生命延長スキン ケアの販売

黄斑の退化

 

慣習的なAMDの処置

乾式の黄斑の退化は次第に成長する。 酸化防止剤、ルテインおよびゼアキサンチンとの補足は国民の目の協会および他の人々乾燥した黄斑の退化の進行を遅らせ、何人かの患者で、視力(タンAG 2008年)を改善するために提案された。

ぬれた黄斑の退化はもっとすぐに成長できる。 患者は徴候が現われた後処置をすぐに要求する。 ぬれた黄斑の退化のための最近まで有効な処置がなかった。 反管Endothelialの成長因子の(反VEGF)代理店と呼ばれる新しい薬剤は直接目(Chakravarthy 2006年のガラス質ユーモアに注入されたとき異常な血管の退化を促進し、視野を改善できる; Rosenfeld 2006a、b; そのうち2011b)。 光力学療法が、早段階癌を根絶し、末期の癌の腫瘍サイズを減らすのに腫瘍学で使用される全身の処置はまたぬれたAMD (Wormald 2007年)を扱うのに使用されていた。

反VEGF薬物。 Macugen®、Lucentis®、Avastin®、および他はぬれた黄斑の退化のための最も新しく慣習的な処置である。

VEGFの主要な役割は新しい血管の形成を引き起こすことである。 それはまた発火を高め、液体を血管から漏らせる作用する。 ぬれた黄斑の退化では、VEGFは網膜の黄斑区域の異常な血管の形成を刺激する。 未処理に去られたらこれらの血管から出血し、漏り、そして傷つくことは結局光受容体、また急速な視野の損失への不可逆損害を与える。

すべての反VEGF薬物は同じように働く。 それらはに結合し、VEGFの生物活動を禁じる。 VEGFの行為を防ぐことによって、それらは効果的に異常な血管の形成を減らし、防ぐ。 従ってそれらはまた漏出の量を減らし、maculaで膨れることを減る。 これらの行為はぬれた黄斑の退化を用いる患者の視野の保存をもたらす。

現在使用される3つの反VEGF薬物がある。 Pegaptanib (Macugen®)はVEGF (Chakravarthy 2006年)の最も危ない形態の1つである特定のタイプのVEGFによって呼ばれるVEGF 165に選択式に結合する。 Macugen®はぬれたAMDの処置のための食品医薬品局(FDA)によって承認された。 それは6週毎にあるintraocular注入によって管理される。

Ranibizumab (Lucentis®)はまたFDA公認ぬれた黄斑の退化を扱うためにである。 Lucentis®はVEGFのすべての形態を禁じる。 Lucentis®は月例intraocular注入によって管理される。

Bevacizumab (Avastin®)はLucentis®に類似して、VEGFのすべての形態を禁じるために働く。 Avastin®はmetastatic癌(のためのFDAによって現在他の体の部位に広げた)癌承認される。 この薬剤は一般的ですが、ぬれたAMDのためのFDAによって承認されない。 Avastin®の費用はおよそ90%他の2つの代理店よりより少なくである。

VEGFがまた乳癌の悪い予想と関連付けられたので、Avastin®は処置として前に使用された。 但し、11月2011afterの乳癌の処置のためのAvastin®の引っ張られた承認へのFDA 4つの臨床調査(FDA 2012年)の検討。 これらの調査は薬剤が乳癌患者の全面的な存続か遅い病気の進行をかなり延長しないことを結論した。 Avastin®のための厳密な臨床試験は国民の目の協会によって行われている。 Lucentis®は患者が視野と関連しているある特定の規準を満たす限りイギリスで自由に利用できる。 反VEGF代理店の行為のメカニズムが類似しているが、処置間の成功率は変わる。 Macugen®が最初に承認されたときに、患者の70%それ以上の厳しい視覚損失(Gragoudas 2004年)無しで安定した。 Macugen®は視野を改善するためになかった。 Lucentis®はMacugen®の結果で改良した。 Lucentis®の患者の95%彼らの視野を保ち、1年間の処置を完了している20/40にLucentis®の患者のほぼ40%は彼らの視野を改善するか、またはよくする(Rosenfeld 2006b)。

Avastin®は使用された以外ラベルであり、メーカーがAMDのための薬剤の承認を追求することを計画しないのでLucentis®かMacugen® (狩猟案内人2006年)同様に完全に調査されなかった。 但し、多くの網膜の専門家はことをLucentis® (Rosenfeld 2006b)のAvastin's®の効力の平行信じる。

Lucentis®、Macugen®およびAvastin®はすべてintraocular注入によって管理される。 すなわち、これらの薬物は目に直接注入される。 注入は目の表面の後で清潔になり、殺菌した与えられる。 何人かの医者は注入前に抗生の低下を与える。 麻酔の形態は通常管理される。 これは低下の形でまたは目のまわりの麻酔薬の非常に小さい注入として与えることができる。 非常に良い針は実際の注入の取得数秒だけ使用され。

まだ1年の期間にわたる視力の同じ改善を提供している間第4 intraocular反VEGF処置、2011年11月に承認されるVEGFのトラップ目はLucentis®と比較される少数の注入を要求するようである。 月刊雑誌(そのうち2011b)に投薬している2,400人以上の患者の試験では、intraocular注入が2か月毎に投薬したVEGFのトラップ目はLucentis®と同じ利点を提供した。

