生命延長ばねのクリアランス セール

激流

目標とされた自然な介在

酸化防止保護

グルタチオン。  グルタチオンはレンズの非常に高い濃度にあり、レンズの透明物のために必要であるので、レンズ(Giblin 2000年)の重要な内生酸化防止分子である。 グルタチオンは直接レンズの構造蛋白質の酸化を防ぐ反応酸素種および遊離基を掃除する; これはレンズ蛋白質への酸化損傷が重要な役割(Kamei 1993年を担うようである複数のタイプの激流で特に重要である、; Boscia 2000年)。  反応酸素種および遊離基を掃除した後、グルタチオンの酸化させた形態は専門にされた酵素(ルー2003年)によって容易にリサイクルされる。 私達が老化すると同時に、グルタチオンのリサイクルは漸進的に減る、減らされたグルタチオンのプールは減り、グルタチオンの酸化させた形態は造り上げ始める(Xing 2010年)。 これは紫外線露出の少量が激流(Giblin 2000年の遊離基の形成そして生成を運転できる核心として知られている大人レンズの中心で言うことができる; Spector 1995年)。 現在N acetylcysteine、lipoic酸、melatoninおよびセレニウム、自然にボディ(Atkuri 2007年の増加のグルタチオンの活動のようなほとんどの生命延長メンバーが、取る栄養素; Jariwalla 2008年; Limon-Pacheco 2010年; 江 2012年)。

ビタミンC。 別名アスコルビン酸、ビタミンCはROSおよび遊離基に「流し」として機能によってレンズの余分に酸化防止サポートを提供する。 その酸化させた形態、dehydroascorbic酸はグルタチオンによってそして間接的にグルタチオン(Giblin 2000年によって決まる反作用でアスコルビン酸に戻って、それから変えられる; ルー2003年; ミハエル 2011年)。 従ってレンズ内の適切な水分平衡を促進し、蛋白質の群生を防ぐために、ビタミンCおよびグルタチオンは協力すると考えられる。

目の健康のためのビタミンCの重要性はレンズのビタミンCの集中が血しょう(Ravindran 2011年)のそれらの高く20-30倍であることが分ることによって支えられる。 さらに、重要性は示す実験によってビタミンC (Giblin 2000年に再び変えられなければことをグルタチオンの原因をdehydroascorbic酸のマーク付きの増加リサイクルする、dehydroascorbic酸が動物のレンズで透明物の損失に引き起こすことができる酵素の抑制剤支えられ; ミハエル 2011年)。 女性のビタミンCとの長期食餌療法の補足の効果を検査する調査は10年にわたる補足がレンズのあらゆる位置でかなり早い年齢関連の激流の発生を減らしたことを示した。 重要なのは、この調査は医者の、そして診断の結果として推薦でビタミンCの補足を始めた人が、含まれていなかったことを確かめるために前に激流と診断された女性を除いた(ジェイクス1997年)。 多数の人および女性を含んでいた別の調査はビタミンCの、単独でまたは核激流(タン2009年)の開発から保護された他の酸化防止剤(ビタミンE、ベータ カロチンおよび亜鉛)とともにその高い消費を明らかにした。 4000人の関係者に登録した調査は激流(サイモン1999年)に26%の減少があったことを1つのmg/dL毎にのために血清のビタミンCで増加しなさいことを報告した。 さらに、5600人の個人に登録したインドの調査で、強い連合は激流(Ravindran 2011年)の高い血清のビタミンCのレベルと低い発生の間で見つけられた。

ビタミンB2。 別名リボフラビン、ビタミンB2はflavinのアデニン ジヌクレオチド(流行)の重大な部品である。 炭水化物および脂質の破壊に直接かかわる流行は適切な細胞エネルギー・バランスのために重要で、またbioactive形態に再びグルタチオンをリサイクルする酵素によって使用される。 食餌療法のリボフラビンの不足が激流(Bunce 1990年)に導く場合があることが複数の動物モデルで示されていた。 人間の複数の調査はリボフラビンが激流ことをの形成を防ぐことにおいて重要であることを報告した。 1つの調査では、最も低い取入口とのそれらと比べる最も高い食餌療法のリボフラビンの取入口を持つ女性は、激流(ロバPerlman 1995年)のためのより危険度が低いのがあった。 別の調査は最も高い食餌療法のリボフラビンの取入口を持つ個人は成長の激流(カミング2000年)のより危険度が低いおよそ50%があったことを報告した。

