生命延長血液検査の極度の販売

消化が良い無秩序 

どんな慣習的な薬が提供するか

消化が良い不平を扱うために規定される最も普及した薬剤のいくつかはPrilosecまたはPrevacidである。 これらの薬剤は胃酸の生産の最終的な新陳代謝のステップを妨げる独特な方法のために胃酸ポンプ抑制剤として知られている。 これらの薬剤はかなり高いが、商号Tagamet、Zantac、PepcidおよびAxidの下で販売されるヒスタミン2の受容器の反対者の薬剤のより古いクラスより余分な胃酸の生産と関連付けられる無秩序の抑制で有効である。 Tagametのような薬剤はPrilosecおよびPrevacidが事実上すべての胃酸の分泌を抑制する一方胃酸の分泌を禁じる。

ほとんどの胃潰瘍は今Helicobacterの幽門( H.の幽門 )の細菌によって引き起こされると 考慮される。 今では特別な抗生の養生法は潰瘍の処理の選択の療法である。 従って胃酸を減らす薬剤はより頻繁に胸焼けを引き起こすために胃酸が食道に逆流する食道還流を扱うために規定される。 胃酸への未処理の、慢性の食道の露出を残されたらesophagitisおよび食道癌をもたらすことができる。

穏やかな食道還流の何人かの人々は若々しい蠕動性の行為を促進し、それにより食道に再び還流を軽減する胃から食糧を、より急速に押すのに自然な療法を使用できるかもしれない。

潰瘍に苦しめば

医学界はH.の幽門の 細菌によりほとんどの 胃潰瘍を引き起こすことを発見した。 血液検査はH.の幽門の抗体の 存在を明らかにする ことができる。 特別な抗生の組合せが週の 問題内の 胃からH.の幽門の細菌を除去するのに使用することができる。 H.の幽門を根絶し 損う人は 胃癌を引き締めるためのずっとより大きい危険にある。