生命延長スキン ケアの販売

子宮のFibroids

外科介在

何人かの女性は腹部/骨盤の外科介在(myomectomy)をfibroidsおよび筋肉ティッシュを取除くが好んだり、子宮を倹約する。 但し、fibroidsが繰り返すことができるのでmyomectomyをそれ以上の外科を要求して結局もらう女性の15-30%。 myomectomyは非常に有能な外科医のためにより大きい技術がプロシージャで必要となるので調査を要求する。 女性が彼女の豊饒の保護について心配しなくても、myomectomyはまだ子宮摘出術への代わりとして考慮されるべきである。 子宮摘出術は時間の温和な99.9%であるには考慮される条件のための余りにも大きい犠牲のようである。 但し、行われる子宮摘出術の30%はfibroidsを取除くことである。

個人の性の応答の多くが起源で霊魂であることが考えられる。 従って彼女の内部feminizationは彼女の性の神秘性の一部分であると女性が考慮したら、そして彼女の子宮の不在は彼女の取消すことであると証明してもよい: 起これば、子宮摘出術のレポートが高めた性的に覚醒されるようになる難しさをあるおよびつまらないオルガスムを持っていることに女性の25%。 子宮は感覚をより深くおよびより満足にさせるオルガスムの衝動で引き締まる。 子宮はまた胸の刺激に楽しく答える。 子宮なしで、そのような応答は起こらない。 子宮がfibroidsのために取除かれるとき、卵巣は通常そのまま残っている。 これは低下を減す。

研究は保たれた性の性質が老化を遅らせることを示す。 何人かの女性は若い手術室に入ることおよび古い出現として彼女達の子宮の取り外しを詳述する。 慢性のdysthymia (落胆)は頻繁に観察される。 多くの女性はまた外科の後でぼうこう制御の彼女達の欠乏で失望する。 他はまれな続く腹部の外科であると考慮されないし、実際に生命にかかわる腸の付着によって苦しむ。 根本的な外科への代わりは作動するべきどの決定でもなされる前に最初に注意深く探検されるべきである。