生命延長スキン ケアの販売

消化が良い無秩序 

消化が良い無秩序を改善する食餌療法のアプローチ

Phosphatidylcholine。 胃の粘膜で総合される細胞外のリン脂質は上皮の疎水性(非水和性の)特徴で助け、胃酸および有害な材料からの保護をもたらす。 上皮の非水和性の状態はGI地域の健康にとって非常に重要である。 しかし水和性の(粘膜は腐食性の物質からの傷害に敏感である)状態への非水和性からのこの貴重な保護は傷つきやすく、アスピリンかNSAIDsによって(有害な物質に対して抵抗力がある)変形することができる。

胃の粘膜が妨げられたら、潰瘍は進行中の脅威として現われる。 Polyunsaturated phosphatidylcholine (PPC)は積極的な実験潰瘍の誘因の後でさえも胃潰瘍の発生を、減らすために示されていた。 アスピリンまたはNSAIDsの大量服用を取るそれらのような胃潰瘍のための危険度が高いの個人は、リン脂質が炎症抑制薬剤(Leyck 1985年)に区切られるとき薬剤の有害な性質を減した。

先に注意されるように、多くの潰瘍の基本的な原因は螺線形型の細菌H.の 幽門( 軸索1993年)である。 胃のmusocal障壁 に対するH.の 幽門の伝染の効果を調査するためには、胃の粘膜のリン脂質そして脂肪酸組成はH.の幽門の伝染の有無にかかわらず健康なボランティア 分析された。 H.の幽門-肯定的で健康な ボランティアH.の幽門のそれよりより少しはあった-の 胃PPCの内容否定的で健康なボランティア(p < 0.05) (Wakabayashi 1998年)。 これらの調査結果はことを弱める 胃の 粘膜を胃の粘膜のリン脂質の内容および脂肪酸組成の変更のH.の幽門の伝染の結果提案する。 胃の粘膜の価値を高める試みは胃潰瘍または粘膜の信頼性に影響を与えると知られている薬効がある議定書の胃潰瘍の歴史と個人で示されて、特にようである。

胃の保護の機能を越えて、polyunsaturated PPCは脂肪の消化力で助ける。 luminal PPCの存在はトリグリセリド、主要な食餌療法脂肪(Tso 1981年の吸収された消化力プロダクトの正常なリンパ輸送のために重要である; リッチモンド 2001年)。 新陳代謝の援助および脂肪の輸送はある個人が高脂血症かの状態でレシチンを使用することの価値をなぜ見つけるか説明するかもしれない。

PPCは肝硬変の実験モデルのコラーゲンの故障を刺激する。 見つけるこれは相関的なレバー健康であると重要、またGI地域の完全性そして維持に関する適切な含意がある。 腸の腸の批評(異常、一時的または永久的な制限)の腸の壁のコラーゲンの余分な沈殿によって特徴付けられる。 調査は腸の批評の防止のPPCの効果を定めるために行なわれた。 ラットの3グループは査定された: ラットの制御グループ、確認された結腸炎のグループおよび結腸炎、しかしPPCを受け取ることと診断されるグループ。 調査と共に、colonicのティッシュのコラーゲンの沈殿そしてコラゲナーゼの活動はグループ全員で測定された。 制御ラットのどれも、しかし結腸炎の16匹のラットの12、開発されたcolonicの批評。

それに対して、15の2つだけは結腸炎によって開発された批評を持つラットにPPC与えた。 コラーゲンの内容は結腸炎のPPC与えられたラットおよび制御ラットより結腸炎のラットで大いに高かった。 colonicのティッシュのコラゲナーゼの活動はまたPPC与えられたラット(Mourelle 1996年)で大いにより高かった。 PPCは燃え上がらせた腸のティッシュおよび生じる批評の形成のコラーゲンの集結を制限するコラーゲンの異化を高めるようである。

脂肪質の新陳代謝の彼らのGIの地域または利益援助の完全性を高めたい個人は不飽和PPCの使用を考慮したい場合もある。 不飽和PPCは十分容認され、主要な危険率なしで考えられる。

