生命延長スキン ケアの販売
 

発火(慢性)

米国の死亡率の 10の 導く原因の 慢性の 低レベルの発火は 少なくとも7の病因に貢献する。 これらは心臓病、癌、慢性のより低い呼吸器系疾患、打撃、アルツハイマー病、糖尿病および腎炎(2011年疾病予防対策センターを含んでいる; 粗悪品等2006年; Cao 2011年、Jha等2009年; Ferrucci等2010年; Glorieux等2009年; Kundu等2008年; マーフィー2012年; Singh等 2011年)。

発火は独特の徴候を作り出し、通常 自発的に 解決するティッシュの傷害への激しい(短期)応答として古典的に見られた。 現代的な暴露は若々しい 機能 の退化的な病気そして損失の開発の重要要因であるために慢性の発火を示す。

慢性の発火は 余分なカロリーの消費、上げられた血糖レベルおよび酸化圧力によって引き起こされるそれのような細胞圧力そして機能障害によって、誘発することができる。 慢性の発火の有害な容量が生理学的なプロセス( カーリン 等2006年)間で前例のないことは今明確である。

慢性の、低レベルの発火の危険は無声性質は 有害な力が偽りであることを示す こと である。

実際、圧力誘発の発火は、誘発されて、ボディ中の細胞死を広める、また更に十年幾年もの間探知されていない主張できる。 悪化にそう非常に貢献するという事実が原因で老化プロセスと、慢性の発火のこの無声状態であるずっと鋳造された「inflammaging」関連付けた。

慢性の低レベルの発火はそれを実現している あなたなしでこの まさに時にあなたの健康を、脅すかもしれない。 この議定書であなたの体内の炎症性州を査定できる低価格の血液検査について学ぶ。 また年齢関連の健康の低下を避けるのを助けるように慢性の発火を戦う目新しい取り組み方を発見する。

炎症性プロセス

激しい炎症性応答

ティッシュの傷害への発火、適応性がある免疫反応または伝染、演劇いろいろな有機体(Medzhitov 2008年)の新陳代謝に於いての中心的役割。

基本的なレベルで、激しい炎症性応答は1)ティッシュの傷害(外傷、露出または熱への化学薬品)によって誘発される; または2)ウイルス、細菌、寄生虫、または菌類による伝染。 激しい発火の古典的な明示は4つの基本的な印によって特徴付けられる: 赤みおよび熱は高められた血の流れに傷害の場所への起因する。 膨張は傷害の場所で液体の蓄積、高められた血の流れの結果に起因する。 最後に、膨張は発火と関連付けられる独特の苦痛を引き起こす傷害によりの近くで神経末端を圧縮できる。 苦痛は有機体を組織の損傷をわかっているようにしてまた重要である。 さらに、接合箇所の発火は通常動きを限り、治療を援助するために傷つけられた接合箇所の残りを強制する効果をもたらす第5印(機能の減損)で起因する。

十分制御の激しい炎症性応答に複数の保護役割がある:

  • それは近くのティッシュへの病原菌そして損傷の広がりを防ぐ;
  • 取除くべき助けはティッシュおよび病原体を、傷つけた;
  • ボディの修理プロセスを助ける

但し、第3タイプの刺激、 細胞圧力および機能不全は、 健康に 寄与してよりもむしろ、多数のメカニズムによって病気および年齢関連の悪化に、貢献する慢性の発火を誘発する。

細胞圧力及び慢性の、低レベルの発火

Mitochondria –アデノシン三リン酸(ATP)はの形で生化学的なエネルギーを 発生させるために 責任がある細胞細胞器官–より高い有機体の生命の基本的に必要な部品である。 実際、洗練された多細胞の生命体の場合には、organismal実行可能性は最適のミトコンドリア機能に左右される。 逆説的に、ミトコンドリア プロセスはまたinflammasomeとして知られている約ティッシュ破壊の炎症性仲介人を 連れて来る ことができる; この現象は傷つけられ、正常に機能しないmitochondria (緑2011年 )によって誘発される。

ミトコンドリアの機能障害は 結果外因性の(例えば環境の毒素、タバコ煙)および内生(例えば反応酸素種の)ストレッサーへの、そして老化プロセス自体の結果として露出の起こる。 例えば、ミトコンドリア エネルギー生成の副産物は遊離基の分子の 作成である。 遊離基は細胞構造を損ない、最終的に細胞死(apoptosis)で起因する、またはより悪く、自由な細胞の成長-癌の認刻極印ことができるというproinflammatory遺伝信号の滝を始める。

老化は遊離基の分子のミトコンドリアの効率そして高められた生産の低下と関連付けられる。 最近の研究は慢性の発火(Dinarello 2011年)の主義のアクチュエーターとしてミトコンドリア機能のこの年齢準の異常を識別する。 具体的には、ミトコンドリアの機能障害は次の通り発火をもたらす:

