生命延長スキン ケアの販売

肝硬変および肝臓病 

肝臓病の処置

レバーに関する処置の目的は肝硬変の方に進行を停止するために診断されたら、肝臓病を防ぐことであり。 肝硬変は肝不全が行われれば悪い予想の末期の病気で、レバー移植を要求できる。 従って、レバー健康を支える生活様式の変更、アルコールからの特に謹慎は、肝臓病のための処置の礎石である。 問題は肝硬変、アルコールの原因条件を加重しないし、避けるべきである。

さらに、医者はさまざまな薬物と肝硬変の複雑化を、門脈の高血圧および腹水を含んで、扱うように試みる。 一般にしかし薬物の使用は肝臓病の人々でレバーがこれらの物質の多数を新陳代謝させるので慎重に近づかれなければならない。 例えば、アスピリンは凝固および胃の粘膜(Kasper 2005年)に対する効果のために肝硬変の患者で避けるべきである。 次の慣習的な薬は頻繁に肝硬変かfibrotic肝臓病を扱うために規定される:

  • 副腎皮質ホルモン。 これらの薬剤は肝臓病を特徴付ける発火を減らすために示されていた。 それらがアルコール性の肝炎および脳症を用いる患者に有用かもしれない間、アルコール性の肝硬変(Kasper 2005年の患者により少なく有用である; Glanze 1996年; Mathurin 2002年)。
  • Ursodiol。 胆汁の肝硬変の人々の間で、この薬剤は無くなった胆汁酸を取り替える。 副作用はまれである。 この薬剤は病気(Kasper 2005年)の進行を停止させないかもしれない。

これまでのところ学んだ何を

  • レバーは最も大きい内臓である。 それは毒素を新陳代謝させ、ブドウ糖およびコレステロールのような栄養素を監察する消化系からの血をろ過する。
  • 肝臓病は頻繁に明らかな徴候なしで年に、成長する。 多くの人々は肝臓病と異常が定期的な血液検査の間に検出された後診断される。
  • 肝硬変はレバーおよび傷のティッシュの形態が燃え上がるとき起こる。 それは不可逆である; 従って肝臓病の防止は理想的である。 肝硬変はアルコール消費により、肝炎によって引き起こすことができたり心不全および他の条件右味方した。
  • 毒素を中和する酸化防止剤、レバーによって、であるレバー健康の重要な要素処理した。
  • 肝臓病の処置は多くの薬剤がレバーによって新陳代謝するので限られている; 従って肝臓病を扱うのに少数の薬剤だけ、重要な副作用をもたらす副腎皮質ホルモンを含んで定期的に使用されている。