある特定の本質的な酸化防止システムの活動は毒物-- (ウィルヘルムFilho 2010年)にさらされなかった制御主題で観察されたそれらと対等なレベルに達した。

Folate

葉酸は硫黄含んでいるアミノ酸の新陳代謝の補足因子である。 アミノ酸を硫黄含んでいて(システインおよびメチオニン)前駆物質の知られていた重金属のchelatorsでであって下さい(アルファlipoic酸およびグルタチオン)。 841が遅い妊娠か配達によって続かれた1105人の妊婦の調査では、より高い血のfolateのレベルは中間および遅妊娠(金2013年)の間により低い血の水銀のレベルと関連付けられた。 173人の妊娠した禁煙家のオーストラリアの同じような調査は妊娠の間に葉酸または鉄の補足を使用する失敗がより高い血のカドミウムのレベル(Hinwood 2013年)と関連付けられたことを示した。

ニンニク

ニンニクは潜在性の金属キレート環を作る特性が付いているシステインから得られる多くの活動的な硫黄化合物を含んでいる; これらのニンニクの要素はまた金属触媒作用を及ぼされた酸化損傷から保護するかもしれない。 ラットはニンニクにと同時に6彼らのレバー(Nwokocha 2012年)の週によって示されたかなり減らされた鉛、カドミウム、または水銀の蓄積のための彼らの食事療法(重金属の毒素への露出の後の、またはの間の週前に、)の7%与えた。 ニンニクの処置はまた同じ調査のラットのレバーの金属関連の損害の頻度を減らした。 ニンニクはまた食餌療法の穀物(Gautam 2010年)から鉄および亜鉛(カドミウムおよび鉛の吸収の両方の反対者)のbioaccessibilityを増加するかもしれない。 職業鉛中毒の117人のカー・バッテリーの企業の労働者の調査では、4週間ニンニク(1200のmgによって乾燥される粉)の日刊新聞はDペニシラミン血の鉛を効果的に下げた(およそ18%によって)。 さらに、ニンニクとの処置はDペニシラミン(Kianoush 2012年)と比べてより少なく悪影響および臨床改善を示した。

コエンドロの葉

コエンドロの葉(sativum Coriandrum)は汚染水(Karunasagar 2005年)からの水銀そしてメチル水銀を結合し、固定できる。 マウス モデルでは、コエンドロの葉の懸濁液は骨にかなり鉛の沈殿を減らし、鉛誘発の腎臓および精巣の損傷(Aga 2001年の顕微鏡の印を減らした; Sharma 2010年)。 場合のレポートでは、アマルガム ベースの歯科満ちる取り外しの間に水銀--にさらされた患者は悪影響を、そして2-3週間取り外しの後のコエンドロの葉のエキスの400のmg /dayの管理によって常態にほとんど戻った異常なECGの読書を含んで開発した。 水星の沈殿物は処置の後で不在このレポートの処置そして水銀の分析の細部が明白でないがであるために報告された(大村1996年)。

アルファLipoic酸およびグルタチオン

混合物を硫黄含んでいて重金属が付いている複合体を缶詰にすれば、細胞培養(グルタチオンのいくつかの金属ののための水銀キレート環を作るために硫黄の酸化防止剤のアルファlipoic酸(翼部)およびグルタチオンは示された; 翼部) (パトリック2002年)のためのカドミウム、鉛、亜鉛、コバルト、ニッケル、鉄および銅。 ラット モデルでは、翼部およびグルタチオンは赤血球の数およびサイズの低下、また鉛、カドミウム、または銅(Nikolic 2013年)との中毒によってもたらされたヘモグロビンの集中の減少を含む血変数の不利な変更の一部を、減らした。 ラットの翼部そしてグルタチオンは減らされたカドミウム準の酸化圧力を模倣したりおよび腎臓のティッシュ(Veljkovic 2012年)の酸化防止酵素のカタラーゼの活動改良される。

Nアセチルのシステイン

Nアセチルのシステイン(NAC)はグルタチオンの生産に硫黄の源を提供し、重金属の毒性(パトリック2006年)による酸化圧力の減少で有効である。 硫黄含んでいるアミノ酸として、それは金属のための2つの潜在的な結合場所を所有し、二価銅(ii)、三価鉄(iii)、鉛、水銀およびカドミウム イオン(Samuni 2013年)を不良部分および隔離することができる。 有毒な金属への慢性露出はシステインのレベル(Quig 1998年)を減らすことができる。 動物モデルおよび細胞培養の実験では、NACは鉛(IV)の水銀の下げられた集中Pb、およびカドミウム誘発のレバーの腎臓の排泄物を細胞傷害(Samuni 2013年から保護されて)高めた。 システインはまた(乳しよう蛋白質のような)神経質なティッシュ(Quig 1998年)に金属の記入項目を妨げるかもしれない付加的な必須アミノ酸を提供する完全な蛋白質の一部として有用かもしれない。

グリシン

グリシンは野生動植物蛋白質で見つけられる条件付きで必須アミノ酸である。 化学的に、グリシンはすべてのアミノ酸の最も簡単である。 それは多くの有毒物質と結合し、ボディから排泄されるより少なく有害な形態にそれらを変える。 グリシンはまた自体重金属(パトリック2002年)の重要なdetoxifierあるボディのグルタチオン(Ruizラミレス2014年)の自然な統合にかかわる。 「より強い新Minophagen Cの調査ではであると」、報告された有利な効果がグリシンが原因だったことをグリシン、慢性のカドミウムの毒性に対して保護日本の薬剤は含んでいる言われるglycyrrhizinおよびシステイン、著者結論した。 グリシンは慢性のカドミウムの毒性(Shaikh 1999年)の酸化圧力を減らしたようである。

Probiotics

彼らの無数機能の間で、probiotic細菌のある特定の緊張はxenobioticsか重金属を引っ掛け、新陳代謝させることによって毒素の露出を最小にすることができる。 probiotic細菌の緊張の 乳酸桿菌のrhamnosus (LC-705およびGG)、 乳酸桿菌plantarum (CCFM8661およびCCFM8610)、および Bifidobacteriumはブレーヴェ Bbi 99/E8すべて実験室調査(イブラヒム、Halttunen 2006年のカドミウムそして鉛を両方結合するために示されていた; Halttunen 2008年)。 不良部分はのために住み、熱殺したLC-705の文化を観察された。 但し、probioticsによる重金属の結合の効率は多数の緊張が結合されるとき減るかもしれない(Halttunen 2008年)。 マウス モデル、2つの乳酸桿菌の plantarum緊張 減らされたティッシュの蓄積カドミウムおよび鉛のおよび保護される酸化圧力(Zhai 2013年から; Tian 2012年)。

クロレラ

クロレラがカドミウム(動物モデルで)および亜鉛を、銅結合する機能の単細胞の緑藻類および鉛(生体外で)、金属の汚染物(Almaguer Cantu 2008年の廃水を解毒するのに使用されていた; シム2008年; Uchikawa 2010年)。 preclinical調査では、クロレラは生物学的利用能を下げ、メチル水銀(Uchikawa 2010年)、またカドミウム(シム2009年)の排泄物を加速し、鉛誘発の骨髄の毒性(Queiroz 2011年)を減らした。