生命延長スキン ケアの販売

Gastroesophageal還流の病気(ゲルト)

食餌療法および生活様式ゲルト管理に近づく

PPIsを規則的に取ることにもかかわらずゲルトの経験の耐久性がある徴候の患者の50%まで、(Dibley 2010年)。 従って食事療法および生活様式の介在は標準的な薬療法へ重要な付加物である。 管理の圧力、適切な食事療法、身体活動、およびゲルトの原因そして進行を理解することの教育は彼らの病気および福利(Dibley 2010年)の重要な改善の入院患者の認識を促進するために示されていた。

一部は食事療法し、一般にゲルトの患者のために提案される生活様式の修正は下記のものを含んでいる:

ゲルトの徴候と関連付けられる食糧および飲料を避けなさい。 複数の共通の食餌療法の部品は含んでいるゲルトの徴候の増加と関連付けられた

  • コーヒー(Bhatia 2011年)
  • チョコレート(Bujanda 2007年)
  • ぴりっとする食糧(歌2011年)
  • 炭酸飲料(Hamoui 2006年)
  • アルコール(グランデ1996年; 歌 2011年)

徴候を引き起こすかもしれない付加的な食糧はトマト(調理された未加工)、ミルク、チーズ、柑橘類の食糧、ケーキおよびペストリー(Dibley 2010年)を含んでいる。

やめられた煙ること。 煙ることは1) LESの機能および2)食道(Kaltenbach 2006年)からの還流の整理の減少によって胃圧力の増加に対して閉鎖している残るゲルトの徴候を高める。 ゲルトの発生は煙ることの持続期間と増加する。 大きい人口調査からのデータに基づいて、還流のエピソードの発生の70%の増加で起因した長期(> 20年)毎日に煙ることは1年以下(ニルソン2004年)間煙った人と比較した。

重量を失いなさい。 高められたボディ固まりおよび腹部のadiposityは胃およびより低い食道の圧力を高める。 これは胃の還流に対してシールを維持する機能を妨げるより低い食道弁に重点を置くことができる。 支えられた腹部圧力はまたhiatalヘルニア(Festi 2009年)の危険性を高めることができる。 7つの調査の調査に基づいて、太りすぎの個人は43%の増加および肥満の個人を正常なボディ固まり(Hampel 2005年)を持つ個人上のゲルトの徴候の94%の増加平均した。 食道の腺癌の発生はこれらの調査のほとんどの太りすぎの個人でより頻繁だった。

モニターの食事のサイズおよびmacronutrient構成。 食餌療法脂肪は敏感な患者の還流の確率を高めるかもしれない胃に空けを遅らせる。 高脂肪の食事はまた食道癌(De Ceglie 2011年)の高められた危険と関連付けられる。 高カロリーが、高脂肪の食事ゲルト(コロンボ2002年を引き出すようである一方; Fox 2007年)、食事の脂肪分を減らすことはある調査(Iwakiri 1996年で有利な効果をもたらした; Penagini 1998年)。 低い炭水化物(< 20グラム)の食事は肥満の主題(オースティン2006年)の小さい試験のある還流の徴候を減らした。 ゲルトに対する直接的な効果は別として、脂肪の限定、炭水化物および総カロリーの取入口は自体有効な反還流の作戦がある重量の軽減のための有効な方法である。 重量の軽減はまた肯定的に健康の多くの付加的な面に影響を与え、可能性としては長寿を高める効果的な方法である。 より多くの情報は生命延長雑誌の 巧妙な 減量の記事 の熱の制限の議定書そして 9本の柱 で利用できる

就寝時間の近くで食べるAvoid。 ゲルトの患者は長く胃に横になる前に空ける十分な時間を与えるために就寝時間の近くで食べることを避けるために助言されてしまった(DeVault 1999年)。 しかし臨床調査にゲルトの徴候(Gerson 2009年の最小化に関するまちまちな結果があった; Orr 1998年; Lanzonミラー 1990年)。

眠っている間ベッドの頭部を上げなさい。 複数の調査はベッド8-11の頭部を上げることがじりじり動く、または「くさび」で眠って、還流のエピソード(Kaltenbach 2006年)の数そして持続期間を減らすことができることを提案した。 このアプローチは食道から胃内容を保つのを助けるのに重力を使用する。 左の側面recumbencyは(左側で眠る)また可能性としては胃のレベルの上のLESを保ち、弁(Kaltenbach 2006年)の圧力を減らすことによってゲルトの徴候を減らすことができる。

限界のアスピリンおよび他の非ステロイドの炎症抑制薬剤(NSAIDs)。 証拠はNSAIDの使用がゲルト(Kotzan 2001年)と関連付けられることを提案する。 NSAIDsは親炎症性cyclooxygenase (コックス)の酵素の活動の禁止によって炎症抑制の活動を出す。 但し、COX-1酵素は胃の保護粘液のライニングの形成を促進するためにまた重要である。