生命延長血液検査の極度の販売

眩暈

眩暈への栄養のアプローチ

徴候として、眩暈は医者に会う理由常にである。 同時にしかし眩暈が主張する条件のために(例えば、Ménièreの病気)下記のものを含んでいる効果を妨害すると、いくつかの栄養素は考慮されるかもしれない:

  • 酸化防止剤—酸化防止剤はティッシュ、細胞膜およびDNAに対する遊離基の有害な効果を軽減する。 ビタミンC、ビタミンE、lipoic酸およびグルタチオンは最も重要な酸化防止剤間にある。 ビタミンCはグルタチオン(Takumida 2003年)を伴って与えられたときMénièreの病気の患者に対する有利な効果をもたらすために示されていた。 強力な酸化防止剤であるグルタチオンはMénièreの病気(Raponi 2003年)によって引き起こされる眩暈の処理で有効であるために示された。 グルタチオンがボディによって不完全に吸収されるので、生命延長基礎はN acetylcysteineおよびlipoic酸を含むグルタチオンに前駆物質を、持って行くことを推薦する。 しかしそれは幾分矛盾した結果を用いる眩暈に於いてのLグルタミン酸塩の役割が調査されたこと無益である。 眩暈のある形態と関連付けられるneurotoxicityがグルタミン酸塩(Takumida 2001年)によって仲介されるという証拠がある。 薬剤をグルタミン酸塩妨げてまた眩暈(Shulman 1997年)のための処置として提案された。
  • ビタミンB6—調査はビタミンB6を使用してビタミンB6が眩暈(Claussen 1988年)のこの形態に対して保護を提供するようであることを提案する薬物誘発の眩暈および悪心に対する肯定的な効果を報告した。
  • イチョウのbiloba— vestibular受容器の減損によって引き起こされる眩暈がイチョウのbilobaのエキスによって減らすことができることがポーランドの研究者は分った。 彼らの調査に従って、30日間イチョウのbilobaのエキスの120 mgを毎日二度受け取った45人の患者ほとんど全員はvestibular損害を補うかなり高められた機能を示し、続いて眩暈(Orendorz-Fraczkowska 2002年)の少数のエピソードを経験した。 これらの結果は受け取った患者は80 mgのイチョウのbilobaのエキス毎日二度65% (Cesarani 1998年)多く減った彼らの眩暈および目まいがあったことが分った研究者が行った初期の作品を確認した。 プラスの結果はまたさまざまな原因(Claussen 1986年の眩暈の人々の試験にあった; Haguenauer 1986年; Issing 2005年)。
  • 補酵素Q10 (CoQ10)はCoQ10の50から150毎日mgとの処置の3かの数か月だけ後に眩暈の発生の—鬱血性心不全、73%を用いる2664人の患者の多中心臨床試験の間の…減少を報告した(Baggio 1994年)。
  • ショウガ— (徴候として眩暈を含んでいる)ショウガを取り、乗り物酔いの引き起こされた乗り物酔いベテランの遅らせられた手始めに服従し、そしてより短い回復時間(留置権2003年)を報告したボランティア。 これらの結果は他の調査によってショウガが乗り物酔いおよび準の眩暈(Grontved 1986年、1988年)を減らしたことを示されていてこと確認された。 1人の研究者はショウガの肯定的な効果が本当らしかった胃システム(Holtmann 1989年)に対する効果の結果ことを仮定した。