生命延長スキン ケアの販売

湾岸戦争シンドローム


キレート化療法: 重金属を得る手段

キレート化療法はある特定の総合的な化学薬品およびボディ蛋白質が金属の分子を結合するシステムからそれらを得る処置を示す。 文字通り、キレート化療法はボディで集まる不必要な材料に課される爪のような行為に言及するギリシャの単語のcheleから得られる。 キレート化はvasculatureへの正常な血の流れを確立する動脈からのプラクの整理と現在最もよく関連付けられる。

歴史的に見ると、キレート化療法は心血管の健康から離れて他の目的のために使用された。 1941年には早くも、デトロイトのプロヴィデンスの病院は鉛を得るために静脈内で管理されたethylenediaminetetraacetic酸(エチレンジアミン四酢酸)を用いるキレート化を総合的なアミノ酸、使用した。 エチレンジアミン四酢酸、無毒なchelatorはまた、ボディからの水銀、カドミウム、ニッケル、銅、カルシウムおよび他の金属を取り除く。 キレート化療法の支持者ではない医者は重金属の抽出に関する証拠が説得力をこめてようであることを是認する。 キレート化療法は精神分裂症およびずっとルー・ゲーリック病を同様に扱うことに有用である。

異なるレベルの重金属の中毒がある米国の人口の25%のために、危険は多様である。 、分子的にこれのイラストラティブ、ある金属は密接に酵素の構造(歩行者1990年)にキレート環を作られてわずか金属が酵素の化学構造に、類似している。 金属の超過分が酵素の正常なミネラル内容を取り替えれば、酵素は化学的に変えられ、非機能的になることができ新陳代謝の活動を妨げる。 酵素が解毒を発火させるので、プロセスは酵素が補給不足にあると苦しむ。 環境の金属毒の不合理な量--にさらされた湾岸戦争のベテランは解毒プロセスに重大な酵素システムを締めることができる。

重金属の毒の印は密接に湾岸戦争、例えば、頭痛、疲労、筋肉痛みおよび苦痛の震え、貧血症、精神混乱、精神障害、女性の先端で、異常な神経の反射、不眠症や眠気、目まい、過敏症、失見当、減らされた男性の豊饒、自然流産、および悪い循環うずく不況のサービス係の不平に類似している。 事実上あらゆる器官システムは重金属の呼吸、心血管、筋肉、integumentary (皮、毛、釘)、神経質な、内分泌、骨格、尿、および消化系にを含む蓄積の、不利に答える。

Walker (1990年)は信じキレート化療法が頭痛のためのであることをアスピリンのタブレットを取るより安全3.5倍。 LD-50は薬剤の言葉「致死量50を」、試験動物の50%に致命的である物質の線量示す。 エチレンジアミン四酢酸のLD-50は2000のmg/kgであるが、アスピリンに人間で1キログラムあたり558だけmgでLD-50がある。

キレート化の重大な段階は重金属と共に得られた有利な鉱物を再建している。 これは口頭でまたは静脈内で達成されるかもしれない。 それは患者の利点にだった鉱物のrefusionのために前提として自治にバランスをとることを使用している医者ある。 自律神経システムに起こる不均衡を正常化する適切な鉱物の選択はキレート化療法の成功または失敗の必要な段階現われる。

キレート化療法を得個々にたいたの薬の進歩のアメリカの大学の標準的なキレート化の議定書に続く医者に連絡したいと思う場合もある。 変更を制定するために必要な会議の数は前提とすることができないが推薦された最高の適量は現在エチレンジアミン四酢酸の約3グラム、通常3-4時間滴りとしてIV注入1-3の時間ウィークリーによって、与えられる体重計算される適量である。 最初に、適量はエチレンジアミン四酢酸の1/2-1グラム小さいかもしれない。


生じる違いを何を食べるためにできなさいか。

栄養科学、補足繊維、また繊維状の食糧選択の協会の先生に従ってスティーブンWhiting、だけでなく、集中された毒素から消化系を保護する、しかしまたボディで集まる多くの毒のための清潔になる要因として役立つ。 ある特定の食糧は、ぬかのような、全穀物のムギ、オートムギ、トウモロコシ、穀物、レンズ豆、豆、エンドウ豆、ピーナツ、イチジク、日付、およびりんご、自然なchelatorsである。 (ムギにアレルギー)、およびムギぬか、および消化管の有害な材料を不良部分および糞便材料の排出することの高繊維の食糧選択の援助の強調とアカシア ゴム、psylliumの種の殻、オートムギと補う。


GWSのための他の処置


マイコプラズマの予測

Nicolsonは等研究から(1998年)マイコプラズマの伝染が識別され、殺されるときたくさんの兵士が助けられていること、分子薬のための協会で、ハンチングトン ビーチ集まる、心強いニュースをカリフォルニア解放した。