可能な複雑化は激流の網膜の取り外しそして開発である。 高いintraocular圧力は通常注入一般に1時間以内の決心に続く。

intraocular注入の可能な悪影響は100つの注入毎に(Rosenfeld 2006b)の1%以下で行われる。 しかし悪影響が行われるときいく視力に非常に深刻、脅すでも。 1つの可能で不利な反作用はendophthalmitisとして、時々視野の損失か目への厳しい損傷をもたらす眼球の内部ティッシュの発火知られているである、深刻な眼感染症。

光力学療法(PDT)はpremalignant、早段階癌を根絶し、末期の癌の腫瘍サイズを減らすのにいろいろな専門家が腫瘍学で使用する全身の処置である。 PDTは3つの主要部分を含む: photosensitizer、ライトおよびティッシュの酸素。

感光性にする代理店はある特定の波長のライトが集中される解剖区域に指示されるとき活動的になる薬剤である。 それはぬれた黄斑の退化のための公認の処置で、subretinal neovascular容器のある特定の独特な特性を利用するより広く好まれた処置である。

正常な血管によって比較されて、neovascularティッシュは光力学療法で使用される感光型の薬を保つようである。 薬の後で、verteporfin (Visudyne®)は周辺静脈に例えば、注入された、maculaの異常な血管を検出し、異常な血管の蛋白質にそれ自身を付けることができる。 感光性薬剤をようにverteporfin活動化させる特定の波長のレーザー光線は約1分の目を通して集中する。 verteporfinがレーザーによって活動化させるとき、maculaの異常な血管は破壊される。 これは周囲の目のティッシュへの損傷なしで起こる。 正常な網膜の容器が少しだけverteprofinを保つので、異常なsubretinal容器は選択式に破壊される。 血か液体は漏らし、促進するためにmaculaを傷つけることができない(Wormald 2007年)。

verteporfin PDTがぬれたAMDの進行を遅らせる間、より新しい反VEGF療法は多くの患者で視野の改善を示した。 組合せ療法は病気(ミラー2010年)のある特定のクラスで(PDT +副腎皮質ホルモン+反VEGF)約束を、特に示した。

レーザーPhotocoagulation。 レーザーのphotocoagulation (LP)はぬれたタイプAMDのための有効な処置である。 但し、LPは明示されている、か「古典的な」subretinal neovascularization、ぬれたタイプAMD (そのうち2011a)とのそれらの25%だけの現在の処置に限られる。 資格がある患者では、LPは未来の視野の損失を防ぐことで有効である、しかし視野を元通りにするか、または改善できない。 さらに、choroidal neovascularizationは処置の後で繰り返し、それ以上の視野の損失(Yanoff 2004年)を引き起こすことができる。 LPはatrophic (乾燥した) AMDでよく動作しなかった。

外科。 Subretinal外科はAMDのために試みられた。 ある外科は血およびsubretinal neovascular膜の取り外しの方に連動になった。 物理的にmaculaを転置し、より健康なティッシュのベッドに動かすように試みられる別のタイプの外科。 全体的にみて、研究の調査は外科の結果がつまらないことを示す(Bressler 2004年)。 ずっと視野は外科(Hawkins 2004年)の後で一般に改良していない。 さらに、外科複雑化の頻度そして厳格は受け入れがたいほど高い一般に考えられた。

遅い2010年に、FDAはImplantableミニチュア望遠鏡( IMT)と呼ばれた末期のAMDの 何人かの患者の視野を改善するために装置を承認した。 IMTは1つの目だけの外科によって自然なレンズを取り替え、2X拡大を提供する。 他の目は周辺視野のために使用される。 FDAの承認が後外科1のそして2年のに、患者の75%基づいていた臨床試験では多くの2ラインの彼らの視力で改善を、60%改善した3ラインにつき彼らの視野を持ち、40%視力検査表(ハドソン2008年およびwww.accessdata.fda.gov)の4ラインの改善があった。

各人は黄斑の退化のために利用できるさまざまで慣習的な処置に別様に答えるかもしれない。 患者の見通しから、彼/彼女の医者と治療上の計画を論議ことはできるために完全にぬれた黄斑の退化および処置を理解することは非常に重要である。 特定の処置の計画は各患者の必要性および病気の活動に合うべきである。

反VEGF療法の出現は、例えば、ぬれた黄斑の退化を用いる患者については重要な進歩として見られた。 それらがあなたの特定の場合のために適切であるかどうか定める反VEGF薬剤の利点そして副作用に関する専門家と話すことは重要である。 反VEGF黄斑の退化の処置は全身の効果を出し、目ことをからの「漏出」によって否定的に管の健康に影響を与えることができること、強い人間データによって支えられない推測があることが注意されるべきである。 従って黄斑の退化のための反VEGF処置を受け取ればあなたの心血管の健康を評価することは重要である。 例えば、最近心臓発作があったりまたは広範なアテローム性動脈硬化を経験する人は光力学療法またはレーザーのphotocoagulationを支持して反VEGF処置を避けることを選択するかもしれない。 反VEGF処置を受け取っている個人は70-85のmg/dL間の100つのmg/dL、絶食のブドウ糖、等の下に低密度脂蛋白質(LDL)のレベルを含んでいる最適の心血管の健康のプロフィールを目標とするべきである。 あなたの心血管の健康の支持のより多くの先端のために、私達のアテローム性動脈硬化および心循環器疾患の議定書を読みなさい。