  1. 遊離基の蓄積はミトコンドリアの膜透過性を引き起こす;
  2. 普通mitochondriaの内で含まれている分子部品は細胞質( 細胞細胞器官が中断される)細胞内のに液体漏る;
  3. 細胞質 パターン認識の受容器(PRR)は潜在的な脅威として、細胞内の病原体に対して免疫反応を検出し、始める、漏らされたミトコンドリアの分子を確認する;
  4. 潜在的な脅威を検出次第、PRRの形態は複合体「感染させた」細胞(Tschopp 2011年)を破壊するために免疫組織の部品を募集する、炎症性cytokineのinterleukin1βを活動化させるinflammasome呼んだ。

この4つのステップは細胞破壊をもたらすミトコンドリアの機能障害の簡単だった機構を表す; 但し、細胞内の遊離基は炎症性細胞死の唯一の誘因物ではない。

循環の砂糖、主に ブドウ糖 および フルクトースは、同様に被告人である。 これらの「血糖」が蛋白質および脂質と接触するとき有害な反作用は起こり進められたglycationの最終製品 (年齢)と呼ばれる混合物を形作る。 年齢は高度のglycationの最終製品のための受容器と呼ばれる 細胞表面の受容器か激怒に結合する。 活発化に、激怒は多数の炎症性遺伝子(Mosquera 2010年)を活動化させる 核心への炎症性仲介人の核要因ΚB (NF kb)の動きを誘発する。 高度のglycationの最終製品は主に生体内で 形作られ、 glycationは高い血糖レベルによって悪化させる。 但し、食餌療法の年齢はまた発火に貢献する; それらは高温で調理される食糧特に赤身(Witko-Sarsat等1998年で豊富である; Vlassara等 2002年)。

慢性の炎症性応答の付加的で生化学的な誘因物は下記のものを含んでいる:

  • 痛風性関節炎の間に接合箇所 で沈殿させることができる尿酸(urate)の水晶、; 上昇値は腎臓病のための危険率、高血圧および新陳代謝シンドローム(Martinon等2006年、Alvarez-Lario等2011年)である;
  • 酸化させた脂蛋白質 (LDLのような)、atheroscleroticプラク(Nguyen Khoa等1999年)への重要な貢献者; そして
  • ホモシステイン、心循環器疾患のためのマーカーそして危険率である非蛋白質形成アミノ酸は、および骨折の危険(AuYeung等2006年)を高めるかもしれない。

ともに、これらのproinflammatory引き起こすものはパラグラフ発火(Medzhitov 2008年)と呼ばれる永遠の 低レベルの 慢性の炎症性状態を促進する。

それが無言で進歩するが、パラグラフ発火は健康への主要な脅威およびすべての老化の人間の長寿を示す。 慢性の、低レベルの発火は癌、タイプII糖尿病、骨粗しょう症、心循環器疾患、および他を含むよくある病気と関連付けられる。 従って、炎症性応答を開始できる無数の生理学的な変数を目標とすることによって1つは効果的に慢性の発火を和らげ、炎症性病気のための危険を減らすことができる。

発火のマーカーそして仲介人

続くことは研究および診断で使用される発火の最も顕著なマーカーのいくつかのリストである。 いくつかは血液検査によって検出することができる(「慢性の発火の診断そして慣習的な処置を」、次見なさい):

腫瘍壊死要因アルファ(TNF-α)は 細胞損傷、圧力、または伝染に応じて多数のタイプの免疫細胞によって解放することができるcytokineと呼ばれる細胞間シグナリング蛋白質である。 最初は大食細胞(免疫細胞) (緑等1976年)が作り出す反腫瘍の混合物として識別されてTNF-αは適切な免疫の監視および機能に要求される。 だけまたは他の炎症性仲介人、TNF-αとの代理の多くの病原体の成長を遅らせる。 それは好中球の殺菌の効果を活動化させ、他の複数の免疫細胞のタイプ(Sethi等2008年)の写しに要求される。 しかし余分なTNF-αは血栓症(血液凝固)を高め、心臓contractilityを減らすことができ腫瘍の開始および昇進(Kundu等2008年)で関係するかもしれない慢性の炎症性状態をもたらす場合がある。

核要因ΚB (NF kb)は 炎症性応答の開始で重要である。 細胞が損傷信号--に(TNF-αか酸化圧力のような)さらされる時、炎症性応答(Sethi等2008年)にかかわる400の遺伝子上のの表現をつけるNF kbを活動化させる。 これらはcyclooxygenase-2 (COX-2)およびlipoxygenaseを含む他の炎症性 cytokines および親炎症性酵素を 含んでいる。 COX-2は親炎症性プロスタグランジンを総合するために責任がある酵素で非ステロイドの炎症抑制薬剤(イブプロフェン、アスピリン)およびCOX-2抑制剤のターゲットである(Celebrex®)。

Interleukinsは 発火の昇進そして決断で多くの機能があるcytokinesである。 ほとんどの研究のずっと主題である親炎症性interleukinsはIL1β、IL-6およびIL-8を含んでいる。 IL1βは傷つけられるか、または正常に機能しないティッシュに血管を出て行くために免疫細胞を助け。 IL-6に親炎症性および炎症抑制の役割があり、激しい発火の進行そして決断の間に必要な混合物の生産を調整する。 IL-8は免疫および非免疫がある細胞によって表現され、病原体を破壊できる傷害の場所に好中球(免疫細胞)を引き付けるのを助ける。