CFIDSの患者の一部分の血のマイコプラズマの伝染の存在は、FMS、GWS、またはRAはヘルスケアの専門家が心理的なか精神医学の基づいた病気をように前述の条件の原因となる要因除外し、代りに医学の変則の訂正の方に努力を指示することを可能にする。 抗生療法を管理することは時々選ばれた処置の様相である。 抗生物質との循環処置を割り当てれば慢性の伝染を抑制する他の薬物は扱われる個人のほとんどの改善そして回復で起因した。 血の伝染が診断されれば、患者は6週間の循環処置を始める前に少なくとも6か月間連続的な抗生物質を受け取る。 mycoplasmal血の伝染のための推薦された処置はドキシサイクリン(日200-300 mg)の長期抗生療法、通常多数の6週間周期、ciprofloxacin (Cipro) (日1500のmg)、azithromycin (Zithromax) (日500 mg)、またはclarithromycinを(Biaxin) (日750-1000 mg)要求する。 (ノート: ある抗生物質を管理することは好ましい臨床応答を作り出さない; 実際、ペニシリンは徴候になっている患者で起因する。)

多数の抗生周期は病気が慢性なら少数の患者が少数の周期だけの後でまた更に療法の最初の年の内に伝染の細胞内の位置および微生物の成長が遅い性質のために、多分回復するので要求される。 有害な材料か微生物の浸潤を除くのに使用されるように他の処置とHerxheimerの反作用は通常、患者が治療効果があるのことを始める前により貧しく感じることを意味する起こり。 この反作用はダイスとして起こるまたは傷つけられた微生物からの有毒な材料の解放は高められる。 ダイスが減ると同時に、安定は起こり、患者はゆっくりより近い回復を動かす。

処置を混同して、何人かの患者はある特定のポイントにだけ回復し、次に思わしくない健康の状態を作り出すために他の問題が、ウイルス感染のような、環境の露出微生物をおよび他の有毒なでき事、共働作用して使用していることを提案する抗生物質に答え続け損う。

カリフォルニア州北部のSHASTA CFIDS連合による抗生療法の3年のフォローアップは抗生療法に加わった確認されたmycoplasmal伝染を用いる患者の大半(約80%)ことをpreillnessの健康の50-100%から回復した報告した3年の内に。

抗生物質は暗黒面なしではない。 一般に抗生療法に伴う副作用の醜いリストから離れて、抗生物質は腸に共生に存在する友好的な植物相を破壊できる。 腸の植物相は免疫の調整とみなされる感度が高い材料の複数のポンドを表す。 「友好的な植物相」の妨害は免疫および炎症性プロセスに反対できる。 acidophilus、乳酸桿菌のrhamnosus、BifidobacteriumのlongumおよびBifidobacteriumのブレーヴェ乳酸桿菌の文化が付いている腸のReinoculationは回復に重大である。 抗生の抵抗力があるために押売りするprobioticの選択は推薦される。

成功するためには、各患者は正統および自然な薬のベストを用いる補足の健康のアプローチに従わなければならない。 mycoplasmasと示している湾岸戦争のベテランは普通訂正されなければならない悪い吸収および栄養の不足を表示する。 メガ ビタミン/ミネラル療法は保証され、sublingualまたは液体の補足は考慮されるべきである。 、亜鉛(50 mgの日刊新聞)、カルシウム(日1000のmg)、およびセレニウム(日300までmcgのような鉱物と共に、ほとんどの重金属(5-15グラム毎日、分けられた線量で)、ビタミンE (600-1000のIU毎日)、CoQ10 (毎日50-150 mg)、bioflavonoids (日かける200 mg 3)、コリン(分けられた線量で、毎日1000のmg)、イノシトール(750 mgの日刊新聞)、ビタミンB5 (500-1500 mgの日刊新聞)、PABA (500-1000 mgの日刊新聞)、sublingualビタミンB12 (1000のmcgの毎日の線量)、および亜麻仁または魚油(1部のtbspの日刊新聞)を解毒するビタミンC、)、使用されるかもしれない。 鉱物は抗生物質から離れて鉱物が抗生の吸収に影響を与えることができるので取られるべきである。 ニンニク(sativum Alium)は有効なdetoxifierである。 使用2は(300 mgそれぞれ)日食事との3回を要約する。 空の胃で毎日Lシステイン、Lチロシン、LグルタミンおよびLカルニチンの使用500 mg。

