生命延長ばねのクリアランス セール

湾岸戦争シンドローム


解毒。 . . ITは何であるか。

解毒プロセスは外因性および内生毒素を除去するためにレバーによって主に行なわれる精巧なメカニズムである。 レバーは段階Iおよび段階IIシステムと言われる2つの順次ステップの行為によって解毒プロセスに、主として加わる。 段階Iの反作用は毒素に機能する酵素プロセスの血のろ過、胆汁の排泄物および相互作用を含む。 胆汁の排泄物は食餌療法繊維の十分な量が腸からの毒素を護衛して同時に利用できれば、解毒プロセスに関して最も有効、である。

段階Iの解毒はチトクロームP450家族と言われる酵素のグループを含む。 約50-100の酵素は化学薬品のある特定のクラスの中和でもっと効率的に働いていて各酵素がチトクロームP450システムを、構成する。 段階Iの酵素は直接ある化学薬品を中和できるがほとんどの毒素は毒素の中間形態に変えられる。 中間形態は原物より有毒考慮され、段階IIの解毒の行為を周期を完了するように要求する。

理想的には、段階Iおよび段階IIの解毒のメカニズムは共働作用して働く。 段階Iの解毒が非常に活発であり、段階IIが解毒気だるければ、個人は「病理学のdetoxifierと高める」、環境の毒に感受性を条件言われる。

グルタチオンの活用、メチル化、アミノ酸の活用およびアセチル化と共に人間の解毒に主、である段階IIの反作用は硫酸化およびglucuronidationを含んでいる。 段階IIの解毒は普通レバー付加のさまざまな酵素毒素への小さい化学一部分生化学的な活用を含む。 活用の反作用は段階Iの解毒から残っている毒素および反応中間物を中和する。 段階Iおよび段階両方IIの解毒は酵素の健康な供給からの援助を要求する。 酵素の量は食餌療法の部品によって影響を及ぼすことができる。 赤ワインのブドウで見つけられる緑茶およびプロダクトはglucuronidationおよびグルタチオンの活用の酵素を、それぞれ励ます。

Glucuronidationの段階IIの解毒のメカニズムの重要な細道は、毒素とグルクロン酸、酵素UDPを要求するプロセス、glucuronylのトランスフェラーゼ(UDPGT)の結合である。 リモネン、柑橘類の皮、ディル雑草オイルで、およびキャラウェー オイル見つけられるモノテルペンで豊富な食糧はUDPGTの活動を高め、glucuronidationのメカニズムを励ますことができる。

多くの一般的な物質--例えば、アスピリン、メントール、総合的なバニラ、acetaminophen、モルヒネ、ジアゼパム、ジギタリス、安息香酸塩およびあるホルモン--glucuronidationの細道によって解毒される。 、危ない酵素とみなされてベータglucuronidase、glucuronidationプロセスと干渉し、集まるように薬剤および汚染物の有毒なレベルがする。 より古い個人は有毒な代理店への長期露出のために高められたベータglucuronidase形成に特に敏感なようである。

phytoextract、D-glucarateはベータglucuronidaseの活動の禁止によって、glucuronidationの細道を支えるために示されていた。 D-glucarateは食事療法のりんご、グレープフルーツ、ブロッコリーおよび芽キャベツを強調することとカルシウムD GLUCARATEおよび野菜の濃縮物との補足によって自然に得ることができる。 従ってM.D.アンダーソン蟹座の中心テキサス州立大学から発表されたデータに従ってD-glucarateは血の57%、レバーの44%、腸の39%、および肺の37%によってベータglucuronidaseを禁じ、glucuronidationの細道(Dwivedi等1990年)の行為を保護する。

glucuronidationの細道がまたGilbertのシンドロームの人口の5%で損なわれるというマレーの等(1998年の)レポート。 Gilbertのシンドロームはhyperbilirubinemia (血清のビリルビンのレベル1.2-3.0 mg/dL)および黄疸によって特徴付けられる温和な遺伝性の状態である。 Gilbertのシンドロームの患者は食欲、けん怠感および疲労、レバー機能障害と確認可能な徴候の損失の普通頻繁に不平を言う。