C反応蛋白質(CRP)は 激し段階蛋白質、急速に炎症性応答の間にレバーによって作り出される複数の蛋白質の1である。 激しい発火のその主要目的はそれらを他の免疫細胞(マイヤー2010年)によって確認することもっと簡単にするために損なわれた細胞に塗ることである。 基底のレベルの上のCRPの高度は複数の癌、rheumatologic、胃腸の、および心血管の状態で上がることができるおよび伝染(Windgassen等2011年)ではないので単独で診断。 (高感受性CRPの試金かhsCRPによって定められる) CRPの高度に心循環器疾患および打撃(出現の危険率の共同等2010年)の高い危険の強い連合がある。

Eicosanoids。 上記されるcytokineの要因は(interleukins、TNF-α) 「長距離メッセージ」である。 それらは発火の場所の細胞によって作り出され、ボディ中の炎症性応答についての情報を伝える血に解放される。 それに対して、eicosanoidsは「ローカル」メッセージである; それらは発火の場所に近位である作り出され、移動するために短い間隔(局部的にへの時々だけ同じ器官の内で、近隣の細胞、または同じ細胞の異なった部分)免疫の防衛(ルオ等2011年)を引き出すために意味される細胞によって。 ほとんどの細胞によってタイプ インするすべての主要な器官システムを作成されるeicosanoidsの複数の系列がある(を含むプロスタグランジン、prostacyclins、leukotrienesおよびトロンボキサン)。 発火に於いての役割は別として(および反発火)、プロスタグランジンに血管の細胞の成長でいろいろな機能が、腎臓機能、消化力および圧縮および膨張ある。 トロンボキサンは血液凝固プロセスの重要な仲介人である。 親炎症性leukotrienesは発火の間に募集し、活動化の白血球のために重要で、航空路の圧縮およびanaphylaxisに於いての役割のために最もよく調査される。

細胞は細胞膜の部品である不飽和脂肪酸を使用してeicosanoidsを作り出す。 eicosanoidの統合のための脂肪酸の開始材料は必要な脂肪酸のリノール酸(オメガ6)および派生的なアラキドン酸(AA)である; そしてアルファ リノレン酸の(オメガ3)および派生物のeicosapentaenoic酸(EPA)および docosahexaenoic 酸(DHA)。 eicosanoidの統合に於いてのこれらの脂肪酸の役割についての概括が用心深く近づかれるべきである間、最も有効な炎症性eicosanoidsはオメガ6の脂肪酸(リノールおよびアラキドン酸)から作り出される。 オメガ3の脂肪酸で高い食事療法は発火および心循環器疾患の危険のより低いbiomarkersと関連付けられる; 提案されたメカニズムはより少なく炎症性か炎症抑制のeicosanoidsのそしてcyclooxygenaseおよびlipoxygenaseの酵素の(下記参照) (Serhan等2001年)による生産を含んでいる。

CyclooxygenasesおよびLipoxygenases。 eicosanoids (上記)は複数の酵素のステップが不飽和脂肪酸から総合されるように要求する; cyclooxygenase (コックス)およびlipoxygenase (ロックス)の酵素はこれらの反作用の第一歩に触媒作用を及ぼす。 Cyclooxygenasesの入会者多くのプロスタグランジンかトロンボキサンの1へのオメガ3そしてオメガ6の派生物の転換。 従ってコックス酵素の新陳代謝の興味は阻止が減らされたプロスタグランジンの統合に導く、および発火、熱および苦痛の減少来る事実から。 アスピリンおよび非ステロイドの炎症抑制薬剤(イブプロフェンおよびナプロキセンのようなNSAIDS、)の鎮痛性および炎症抑制の活動はコックス酵素の阻止が原因である。 人間に於いての明示されている役割のコックス2つの酵素がある(COX-1およびCOX-2)。 COX-2に炎症性プロセスへのほとんどの関連性がある: それは普通不活性でが、発火の間につき、そして親炎症性プロスタグランジンおよびトロンボキサンの作成によって発火のこのプロセスを刺激する。

Lipoxygenasesはproinflammatory leukotrienes、発火の 重要なローカル仲介人に脂肪酸を変える。 複数の有効な炎症性leukotrienesはほ乳類の5ロックスによって作り出される。 それらは発火の場所に白血球の募集に於いての援助によって炎症性プロセスに於いての基本的な役割が作り出したり、ある親炎症性要因およびLipoxygenaseの酵素。 それらはまたcytokinesを作り出すように局部電池を刺激する炎症性応答(ルオ等2011年)を増幅する。 従って、ロックスの酵素はいろいろ炎症性条件にかかわるかもしれ炎症抑制療法のための付加的なターゲットを表す

コックスおよびロックスの酵素が親炎症性プロセスと最も頻繁に準の間、酵素が両方ともまた禁じか、または発火を解決し、そしてティッシュ修理を促進する要因(を含むprostacyclinsおよびlipoxins)、親からのコックスの炎症抑制の活動への適切な転移を作り出し、ロックスが酵素健康な炎症性応答の進行のための重要であることを覚えていることは重要である。