興味はずっとVAによって行なわれる臨床試験にmycoplasmasのためにテストされたい患者に関して鋭敏しかし付加的なボランティア歓迎されるである。 分子薬のための協会は慢性の疲労の免疫の不足シンドローム、fibromyalgiaシンドローム、湾岸戦争シンドロームおよび慢性関節リウマチのような人間の病気を、悪化させるタイプのmycoplasmal伝染そして他の伝染の証拠のために患者をテストできる。 血液サンプルはに送ることができる:

  • Garth L. Nicolson教授
    分子薬のための協会
    15162トリトンの車線
    ハンチングトン ビーチ、カリフォルニア92649-1401
    Tel: 714-903-2900
    ファクシミリ: 714-379-2082
    E- mail:gnicimm@ix.netcom.com


Dioxychlor

、ロバートW.ブラッドフォード先生はブラッドフォードの研究所の大統領Dioxychlorが示された有効性の主要なオキシダントであることを、病原性のある有機体のシステムを除くことができる示す。 初期の酸素の塩素そして2個の原子Dioxychlorで共有に結ばれる構成される無機化合物が現在苦しんでいるGWS、エプスタイン・バール・ウイルスおよびサイトメガロウイルスと個人を扱うのに使用されている。 Nicolson (1998年)はこの療法の実用性を報告した。

広スペクトルの抗生物質は伝染の短期救助を持って来る、抗生物質の肯定的な効果は長期否定性によって逆らわれるかもしれない。 ブラッドフォードの協会は環境の病気が全身のカンジダ、多数のアレルギー、自己免疫の無秩序および妥協された抗原の殺害によって普通特徴付けられることを定めた。 主として、これらの無秩序は診断または処置のプロシージャによって意味する実際のところ医原性引き起こされるである。 抗生物質の慢性か偶然の管理はこの頽廃的な滝に加わる。

Dioxychlorの低毒性を表示するこの苦境にhomeopathic物質は代わりを提供する。 Dioxychlorはmycoplasmasを破壊するようで感受性の反作用を減らして間、ALSに苦しむそれらのような重大に病気の患者の状態を、改善する。

Dioxychlorの口頭線量は水(4 tbsp)の2つのozの5-20の低下、忍耐強い許容に基づいて、毎日1-3回である。 「もし輸入原料で」激化させたり徴候を、減らす適量を死ぬために。 Dioxychlorはまた修飾された医者の援助の遅い滴りによって管理することができる。


湾岸戦争シンドロームの不平で有用なようである単一の草

黄色の甘いクローバー(Melilotusのofficinalis)がGWS、例えば、頭痛、筋肉痛、痙攣、mycoplasmosis、虚血、リューマチ、緊張、傷およびcardiopathyと打たれるそれらで明白な徴候に関して有利証明するかもしれない草の活動を含んでいることを公爵(1997年)、植物学者および人道主義は、説明する。

黄色の甘いクローバーは利点を引き出す物質であるかもしれない0.9-2%クマリンを含んでいる。 しかしクマリンは用心深く使用されるべきであるなぜなら大量服用により徴候を、血の頭痛、無感覚状態、薄くなること、および中止に一時的なようである高いレバー酵素のような引き起こすことができる。

黄色の甘いクローバーを購入したい個人は次の2人の製造者の連絡によってそうすることができる:

  • ドラゴンの川Herbals
    P.O. 箱74
    Ojo Caliente、NM 87549
    Tel: (800) 813-2118
  • 印の薬剤Roselle
    384 E. Irving Park Rd。
    Roselle、イリノイ60172
    Tel: (630) 529-3400

7-10日間日かける2-3を、取られる使用1/2 tsp (30の低下)。 草療法を繰り返す前に黄色の甘いクローバーからの3 5日の猶予を観察することは勧められる。


酸素処理療法

酸化療法は60分の1.5台の自動支払機で管理されたときいろいろ嫌気性の伝染の抑制に有用である場合もある。 高圧の酸素療法(HBO)は圧力大きいより大気圧で1人の患者だけ圧力部屋で完全に囲まれているmonoplaceの部屋を、呼吸酸素示す。 HBOは治療上の様相と重要な生理学的なメカニズムがその結果活動化させるのでみなされる。 HBOは正常な呼吸ようにティッシュに酸素を10-15倍の提供する。 一般に、HBOは傷区域のまわりの新しい毛管の形成で貧血症、虚血およびある中毒を扱うために使用され。

高圧療法のように酸素が付いているボディの氾濫は、一酸化炭素および激しいシアン化物中毒のような他のガスを、取除きがちである。 HBOはphagocytic活動を高めることによっていくつかの嫌気性の成長を、また好気性、有機体禁じる。 この効果はホストの病気戦いの要因の改善された行為を補足し、immunosuppressionを含む無秩序に有用である。 調査は高圧の酸素が抗生物質の治療上の適量と結合されるとき延長されたpostantibiotic効果を示した。