有害な材料の記入項目が管理されていなければ、解毒、清潔になる儀式は、もはやペースを保つことができないし解毒を励ます代わりとなる手段は用いられるべきである。 多くの栄養素および療法は解毒で助けるが、段階Iおよび段階両方IIの解毒のにメカニズム貢献するのでグルタチオンは特に重要である。 エリックR. Braverman、M.D.のグルタチオンに従って重金属、自動車排気、タバコの煙、殺菌剤、除草剤、硝酸塩、溶媒、プラスチック、洗剤、殺虫剤および薬剤の毒性を減す。 なお、これらの毒素の何れかへの繰り返し暴露されることは作り出されるか、または吸収することができるよりグルタチオンを速く減らすことができる。 ビタミンCはグルタチオンの統合の率の刺激によってグルタチオンの店を増加する優秀な栄養素のようである。 グルタチオンの補足はグルタチオンの強化のためのビタミンCに頼りたくない個人のためにまた利用できる。 空の胃で取られる250 mgカプセルのグルタチオンは1か2回日刊新聞、推薦された適量である。


絶食

同時に、パーボAirola、N.D.、Ph.Dは健康および長い生命に王の道として絶食を参照した。 絶食はボディが有害な材料を幾分すぐに脱出させ始めることができるので解毒の普及した方法であり回復過程を始めることをボディを許可する。 文字通り、絶食は治療上か宗教目的の特定の期間の食糧の自分自身を、通常奪い取ることを意味する。 医学ジャーナルは支える記事を示しボディ(Imamura等1984年)からの危険物を除く治療上の方法をとして絶食する。

側面が、食餌療法の節制から離れて絶食あれば、へそれは内部隠し場所から汚染物質として必要な注意解放されるである。 速いのの間に、尿の毒素の集中は常態の10倍高くであることができる。 有毒な負荷が減った後、ボディに回復過程に集中するべきより大きい緯度がある。

解毒プロセス最もよい道具を速いの理解する専門家。 絶食に水をまくために絶食している多くの従業者はジュースを好む信じてジュースは解毒のプロセスを促進し、個人により少ない圧力を課す。 ジュースが蒸留水と薄くなることが(推薦される。) また、専門家は毒素が放されると同時に最初により激化させてようである徴候に言及するHerxheimerの反作用を取扱う方法を知っている。 神経系は脂肪質溶ける毒素の解放に特に傷つきやすい。

繰り返されて後レポート活気づく絶食するある個人これは通常急に絶食する除去した毒素の多数を起こったが、内部環境はよりきれいである。

有毒な個人の最初の絶食の経験は最も頻繁にボディが毒と戦うので、疲労の感じを作り出す。 従って、働く個人は(彼らのヘルスケアの専門家の援助と)作業負荷がより軽い週末に短いの速く計画したい場合もある。 ボディは非常に有害な材料が得られていると同時に従事している。 逆に、食糧の消化力は途方もない仕事の努力を要求する; 従って、食糧からの休暇はボディに解毒のためのエネルギーを与える。

清潔になる努力が不適当などんちゃん騒ぎの食べることによって失われないように、速いの始め、速いの壊すことは特別な指導を要求する。 絶食は皆のためではない; hypoglycemic頻繁に、短い間絶食することは難しいと思う。 しかし速く導かれる解毒プロセスを促進したいある個人のための有効な療法を証明するかもしれない。


解毒のハーブ

多くの従業者は解毒への最もよいアプローチが漸進的である、しかし進行中のプロセスことを信じる。 解毒および血の浄化の代理人として歴史的に印象的な評判があったいくつかのハーブがある。 漢方医が血流をきれいにする代理店のために使用するかもしれない普及した言葉は「alterative変えられている」、血の要素が悪い健康の状態から健康の1に次第に意味である。 ハーブは毒素および無駄のろ過を促進し毒を殺して間、栄養素および血しょう物質をバランスをとる。

いくつかのハーブに血の浄化およびレバー解毒プロセスで同じような目的がある。 多くの場合、漢方医は複雑のにハーブの互いに作用し合う価値が単一の草より大きい効力を提供することを信じる同じような類似のハーブを結合する。 これらの「一掃ハーブ」ののリストおよび解毒のメカニズムへの貢献の簡潔な説明は続く。


