生命延長血液検査の極度の販売

Premenstrualシンドローム

月経、ホルモンおよびPMS

正常な月経は性ホルモン、何よりも大事なことは月経で絶頂に達するエストロゲンおよびプロゲステロンの規則的な上昇そして落下までに特徴付けられる。 周期は通常4段階に分けられる:

  • 小嚢段階。 この段階の間に、小胞ホルモン刺激(FSH)の上昇により複数の小胞は(卵を含んでいるそれぞれ)卵巣の表面で育ち始める。 下垂体のluteinizingホルモンの影響を受けて、これらの小胞はestradiol、エストロゲンの形態を分泌する。 このエストロゲンは負帰還のメカニズムによって小胞の成長で減速を引き起こすFSHの生産により落胆させる。 エストロゲンはまたendometrial (子宮のライニングの)ティッシュを肥やされた卵の準備で造り上げるように励ます。 最終的に、1小胞は支配的な小胞として現れる。
  • 排卵。 この段階では、支配的な小胞は破烈し、卵を卵管に解放する。 この段階はluteinizingホルモンの生産で倍力によって引き起こされる。 排卵は通常周期の日14のまわりに起こるが、タイミングは女性から女性に変わる。 卵が卵管にあれば、受精のために利用できる。
  • Luteal段階。 卵が解放された後、残りの小胞のティッシュは体のluteumとして知られている。 月経の次の2週の間に、体のluteumは早い妊娠のためにボディおよび肥やされた卵の受信を準備するためにプロゲステロンの増加する量を分泌する。 卵が肥やされなければ、プロゲステロンのレベルは低下する。
  • 月経。 月経はプロゲステロンおよびエストロゲンの低水準によって特徴付けられる。 それは卵が肥やされなかったら起こる。 この段階では、子宮の壁の組立部分はを離れて捨て、膣を血、粘液およびティッシュの残りとして通る。 捨てるこれは血を厚くされたendometriumに供給する、またendometriumの滑らかな筋肉壁の収縮引き起こされる小動脈の収縮によって。 これらの筋肉収縮によりけいれんを起こすことを引き起こし、cyclooxygenase (コックス)の酵素の管理下にある。 コックス酵素は店頭nonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAIDs)によってnonselectively禁じられる。

PMSの女性の間で、ホルモン性の機能障害の形態はluteal段階の間に起こる。 但し、PMSはまだ健康ではない理解されてし、根本的な徴候を説明するために多くの理論は提案された。 PMSの臨床診断が確立されたまで、それが正当な病状だったかどうかについて重要な不一致があった。

いくつかの新しい理論はPMSの説明を助けるように提言された。 最悪の場合、厳しいmenstrual無秩序と関連付けられる徴候がセロトニンの撹乱、気分および行動(Clayton 2006年)を調整する重要な神経伝達物質によって引き起こされるという証拠がある。

証拠はまた頭脳のガンマ アミノ酪酸(GABA)の減らされた感受性-アルファ受容器、頭脳モーター細胞の高められた感受性、および制御ストレス・ホルモンが水平にするhypothalamic下垂体副腎の軸線の妨害を提案する、(スミス2003年; Sundstrom 1998年; Rabin 1990年)。 GABAアルファは心配の弛緩そして減少と関連付けられる抑制的な神経伝達物質である。

ともに、これらの効果はPMSでよく見られる気分およびモーター問題のいくつかを説明するかもしれない。 またPMSが家族で動かす、PMSの女性はまたアルコール中毒および気分関連の精神障害(ベルガ2005年)の個人的なまたは家系歴がありがちである証拠があり。 また、性的虐待の歴史の女性は厳しいPMSに苦しむためにが本当らしい見つけられた。 調査は早い年齢のベテランの性的虐待が、頻繁にPMS (Golding 2000年)に苦しむために、本当らしかった女性のその95%まで示した。