亜鉛Carnosine。 亜鉛はヒト生物学で多数機能がある主に遊離基の損傷(Gotz 1996年に対して守る多くの酵素システムの補酵素として機能する微量栄養の鉱物、である; Gotz 1997年; Langmead 2001年; Noguchi 2002年)。 H.の幽門の 伝染により引き起こす ことを確認することは亜鉛不足により有機体(Sempertegui 2007年)に感染する人々の胃で高められた発火を引き起こすかもしれないかどうか酸化圧力、調査されたエクアドル人の科学者のグループを高めた。 彼らは内視鏡検査法の間に取られたバイオプシーのサンプルがあった消化不良の352人の患者を調査した(腹痛および機能障害)。 H.の幽門の 伝染を用いる 患者は組織サンプルで非感染の患者よりかなり低い亜鉛集中があった。 実際により厳しい発火、より低く亜鉛は感染させた主題(Sempertegui 2007年水平になる)で。 これらの結果および他は「胃のcytoprotective」(細胞セービングの)栄養素(D'Souza 1991年)であると何人かの研究者を亜鉛が考慮するために導いた。

亜鉛はまた肥満細胞の膜の安定を助ける直接炎症抑制の効果をもたらす。 肥満細胞は傷害かアレルギー(Cho 1991年によって刺激されたとき炎症性cytokinesの破烈を解放する; Cho 1992年)。 更に、亜鉛はある特定の発火に敏感な癌(Barrera 2000年)の再発率を減らすことができる免疫の変調器である。

carnosineと呼ばれる別の必要な栄養素はそれ以上のそれらの効果を後押しできる。 日本の科学者はこの亜鉛carnosine混合物の開発の方法を導いた。 かなり最近まで、胃癌(胃炎および潰瘍の病気の結果)は日本の上のキラー癌だった; 胃癌の劇的な低下は日本人(Matsuzaka 2007年)の食餌療法の教育への大きい部品で帰因した。 実際、polaprezincとして販売される亜鉛carnosine混合物は日本(Matsukura 2000年)の幸いにも調整された規定の反潰瘍の薬剤、この簡単な栄養混合物長期使用のために安全の市販の補足として米国で利用できるである。

亜鉛carnosineはまた1999年にもう一人の日本のチームによって 示されているように H.の幽門を搭載する伝染の絶滅自体を、促進する(Kashimura 1999年)。 グループは知られていたH.の幽門の伝染および 徴候の 66人の患者を登録し、亜鉛carnosineか偽薬に任意にそれらを割り当てる。 すべての患者はまたプロトン ポンプ抑制剤と2つの有効な抗生物質のカクテルを(伝染を抑制することを目指す)受け取った(胃の治療を促進することを目指す)。 亜鉛carnosineを受け取るそれらの100%は治ったが、抗生物質プロトン ポンプ抑制剤のグループの86%だけは完全な治療(探索可能な有機体の絶滅)を達成した。

早い2007年に、西部の科学者は行為および有効性の亜鉛carnosine'sモードを検査し始めた。 腸傷害および修理の実験室モデルを使用してイギリスのチームは、また、臨床試験(Mahmood 2007年)を行なった。 最初の調査では、彼らはindomethacin (胃炎産出の傾向のために悪名高い有効なNSAID)または圧力への露出の後で動物の消化管を並べる細胞に対する亜鉛carnosineの効果を検査した。 栄養組合せは75%胃傷害および50%小さい腸の傷害を減らした。 それはまた三重回復過程をほぼ急がせる傷害の場所のそしての近くの細胞の移動そして成長を刺激した。 臨床試験では、10人の健康なボランティアはindomethacin (50 mg)に偽薬または亜鉛carnosineとの毎日3回を取った。 Indomethacinは偽薬のグループの3の要因によって腸の透磁率(補われたグループの透磁率に増加がなかった一方、発火が開始を得るようにする腸のライニングの損なわれた障壁機能を)高めた。 研究者は亜鉛carnosineが胃および小腸の粘膜のライニング細胞を安定させたことを結論を出した。