ビタミンE。 ビタミンEはアルファ トコフェロールおよびガンマ トコフェロール(Albanes 1996年を含む8つの化学形態に自然に、起こる; MayoClinic 2012年)。 それは明瞭な酸化防止特性を所有し、脂肪酸の故障の間に作り出される遊離基の蓄積を防ぐ。 それが脂肪質溶けるので、ビタミンEは遊離基およびROSの中和によって脂肪組織および細胞膜を保護する。 女性間の1つの調査は食糧からのビタミンEおよび補足の最も高い取入口とのそれらに激流(Christen 2008年)のより危険度が低い14%があったことを明らかにした。 40-79歳関係者を検査した別の調査はレンズのopacitiesをだったより低いビタミンEのレベル(Leske 1995年)を持つ人々でより頻繁明らかにした。 更に別の調査は血清のアルファ トコフェロールおよびガンマ トコフェロールの合計である総トコフェロールのレベルが激流(Lyle 1999年)を開発する減らされた危険と関連付けられたことを示した。

Lipoic酸。 証拠は有効な酸化防止lipoic酸が糖尿病性の激流の形成(包装業者1995年を防ぐのを助けるかもしれないことを提案する; Maitra 1996年; 小島 2007年)。 それが細胞およびティッシュの脂肪質溶け、水溶性区域で配られるので、lipoic酸はいろいろ遊離基(靭皮繊維1988年を中和する; 包装業者 1995年)。 Lipoic酸は2つの形態にある: R lipoic酸およびS lipoic酸。 これら二つの激流の形成(Maitra 1996年)を防ぐために、分離のR lipoic酸は示されていた。 両方の形態の混合物であるアルファlipoic酸と比べるR lipoic酸のより高い効力はレンズによってR lipoic酸の吸収の高い比率と関連しているかもしれない。

N acetylcysteine。 NアセチルLシステイン(NAC)は、アミノ酸のシステインの強力な酸化防止そして派生物である、レンズ(Wang 2009年)のopacificationを防ぐために示されていた。 NACはまたグルタチオン(Pizzorno 1999年の生産を支える; Zafarullah 2003年; Radtke 2012年)。 diallylの二硫化物とNACを、ニンニク オイル結合することによって、研究者で見つけられた主要なorganosulfideは後者が前の酸化防止特性を後押しできる組合せは激流(肇1998年)の形成を防いだことを発見し。 動物モデルではレンズのopacificationを防ぎ、激流の形成(Wang 2009年を禁じるために、NACは示されていた; Carey 2011年)。 別の調査は目薬として管理されたNACおよびグルタチオン エチル エステル(GSH-EE)の組合せがラット(チャン2008年)の初期でわずかに糖尿病性の激流の進行を禁じたことが分った。

Melatonin。  Melatonin、自然発生するホルモンは、レンズの酸化圧力を減らし、激流の形成(Yaqci 2006年から保護するために示されていた; Taysi 2008年)。 含まれるメカニズムがまだ定められることを持っているがグルタチオンの高められた生産か遊離基の直接掃気は含まれると考えられる(Abe 1994年)。 melatoninのレベルが年齢と低下すること、生命の後の一部分の激流の上昇の発生に照し合わせて与えられて、melatoninの補足は老化の個人(Abe 1994年)間の激流の防止のために有用であり。

Glycationの戦いの反作用および保護レンズ構造および機能

Carnosine。 派生物Nアセチルcarnosineの1つと共にCarnosineは 、glycationの反作用および酸化損傷の有効な抑制剤である; 効率的にレンズ(Hipkiss 2000年を突き通すことを示した; Babizhayev 2012年; Wang 2000年)。 グルタチオンのように、carnosineのレベルは年齢(Bellia 2009年と減る; Everaert 2011年)。 適度に高い濃度で、carnosineはレンズ蛋白質(Babizhayev 2009年)の紫外線誘発の集合を減少できた。 目薬として毎日二度 原則的に渡されたとき 、Nアセチルcarnosineの解決は糖尿病誘発の激流(Attanasio 2009年の遅れの手始めに示されていた; Shi 2009年;)。 

Nアセチルcarnosineの目薬はまた犬で有効であるために示されていた。 視覚改善はNアセチルcarnosine (ウィリアムス2006年)を含んでいる参加犬によって管理された目薬の80%で報告された。 Nアセチルcarnosineの目薬が激流(クウィン1992年の形成そして進行に対してかなりの保護を提供するかもしれない齧歯動物の人間の試験そして実験からの情報とともに取られて、ようである; Attanasio 2009年; Babizhayev 2009年; Shi 2009年)。

カルニチンおよびアセチルLカルニチン。 カルニチンはmitochondria、細胞のエネルギー発電所の正規関数に於いての必要な役割のすべてのほ乳類で見つけられる自然発生する、アミノの酸そっくりの混合物である; その派生物、アセチルLカルニチンは、強力な酸化防止で、戦闘のglycationの反作用(Reuter 2012年に示されていた; AMR 2010年; Swamy-Mruthinti 1999年)。 得られた人間のcataractousレンズの検査は約30%の最少のopacification (Gawecki 2004年)とのそれらより低いカルニチンの集中を持っている最も大きいopacificationを含んでいてレンズが増加したopacificationカルニチンの集中が減ったと同時にことを、示した。 激流の動物モデルでは、アセチルLカルニチンは強く化学薬品誘発のcataractogenesisを禁じた。 研究者はレンズ(Elanchezhian 2007年)内の酸化防止剤として役割にアセチルLカルニチンの効果を帰因させた。 それに続く調査では、この同じグループからの研究者はアセチルLカルニチンがまた「自滅」に対して守る、またはレンズの細胞(Elanchezhian 2010年)のapoptosisことを示した。 証拠はまたアセチルLカルニチンが本質的な酸化防止防衛メカニズム(Kocer 2007年)をことをupregulatingによって電離放射線の露出にそれに続く激流の開発から保護することを示す。