最後に、さまざまな身体機能を制御するプロスタグランジン(ホルモンそっくりの化学薬品)はPMSの役割を担うかもしれない。 正常な月経に必要であるプロスタグランジンは平滑筋の収縮および血管の膨張を促進するために知られている。 調査はプロスタグランジンの排泄物がPMS (Piccoli 1993年)なしで女性と比較されるPMSの女性で不調であることを示した。 プロスタグランジンの生産はプロスタグランジンの生産は小嚢段階および早いluteal段階(Koshikawa 1992年)に大いにより高いがPMSおよび12の制御を用いる20人の女性の調査に基づいて制御と、比較されるPMSの女性の遅いluteal段階にかなりより低いようである。

ホルモン調節およびMenstrualシンドローム

PMSおよびmenstrualシンドロームのホルモンの影響は矛盾した結果と、頻繁に広く調査された。 女性はプロゲステロンのレベルおよび他のステロイド ホルモンの変動のレベルの増加によって特徴付けられる彼女達の月経のluteal段階の間にPMSに普通苦しむ。 ホルモンとpremenstrual徴候間の関係、研究者を解くことを望んでPMSの女性を彼らにPMSなしで女性と比較されるさまざまなホルモンの異常なレベルがあるかどうか見るために調査した。 1つの調査では、研究者はPMSの20人の女性はallopregnanoloneの減らされたレベルと共に月経のluteal段階の間にdehydroepiandrosterone (DHEA)および自由なテストステロンのハイ レベルが、よりあったことが20の制御(ロンバルディ2004年)分った。 Allopregnanoloneはプロゲステロンおよび影響の気分および行動に示されている活動的なneurosteroidの代謝物質である。

慣習的なエストロゲン プロゲスチン(総合的なプロゲステロン)の避妊具を使用して、多くの調査はPMSと関連付けられる徴候を制御するためにホルモン療法の役割を検査した。 これらのホルモンの準備が引き起こすのに女性が排卵の間にこうして起こるホルモン性の変動をとばすことを可能にするanovulation (排卵無し)の状態を、伴う徴候(メイヨー・クリニック2005年)使用され。 残念ながら、有効性の証拠は混合されている。

何人かの女性はプロゲスチンとの彼女達の徴候、か総合的なプロゲステロンを制御するように試みる。 これらの薬剤は一貫してよい結果を示さなかった。 但し、drospirenoneと呼ばれるプロゲスチンはPMSの処置のために導入された。 Drospirenoneは通常口頭避妊で使用されるプロゲスチンと別の源(17アルファのspironolactone)から得られる。 それにantimineralocorticoidの活動があり、こうして、他のあるホルモンの準備とは違う体重増加そして流動保持と、関連付けられない。

PMSの徴候を制御するホルモン調節に関しては生命延長は総合的なエストロゲンおよびプロゲスチンと達成することができるよりより自然なアプローチを支持する。 ヤマイモから得られる自然で、安全なプロゲステロンはプロゲスチンの代わりに使用することができる。 さらに、phytoestrogens、か植物から得られるエストロゲンそっくりの混合物はPMSの徴候の除去で効力を示した。 、偽薬制御の二重盲目、1つではランダム化された調査、大豆から得られたPMSの徴候を減らす機能のためにphytoestrogensは検査された。 2かの数か月後で、ボランティアは期間の間に偽薬(ブライアント2005年)と大豆プロダクトを取るとき減らされた頭痛、胸の柔軟性、けいれんおよび膨張を比較した経験した。

通常睡眠および不眠症と関連付けられるホルモンのmelatoninはまたPMSおよびPMDDの徴候の軽減の役割を担うかもしれない。 いろいろな気分および不安障害にかかわるMelatoninは性ホルモンおよび他のhypothalamic下垂体副腎軸線のホルモンと密接に関連している。 調査はmelatoninのレベルがPMDD (回避1989年)の女性間で低いことを示した。