生命延長スキン ケアの販売

聴力損失および耳鳴り

理解の聴力損失および耳鳴り

伝導性およびsensorineural 組合せである 聴力損失は伝導性、sensorineural、または混合されてである場合もある。 聴力損失のタイプは影響される耳の解剖部品に関連する(外、中間かまたは中耳)。 通常中耳損傷が突発性難聴(Medwetsky 2007年)で起因する一方、外および中耳への損傷により伝導性の聴力損失を引き起こす。

伝導性の聴力損失

外および中耳の伝導性の聴力損失は外耳で伝染、外傷、生来の奇形または腫瘍によりによって引き起こすことができる。 中耳炎、また大人に影響を与えることができる共通の幼年期の病気は共通のタイプの聴力損失をもたらす耳の伝染の1つである; 同様に、上部の呼吸器管のウイルス感染は耳に影響を与え、一時的な聴力損失を引き起こすことができる。 tympanic膜への外傷、interpretable神経学的な信号に音波の翻訳を助ける中耳の構造の1はまた伝導性の聴力損失で起因できる。 tympanic膜は綿棒(例えば、Q-tip®)、空気圧(中耳の圧力傷害)の伝染および突然の変更のような異物によって(Weber 2012年)引き起こすことができる直接外傷によって傷つかれるようになることができる。

突発性難聴

中耳への損傷は通常そのうちに進歩する聴力損失に責任がある。 ヒアリング能力のPresbycusis、か年齢関連の悪化は年配の個人(黄2010年)の両側の高周波ヒアリングの漸進的な損失によって、示される。 Presbycusisはまた耳鳴りと関連付けられ(耳ですなわち、鳴る)。 過度のノイズによりまた次第にそのうちに増加できる突発性難聴を引き起こすことができる。 大きい音は遊離基及び余分なグルタミン酸塩の外傷そして蓄積による両方耳の敏感な構造を損なったり、また細胞内のマグネシウムおよびカルシウム レベル(Prasher 1998年)を変える。 伝染およびdiseasecan Meniereと呼ばれる条件はまた中耳損傷および突発性難聴(Weber 2012年をもたらす; メイヨー・クリニック 2010年)。

耳鳴り

耳の耐久性がある鳴る感覚によって 特徴付けられる耳鳴りとして知られている条件は聴力損失と密接に関連がある。 耳鳴りがいろいろな原因によって誘発することができるが場合の大半は聴力損失(ロバーツ2010年)と関連付けられる。 研究者はまだ耳鳴りの後ろのプロセスを理解するために働いている。 1つの普及した仮説は音が時、準ニューロンのいくつか部分的に失う発砲からのそれらを保つ抑制的な規則を渦巻管の有毛細胞(頭脳のためのinterpretable信号に音波の翻訳を助ける専門にされた神経細胞が毛小胞によって混同されないため)損なわれるときである。 その結果、これらのニューロンは頭脳が耐久性がある騒音として感知するという信号を送る。 この仮説を支えることは耳鳴りに苦しむ多くの人々が彼らのヒアリングの欠損に同じまたは同じような頻度である彼らの耳で「鳴ることを」感知することである。 その結果、聴力損失をもたらす同じようなプロセスはまた耳鳴りをもたらすかもしれない; 従って、聴力損失を防ぐ介在はまた耳鳴り(ロバーツ2010年)を防ぐかもしれない。