生命延長スキン ケアの販売

レバー退化的な病気

自由根本的な損傷および脂質の過酸化反応

遊離基の生産からの酸化損傷に広範囲に及ぶ結果がある。 脂質の過酸化反応は酸素の遊離基によって化学的に傷ついた脂肪を記述する。 細胞膜はリン脂質の層から主に成っている。 遊離基が細胞膜を攻撃するので、細胞への傷害そして終局の死はDNAの繊維の破損が原因で起こる。 DNAは写しに必要な細胞青写真である。 酸化圧力はまた80%がレバーで作り出されるコレステロールを含むボディの循環の脂質に影響を与える。 過酸化物にされたコレステロールはアテローム性動脈硬化をもたらす損傷動脈に示されていた; 証拠の成長するボディは肝臓障害の継続的だった開発に於いての脂質の過酸化反応のための役割を支える。

人間のレバーの細胞傷害が多分multifactorial間、遊離基は鉄の積み過ぎ、エタノールの消費および肝臓障害を始めるか、または永続させる虚血/reperfusionの傷害の前のいろいろな肝臓病で、特に、関係した。 さらに、自由に根本的始められた脂質の過酸化反応は肝臓のfibrogenesis (Britton 1994年)の役割を担うようである。 遊離基の役割は頻繁に薬剤および化学薬品によって引き起こされる有毒なレバー傷害で重要である。 損害は毒素自体によって最初に毒素がレバー(Feher 1992年)によって新陳代謝するとき与えられ、次に続く。