生命延長スキン ケアの販売

レバー退化的な病気

レバーがいかに解毒するか

レバーに3つの主要な解毒の 細道が ある:

  • 血の大きい毒素を取除くためにろ過。
  • 酵素によって 不必要な化学薬品を破壊すること。 これは通常それらに段階IIの酵素システムのためのより容易なターゲットをするために化学薬品を変更する段階Iの2つのステップに、起こる。
  • 脂肪質溶ける毒素および コレステロールの排泄物のための胆汁を総合し、分泌する。

血をろ過することはレバーの必要な解毒機能である。 注意されたより早い、総血液の供給数回としてレバーを日通り、いつでも、血の約パイントは解毒されるレバーにある。 血の解毒は血が細菌、内毒素、抗原抗体の複合体および腸から他の有毒物質と荷を積まれるので重大である。 健康なレバーは血からの細菌そして毒素の血が一般的な循環を書き入れる前にほぼ100%を取り除く。

レバーの第2必要な解毒の役割は腸からの 薬剤、 殺虫剤およびエンテロトキシンのような不必要な化合物の中和のためのツー ステップの酵素プロセスを、含む。 ホルモンのような正常なボディ混合物はこのように除去される。 段階Iの酵素は直接これらの化学薬品のいくつかを中和するが、多くの他は中間形態に変えられたりそして段階IIの酵素によって処理される。 これらの中間形態は頻繁に大いにもっと化学的に活発こうして、元の物質より有毒であり。 従って、段階IIの解毒システムがきちんと働かなければ、中間物は長びき、損害を与える。

段階Iの解毒はチトクロームP450システムと示される50-100の酵素のグループを含む。 これらの酵素は外因性の(薬剤および殺虫剤のようなボディの外の始め、)および内生(、ホルモンのようなボディの中から来る)混合物の、またステロイド ホルモンおよび胆汁酸の統合の解毒の中心的役割を担い。

この新陳代謝の活動の副作用は遊離基(ieの細胞部品に結合し、損害を与える)非常に反応の生産分子である。 これらの遊離基を中和するための最も重要な酸化防止剤は段階Iおよび段階IIの解毒のために必要のグルタチオンである。 グルタチオンは減ること毒素のハイ レベルへの露出が段階Iの解毒からそう多くの遊離基を作り出すとき、グルタチオンに依存した段階IIプロセスは終わる。 これにより有毒な中間形態の集結の結果として厳しく有毒な反作用を引き起こす段階Iおよび段階IIの活動により間の不均衡を引き起こす。

段階IIの解毒は活用を含む(ieは毒素へ、保護混合物限界になる)。 グルタチオンの活用のほかに、他の細道はアミノ酸の活用、メチル化、硫酸化、sulfoxidation、アセチル化およびglucuronidationである。 これらの酵素システムは栄養素および新陳代謝エネルギーが作用することを必要とする。 レバー細胞がきちんと作用しなければ先に注意されるように、段階IIの解毒は有毒な中間物の負荷を減速し、高める。

レバーの第3必要な解毒の役割は胆汁 の統合そして分泌である。 レバーは毎日胆汁のおよそクォートを製造する。 効果的にボディから有毒物質を除去するキャリアとして胆汁のサーブ。 さらに、胆汁は吸収を改善する腸の脂肪そして脂肪質溶けるビタミンを乳状にする。 胆汁の排泄物が(胆汁うっ滞)禁じられる時、毒素はより長いレバーにとどまりレバーを損傷に服従させる。