Hepatics、Alteratives、Diuretics、瀉下薬およびDiaphoretics

タンポポの根(Taraxacumのofficinalis)、優秀な血の清浄器は解毒プロセスを後押しする多くの方法で、助ける。 タンポポの根がレバーの性能を高める間、タンポポの葉に利尿の行為があり、ボディからの毒素そして過剰水を引っ張る。

タンポポ(マメ科からのlicoriceおよびCompositaeからのタンポポ)より別の草家族からのLicorice (Glycyrrhizaのglabra)は、しかしまたalterativeと、みなされる。 Licoriceはレバー、ボディの解毒の植物の防御によって血液の供給を保護する。 実際、とても強い中国人がそれを「大きいDetoxifier」ダビングしたことMowrey (1986年)が私達に思い出させたことlicoriceの貢献は解毒の方に。 この適用で容認されるLicoriceは最もよく使用され、通常健康他のいろいろなハーブを含んでいる複合体の一部としてである。 Licoriceは多くで管理されたらestrogenic特性を含み、血圧を上げか、または副腎の表現を高めることができる。

ポーD'Arco (Tabebuiaのheptaphylla)は血の毒性をもたらす毒素を得る有効な血の清浄器である。 レバーが中和の毒に積極的にかかわる間、ポーD'Arcoはまたレバーを保護する。

黄色ドック(Rumexのcrispus)は主に解毒のメカニズムを高め、汚染物のろ過および血流の浄化高めるレバー機能に影響を与える。 黄色ドックが多くの個人間でalterative好みとみなされることをRitchason (1995年)はヒ素の中毒に対してそれを使用して時々報告する。 黄色ドックは筋肉、神経質な、および消化系に重点のボディ中のエネルギーそして活力を高めることによって強壮性の状態を達成する。 血耐えられた毒素は皮膚病の出現、例えば、発疹を扇動したこと彼らが感知した場合のEclecticsの一般的な黄色ドック。

Sarsaparilla根(Smilaxのofficinalis)は抗生活動によって血流の微生物物質を攻撃し、中和する。 およびdiaphoretic利尿として機能によって(汗を促進する)、sarsaparillaは毒素および廃物の排泄物を励まし、さまざまな毒のための解毒剤として機能する。 血の重い金属汚染物はsarsaparillaの賢い使用を用いるシステムから得ることができる。 Sarsaparillaは湾岸戦争のベテランに特に有利かもしれない神経系の繊維そしてティッシュ上の強い力を出す。

Stillingiaの根(Stillingiaのsylvatica)に皮、例えば、乾癬およびeczemaに影響を与えるalterativeの性質があり、病気で有利示すである。 血の浄化で有利なStillingiaは、しかし非常に刺だらけ灰(Zanthoxylumのamericanum)のような他のハーブとcomplexed少量で最もよく使用される。 刺だらけ灰の吠え声はdiaphoreticであり、毒素の排出で助ける。

Burdockの根(Arctiumのlappa)は、Santillo (1984年)に従う、利尿およびdiaphoretic活動と従来の血の清浄器、またはalterative、である。 Burdockは血流から長期不純物を除去するための適切なハーブとして考慮される。 それはほとんどの毒を中和でき腎臓およびリンパ系を取り除く。 肝臓機能はburdock、barberry (vulgaris Berberis)、およびより有効な解毒のためにレバーを準備するオレゴン ブドウのによって根(Berberisのaquifolium)影響を及ぼされる。

Cascara Sagradaの吠え声(Ramnusのpurshiana)はコロンからの有毒な残骸の除去に貢献する信頼できる瀉下薬のハーブとみなされる。 それは通常瀉下薬と関連付けられる悲惨さなしでこの仕事を達成する。 Buckthornの吠え声(Rhamnusのfrangula)はまた瀉下薬として考慮され、レバーからの精力的な、evacuative効果そして刺激的な胆汁の生産を持っている。 Buckthornは不純物を排出することができる苦いハーブとみなされる。