クランベリー。 有効なクランベリーおよびエキスがいかにのH.の幽門および他の胃腸障害のか軽減にある 場合もあるかそこに 臨床証拠を取付けている。 中国の研究者はH.の幽門の伝染(チャン2005年)を用いる189人の大人にクランベリー ジュースか偽薬の飲み物( 1日あたりの 約2個のコップ)を与えた。 彼らは処置の幾日35そして90に継続的だった伝染の化学証拠があるように確認した。 ジュース補われたグループの14%以上対偽薬のグループの5%有機体の完全な絶滅を示した。

栄養の専門家による大きい組織的検討は今クランベリー ジュースおよび他の栄養製品の規則的な取入口が「H.の幽門の植民地化の危険がある状態に人口のために」適当な低価格、大規模な代替案を 構成するかもしれない ことを結論してしまった(Gotteland 2006年)。 クランベリーおよびエキスが有効な胃健康の養生法の重要な部品として亜鉛carnosineの横の場所を取ることができることは明確なようである。

Licorice。 倍数の医療補助(Langmead 2001年のために長く確認されて; Olukoga 2000年)、licoriceのエキスは(取除かれて可能性としては血の圧力上昇のglycyrrhizinの分子が) H.の幽門の伝染(Petry 2001年 )の戦い の更に別の栄養の武器を提供する。 さまざまな実験室調査は保護胃粘液(Khayyal 2006年の生産を高めている間これらのエキスにcytokineの生産を減らす有効な炎症抑制の活動があることを示した; 金 2006年)。 Licoriceのエキスはまた胃ティッシュ (O'Mahony 2005年)のH.の幽門、有機体(Fukai 2002年の抗生物質抵抗力がある緊張を殺すことができる; Krausse 2004年)。 実際に、1つの実験室の接戦の比較で、licoriceのエキスは潰瘍(Aly 2005年)を防ぐことのファモチジン有効であり、動物実験は既存の潰瘍(パン屋1994年)の治療の促進に対する有効な効果を示した。 licoriceのこれらの特徴は端正に亜鉛carnosineおよびクランベリーのエキスのそれらを補足する。

Picrorhiza。 picrorhiza (Picrorhizaのkurroa)と呼ばれる別の自然な治療についてのニュースは今医学界(そのうち2001年の強い興奮を発生させている; Govindarajan 2003年)。 Ayurvedicの薬、picrorhizaの従業者に有名ヒマラヤ山脈の不断のハーブによって見つけられる最高はである。 そのエキスは今有効な酸化防止剤(Chander 1992年があるためにあっている; Chander 1998年; 日曜日 2007年)、免疫があ刺激的(Vaidya 1996年; Gupta 2006年; Puri 1992年; Sharma 1994年; Smit 2000年)および炎症抑制(Barbieri 2004年; トマス2007年; チャン 2004年) はっきり胃の保護に於いての役割がある特性活動。 picrorhizaがそう劇的に今この古代ハーブが胃健康 の研究 の最前線にであるH.の幽門(すなわち、伝染、発火、オキシダントの圧力およびティッシュの傷害)によって引き起こされる変更を非常に戦うので当然。

肝炎(Vaidya 1996年のような他の伝染性の胃腸条件の治療を促進するのに既に使用される; Luper 1998年)、picrorhizaのエキスはまた独特な傷治療の特性、刺激的なティッシュの成長、神経細胞の回復をおよび組織の損傷(Gaddipati 1999年からの回復を促進するかもしれない血管の形成を示す; 李2000年; Singh 2007年)。 胃潰瘍を戦うエキスの機能の劇的な実例ではインドの科学者は有効なNSAIDのindomethacin (光線2002年)によって引き起こされた潰瘍を持つラットにそれを管理した。 動物の未処理のグループと比較されて、補われたグループは直る酸化させたティッシュの部品のレベルの深遠な低下が同伴された潰瘍の大いにより速い率があった。 そして酸化防止酵素活性が未処理動物で減る間、それはpicrorhizaと上げた酸化防止活動を扱った。