生命延長スキン ケアの販売

目の健康

目の理解

適切な視野はいくつかの器官の健康に、目自身を含む、支える左右され、頭脳の目、視神経および視覚入力(メルク2013年)を感じ、解釈するさまざまな部分を動かす筋肉。

目は次の部品(メルク2013年から成っている; Swartz 2014年):

  • Sclera: 目の外の層; それは頻繁に「目の白と言われる出現で繊維状そして白い」。
  • 結膜: sclera上の目の前部で取付けられる透明な膜を薄くしなさい。
  • 角膜: ライトが角膜によって入り、部分的に集中する目の前部中心のドーム形の地域。
  • 生徒: ライトが送信される目の中央黒い点。
  • アイリス: 回状は包囲された光条件に応じて生徒のサイズを制御する目の区域を着色した(アイリスは薄暗いライトに応じて生徒を膨張させ、明るいライトに応じて生徒を圧迫する)小さい筋肉に接続する。
  • レンズ: 生徒の後ろに置かれて、レンズはライトを屈折させ、焦点を頭脳に視覚刺激を送信する目の方のそれ助ける; それは近く、遠い視野を可能にするために形を変えることができる。
  • ガラス質ユーモア: 透明な、ゲルそっくりの物質はその水で主として構成されてレンズと網膜(司教2000年)間の目の洞窟状の内部の部分を満たす。
  • 目の解剖学

    (WikiMediaの公有地2013年)

    網膜: 網膜は目の背部で取付けられ、化学反応と最終的に視神経によって運ばれる、電気衝動への白色光エネルギー特別な光受容体の細胞を含んでいる。 網膜の中心の近くの光受容体が豊富な区域はmaculaとして知られている。 maculaが網膜の区域で約3-5%だけを構成する間、網膜のこの地域は解像度のために重大である。 従って高い鋭利さの視野の決断のために合わせられる錐体細胞およびベストで豊富な中央置かれたmaculaと対照をなして周辺網膜の残りに高い鋭利さ(Yanoff 2011年)のイメージを検出する大いに悪い機能がある。

    網膜は棒および円錐形と呼ばれる2つのタイプの光受容体を含んでいる。 棒は円錐形より大いに多数で、低照度の視野、周辺視野および白黒視野に責任がある。 円錐形はカラー ビジョンに責任があり、網膜の中心で大抵分かれる。 光受容体の細胞では、入るライトは視神経に入る電気神経衝撃に彼らが解釈される頭脳の背部に目交差させる視覚chiasmおよび旅行を変えられる(メルク2013年)。

    光受容体の細胞はmacular顔料(ルテイン、ゼアキサンチンおよびmesoゼアキサンチン)によって軽い損傷から(Krinsky 2003年保護される; 氷山 2002年)。 macular顔料は光受容体の細胞の上に青いライトを吸収し、遊離基の化学薬品(Yanoff 2011年を中和するために坐る; Chucair 2007年; Ehrlich 2008年; Nolan 2013年; Carpentier 2009年; Krinsky 2003年)。 Macular退化はmacula (Ehrlich 2008年への網膜の顔料そして減らされた血の流れの減らされたレベルを含むいくつかの要因によって特徴付けられる; Ferri 2014年)。

理解の視力

視力は普通ように別の数上の 1つの 数報告される; 例えば、20/20は「正常な」視野として考慮される。 Snellen図表(各々の進歩的なラインと減らす)手紙が付いている眼科医のオフィスの図表をである読む個人の能力に基づく数は断固とした通常。 しかし何が丁度この平均か。

比率の最初の数は彼または彼女がはっきり手紙を読んでもいい視力検査表からのフィートの個人の間隔を表す。 第2数は正視の人が図表を読むことができるフィートの間隔を表す。

従って、20/40の視力の評価は個人が正視の人が40フィートから読むことができるラインを読む図表から20フィートでなければならないことを意味する。 逆に平均よりよいの人の視野、彼/彼女20/10の視力の評価があるかもしれなければ個人が20フィートの図表を遠くから読むことができる意味は、正視の人はそれを読むために図表からの10フィートを立てる必要があったが(A.D.A.M. 2013年; AOA 2014a)。