Ritchason (1995年)は首位のalterativesの1、「血の清浄器の王と」呼ばれていたechinaceaとechinacea (Echinaceaのaugustifolia)をみなす。 それは血の他の白血球に好中球の相対的なパーセントの安定によって廃棄物の除去を刺激するようである。 歴史的に見ると、リンパろ過および排水の改善によってechinaceaが有害な露出の後で血を、例えば浄化するのに、有毒の傷および血液中毒、使用されていた。 Echinaceaは頻繁に条件がtoxemiaによってし向けられるとき眩暈および混同した精神状態との有毒な頭痛に寄与する。

消化器の放射性バリウム、カドミウムおよび亜鉛を結合するのでケルプおよびアルギンは吸収を妨げるあらゆる清潔になるプログラムに重要な付加物現われる。 ケルプは免疫反応を高めている間糞便の大きさを増加するnondigestible繊維として機能によって環境の中毒の危険を減らすようである。 ケルプ、ナトリウムのアルジネートで見つけられる要因は腸の放射性ストロンチウム90と結合し、ボディからそれを運ぶ。 (モントリオールのマギル大学の胃腸研究所で報告される調査結果。) (ノート: 何人かの漢方医は使用するためにさまざまな標準、好まれた形態のによって不純物および、より自由なノルウェーのケルプを見なす。)

赤いクローバー(Trifoliumのpratense)は血を薄くする血清潔になるハーブとして使用法の長い歴史があるというMcCalebの等(2000年の)レポート、援助の消化力はレバーおよび胆嚢を通して、解毒を刺激し。 単一のハーブとして、または他の浄化のハーブとcomplexed使用されたときそれに利点がある。 ユーザーはわかっているべきであるが、赤いクローバーがestrogenic活動を所有していること、そして血を薄くするので、それはある補足の政体のために不適当かもしれない。

カイエンヌ(トウガラシのannum)は多くの草の複合体の触媒として他のハーブの有効性そして配達を高めるために加えられる。 それにまた汗を通して毒素の排除を励ますdiaphoretic行為がある。

これらのハーブの多くの変化は健康食品の店か製造者を通して利用できる。


PhosphatidylcholineとComplexedマリア アザミ(Silybum Marianum)

草の薬効があるの御馳走きのこの中毒およびヘビのかみ傷(1世紀なセリウム)にエキスを使用してDioscordesの2000年に、さかのぼるようにマリア アザミ(Silybumのmarianum)を含む伝統。 Ogletreeに従うマリア アザミの現代使用は、等動物実験が確認した1949年に(1997年)、四塩化炭素の毒作用からレバーを保護できることを始まった。 1968年に、有効成分は示されたsilymarin隔離され。 マリア アザミはずっと肝臓病のための100つの臨床試験上のの主題、主にである。 もっと最近、マリア アザミは御馳走テングタケ属のきのこの中毒へのそして毒素に対してprotectantとしてヨーロッパ中の緊急時手順のステープルがacetaminophenで見つけたように現れた。

非常に汚された区域は、湾岸戦争競技場のような、遊離基の生産そして活動、ほとんどの退化的な病気の先触れを悪化させる。 マリア アザミのhepatoprotective効果が3つの主要な細道によって堪能であることOgletreeの等(1997年の)州: (1)酸化防止活動、(2) hepatocellular膜の保護、および(3) hepatocytesの刺激。

人間の調査はレバー毒素、主に溶媒への職業露出のマリア アザミの有効性を、ペンキ評価し、つく。 調査は20の主題は偽薬を受け取ったがマリア アザミの420 mgを受け取っていて日35人の関係者が、制御された偽薬だった。 処置の期間(15-20日)の終わりに、レバー酵素(アスパラギン酸塩のアミノ基移転酵素、アラニン アミノ基移転酵素、ガンマglutamylのtranspeptidase、アルカリ ホスファターゼ)およびマリア アザミのグループのビリルビンに意味を持った減少があった。 偽薬のグループ(Boari等1981年)のレバー機能で観察された改善がなかった。 phosphatidylcholine (PC)とのComplexing silymarinはPC自体はhepatoprotective代理店として高く評価されているが、ハーブの生物学的利用能を高める。