生命延長血液検査の極度の販売

子宮のFibroids

ホルモン性の影響

fibroidsが妊娠の間に増加し、月経閉止期の間にがちであるので、推定上エストロゲンの変動のレベルに減り子宮のfibroidsはエストロゲン依存する考慮されるよる(Pollow 1978年)。 更にleiomyomas (滑らかなでこの見つけることを、leioの意味立証するため; 子宮筋肉の共通の温和な繊維性の腫瘍を意味するmyomasは)、エストロゲンのレベル プロゲステロンが高度(Sadan 1987年)を示す試験結果、ある提示低い集中および他からの矛盾したレベルを示した一方あくまで高かった。 従って、プロゲステロンの推薦は曇っている。

エストロゲンが直接myomaの成長を刺激しなかったが、のは実際にfibroidsを促進するプロゲスチンおよびプロゲステロンであることを1995年のさまざまな研究者遅く示した。 しかしさまざまな従業者は子宮のfibroidsおよびプロゲステロンの使用法に関する優秀な結果を報告した。 プロゲステロンの研究が混同しているので、プロゲステロンを使用している女性は厳密に監視されるべきである。 しかし彼女達のシステムに外因性のエストロゲンの物質の記入項目を減すように子宮のfibroidsを持つ女性が試みるべきである一致はより統一されて。

従業者はfibroidsが減らエストロゲン方法を使用して(サイズ西部の薬が子宮摘出術のための必要性を論議し始める)のサイズ13週の胎児首尾よく扱われたことを報告する。 伴う重い子宮出血はまたこの保守的な処置と制御された。

さまざまな研究者は避妊具が提供するエストロゲンの負荷によるfibroidsを持つ女性が、口頭避妊を避けるべきであることを信じる。 信じる他の従業者、口頭避妊を用いる唯一の著しい連合13-16年年齢で経口避妊薬を使用した女性間のかなり高められた危険、質問するこの理論(マーシャル1998年)にである。 物理的に強くない子宮を発達させる危険は不妊の早いmenarche、同等、または歴史と増加するようである。 それは生殖システムの健康が質問されれば経口避妊薬以外避妊の代わりとなる形態を選ぶことは慎重なようである。

エストロゲンはレベルを制御する私達のエストロゲンでいっぱいの環境で困難である。 エストロゲンはホルモンに私達の食糧および給水を書き入れる方法があるので重要な問題になった。 さまざまな農業の化学薬品はエストロゲンの受容器の場所の高められたエストロゲンの受容性を誘発するエストロゲンの活動そして構造記述をまねる。 殺虫剤は最初に私達の領空に侵入し、次に後でように食物連鎖の残りの副産物現われる。 経口避妊薬からの残りのエストロゲンのハイ レベルと汚染される尿は不十分な汚水処理のプロシージャによって給水に再び浸透できる。 明らかに、月経閉止期のエストロゲン取り替え療法は循環のエストロゲンの増加されたレベルによる子宮のfibroidsを悪化できる。