生命延長血液検査の極度の販売

眩暈

参照

Baggio E、Gandini R、等安全のイタリアの多中心の調査および心不全のadjunctive療法として補酵素Q10の効力: CoQ10薬剤の監視の調査官。 Med Molの面。 1994年; (suppl 15): s287-s294.

Baloh RW。 一時的な眩暈: 中枢神経系の原因。 Curr Opin Neurol。 2月2002日; 15(1): 17-21。

Bertholon P、Faye MBの等温和なparoxysmal横の運河の定位置眩暈: 25人の患者の臨床特徴。 アンOtolaryngol Chir Cervicofac。 4月2002日; 119(2): 73-80。

Bir LS、Ardic FNの等眩暈の有無にかかわらず片頭痛の患者: 臨床およびelectronystagmographic調査結果の比較。 J Otolaryngol。 8月2003日; 32(4): 234-8。

Cesarani A、Meloni Fの等平衡の無秩序の処置のイチョウのbiloba (EGb 761)。 ADV Ther。 1998日9月10月; 15(5): 291-304。

Claussen CF。 めまいがするようなシンドロームのcraniocorpographyの診断および実用的な価値。 Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1565-1568。

ClaussenのCF、人の実験minocycline誘発の眩暈のビタミンB6のClaussen E. Antivertiginousの行為。 Arzneimittelforschung。 3月1988日; 38(3): 396-9。

Crespi V. Dizzinessおよび眩暈: 緊急治療室の疫学的な調査および患者管理。 Neurol Sci。 3月2004日; 25 (suppl 1): S24-S25.

daの肋骨SS、de Sousa LCの等Meniereの病気: 概観、疫学および自然史。 Otolaryngol Clinの北AM。 6月2002日; 35(3): 455-95。

de Sousa LCのMeniereの病気のPizaの氏の等診断: 定期的な、延長テスト。 Otolaryngol Clinの北AM。 6月2002日; 35(3): 547-64。

Dieterich M. Detectingの恐怖症の眩暈! MMW Fortschr Med。 1月2000日20日; 142(3): 26-9。

Eckhardt-Henn A、そうHoffmann、等「恐怖症の状態の眩暈」: psychogenic眩暈の状態のそれ以上の微分は必要なようである。 Nervenarzt。 10月1997日; 68(10): 806-12。

ElKashlan HKのTelian SA。 周辺システム無秩序のための診断そして開始の処置: 正常なヒアリングの不均衡そして目まい。 Otolaryngol Clinの北AM。 6月2000日; 33(3): 563-78。

Epley JM。 操縦の位置を変えるCanalith。 Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 11月1994日; 111(5): 688-90。

エルンストA、posttraumatic眩暈のBasta Dの等管理。 Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 4月2005日; 132(4): 554-8。

Goplen F、SH Nordahl。 温和なparoxysmal定位置眩暈。 Tidsskr Laegeforen。 6月2002日10日; 122(15): 1463-6。

ゴードンのCR、Joffe Vの等外傷性の温和なparoxysmal定位置眩暈: 診断および処置。 Harefuah。 11月2002日; 141(11): 944-7,1011-2。

Grontved A、Brask Tの等船酔いに対するショウガの根: 公開した海の管理された試験。 アクタOtolaryngol。 1988日1月2月; 105 (1-2): 45-9。

Grontved AのHentzer E.のショウガの根の眩暈減少の効果: 管理された臨床調査。 ORL J Otorhinolaryngol Relat Spec。 1986;48(5):282-6.

Haguenauer JP、イチョウのbilobaのエキスとの平衡の無秩序のCantenot F の等 処置: 多中心の二重盲目の薬剤対偽薬の調査。 Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1569-72。

Holtmann S、Clarkeああ、等。 ショウガの反動きの病気のメカニズム: 偽薬およびdimenhydrinateとの比較研究。 アクタOtolaryngol。 1989日9月10月; 108 (3-4): 168-74。

Issing W、Klein P、等。 homeopathic準備Vertigoheel対 年配の 人口の眩暈の処置のイチョウのbiloba: 二重盲目にされた、ランダム化された、制御された臨床試験。 J Alternの補足物Med。 2月2005日; 11(1): 155-60。

円のvectionによって引き起こされる乗り物酔いに対するショウガの留置権HC、日曜日WM、等効果および胃の遅波のdysrhythmias。 AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 3月2003日; 284(3): G481-G489.

Megerian CA。 endolymphatic hydropsの蝸牛な神経の直径: Meniereの病気の聴力損失の病因学のための含意。 Laryngoscope。 9月2005日; 115(9): 1525-35。

Oghalai JS、Manolidis Sの等年配の患者の認識されなく温和なparoxysmal定位置眩暈。 Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 5月2000日; 122(5): 630-4。

Orendorz-Fraczkowska K、Pospiech L、等物理療法およびイチョウのbilobaのエキス(Egb 761)とのvestibular 受容器の減損 のための結合された処置の結果。 Otolaryngolポール。 2002;56(1):83-8.

Parnes LS、Agrawal SK、等温和なparoxysmal定位置眩暈(BPPV)の診断および管理。 CMAJ. 9月2003日30日; 169(7): 681-93。

Raponi G、Alpini D、等。 Meniereのシンドロームに於いての遊離基およびplasmatic酸化防止剤の役割。 Intの耳鳴りJ.2003年; 9(2): 104-8。

Salvenelli F、Firrisi Lの等温和なparoxysmal定位置眩暈: 診断および処置。 Clin Ter。 9月2004日; 155(9): 395-400。

Semaan MT、Alagramam KN、等。 Meniereの病気およびendolymphatic hydropsの基礎科学。 Curr Opin Otolaryngolの頭部の首Surg。 10月2005日; 13(5): 301-7。

Shulman A. Neuroprotectiveの薬療法: 耳鳴り制御のための医学および病理学の処置。 Intの耳鳴りJ. 1997年; 3(2): 77-93。

Takumida M、Anniko Mの等一酸化窒素に重点を置いて中耳療法のための病理学モデル。 アクタOtolaryngol。 1月2001日; 121(1): 16-20。

Takumida M、Anniko Mの等慣習的な療法の失敗の後のMeniereの病気のための根本的な清掃動物: パイロット・スタディ。 アクタOtolaryngol。 8月2003日; 123(6): 697-703。