生命延長血液検査の極度の販売

Gastroesophageal還流の病気(ゲルト)

診断

複雑でないゲルトを提案する徴候の患者では(頻繁に食事の後に起こり、制酸剤から横になるか、またはに、得られて救助が曲がることによって加重される胸焼けやregurgitation)、推薦された企画は酸抑制療法の試験のゲルトのための処置である。 患者がこの最初の療法に答えれば、ゲルト(DeVault 2005年)を仮定することは適度である。

自己申告は複雑でないゲルトの診断に有用である場合もある。 ゲルトのアンケート(GerdQ)は簡単、容易にゲルトの徴候の頻度の6つの質問査定解釈されてである。 300人の患者の1つの調査では、GerdQに65%感受性、gastroenterologists (ジョーンズ2009年)が達成した診断正確さと同じような結果があった。 患者合わせた診断および治療上の評価としてGerdQを使用してゲルト管理(Ponce 2011年)と標準的なアプローチと比較される用具は有利である。

それ以上の診断テストは患者が酸抑制療法に答えなかったり、複雑なゲルト(例えば、嚥下困難)の暗示的な徴候を示さなければ推薦されたりまたはずっとBarrettの食道(DeVault 2005年)の危険がある状態にそれらを置くには徴候十分に長くその時だけである。

ゲルトのためのテストは下記のものを含むかもしれない:

バリウムのesophagram。 バリウムの対照の解決を飲み込んだ後X線のレントゲン写真術による食道を見ることは食道の運動性に洞察力を与え、また食道の批評、潰瘍、または厳しいesophagitisを検出できる。 それは穏やかなesophagitisか還流の診断に敏感か正確としてない。 より新しい技術と比較されて、それはゲルト(DeVault 2005年)の定期的な診断のために適したようにないかもしれない。

上部のGIの内視鏡検査法。 適用範囲が広いesophagoscopeでの食道の直接観覧は捨てられた細胞の粘膜の壊れ目、区域、正常な粘膜の区域から明瞭である潰瘍を、または赤みを識別できる。 粘膜の壊れ目はゲルト(Stefanidis 2010年)の最低の信頼できる表示器である。 Barrettの食道を表した食道の変更はまた内視鏡によって見ることができる。 但し、バイオプシーは限定的な診断が作ることができる前に要求される(Vakil 2006年)。

食道pHの監視。 食道pHの監視はゲルトを診断するための現在の金本位である人が直立し、移動式の間、食道pHはpHセンサーが付いている適用範囲が広いカテーテルを使用して(鼻を通って挿入され、より低い食道で置かれて)、または、より低い食道(ローマの2012年)に付す無線pHのカプセルもっと最近監視される。 pHの測定は24時間の期間(Domingues 2011年)に記録される。 正常な食道pHは還流のでき事はので4.0の下のへのpHの突然の(< 30第2の)低下記録されるが、7.0に近い。 1つの方法は(、横たえられる、および合計直立した間)食道pHが<4、還流のエピソードの数(両方の総エピソードおよびそれら> 5分)測定するである、および最も長い還流のエピソードの持続期間時間のパーセントを含む調査の期間にわたる6つの変数を。 これらの変数は集成値(DeMeesterのスコア)にそれから常態が14.7以内であるところ組み立てられる(ジョンソン1974年)。 内視鏡検査法とは違って、食道pHの監視は食道の酸の直接生理学的な測定を 提供し、 還流の病気を文書化し、病気の厳格を査定し、医学または外科処置への病気の応答を監視する最も客観的な方法である。

Bilitec。 Bilitecシステムは還流の胆汁の存在を検出するのに光ファイバー センサーを使用する。 胆汁は慣習的な酸抑制療法(Lazarescu 2008年)によって管理しにくい徴候の還流で関係した。

食道のmanometry。 食道のmanometryは飲み込むことおよび蠕動によって引き起こされる食道の圧力変更の測定によって食道およびLES機能を査定する。 医者は鼻を通して圧力感知のカテーテルおよび胃に食道を渡す。 患者は一連の5つのmL水つばめを行い、圧力測定は食道およびLESの蠕動性の活動のなされる。 manometryの手段の食道機能以来、それはdysphagsiaを診断するか、またはより低い食道の括約筋(Holloway 2006年)の異常な弛緩にもっと適する。