Bioflavonoids。  Bioflavonoids、正常で軽い屈折(頭部2001年を破壊する、レンズの細胞内の水の蓄積戦闘の助力によって激流で有利かもしれない酸化防止特性が付いている植物得られた分子のクラス、; Matsuda 2002年)。 具体的には、bioflavonoidの ケルセチン、人間の食事療法の最も広く消費されたフラボノイドは、糖尿病性の激流の開発を維持する、多数の細道で多分禁じるために示され、酸化圧力(McLauchlan 1997年に応じてレンズの透明物を機能する; Stefek 2011年)。 別の動物実検はことをレンズの透明物をレンズ(Ramana 2007年)内のカルシウム、ナトリウムおよびカリウム イオンのバランスをとることによって維持するのを助けられたケルセチン示した。

ビタミンB6。 ビタミンB6、かピリドキシンは、アミノ酸の新陳代謝およびDNA写しおよび修理に必要な核酸の統合に必要な重要な水溶性の補足因子である。 かなり糖尿病性レンズ(ジャイナ教の2002年の年齢の生産を減らすことを示した; Padival 2006年)。 しかし激流の患者の人間の調査はまだビタミンB6およびビタミンB1が全身の利点(Polizzi 2012年)を提案する白血球で糖尿病性の患者に示した組合せかなり禁じられたDNAのglycationを管理された試験行なわれる必要がある。

健康な目のための追加的支援

カロチノイド。  カロチノイド、植物で見つけられるタイプの顔料はライトを吸収し、紫外線の酸化効果に対して保護する。 複数のカロチノイドは、ルテイン を含んでゼアキサンチン および mesoゼアキサンチン 網膜のハイ レベルでだけでなく、あるが、また激流の形成および黄斑の退化(Arnal 2009年を防ぐのを助ける; 高2011年; Kijlstra 2012年)。 女性の大きいグループ、年齢の調査は45-71、その食餌療法のルテインおよびゼアキサンチンを明らかにし、これらのカロチノイドで豊富な食糧は外科(Chasan-Taber 1999年)を要求するために十分に厳しかった激流の危険を減らした。 人々>40の歳を登録した別の大きい調査はルテインおよびゼアキサンチンの高い食餌療法取入口とのそれらに核激流(VU 2006年)のためのより危険度が低いのがあったことが分った。 1802人の女性の別の調査では、血レベルのための配分かルテインおよびゼアキサンチンの食餌療法取入口の最も高いquintileの主題は(5分の1)多分32%最も低いquintileの女性と比較された核激流を持つためにだった(Moeller 2008年)。 激流を持つ17人の患者の小さい二重盲目の、ランダム化された臨床試験、ルテイン(15 mg、2年まで間3回ウィークリー)との補足では改善された視力(Olmedilla 2003年)と関連付けられた。

Bilberry。  Bilberryは酸化防止剤 および調整の炎症性プロセス(Tsuda 2012年として作用を含む人体のいろいろ有利な効果を、出す植物の顔料のアントシアニンで豊富である、; Karlsen 2010年)。 重要なのは、これらの炎症抑制および酸化防止効果は動物モデル(Miyake 2012年)の目の内で観察された。 黄斑の退化および激流のような年齢関連の眼疾患に傾向がある動物を含む実験モデルではbilberryのエキスの長期管理は完全に対照動物の70%が激流および黄斑の退化(Fursova 2005年)を開発した一方、レンズおよび網膜の減損を廃棄した。 Bilberryは人間の激流に対する効果を査定するためにまだ大きい試験で調査されることを持っているが制御された調査は利点をbilberryの補足と、単独でまたは目の健康を支える眼精疲労および緑内障(Kawabata 2011年のための他の栄養素を伴って関連付けられて見つけた; シム 2012年)。

緑茶および背部茶。 緑および紅茶は多くの人間の健康状態(Singh 2011年で調査されたポリフェノール呼ばれる酸化防止分子を含んでいるおよびカテキンと; Miyazawa 2000年; Kerio 2013年)。 複数の動物実験は緑や紅茶が激流の形成か進行を軽減できることを示す。 化学薬品誘発の糖尿病を持つラットの1つのそのような調査では、飲料水で管理された緑および紅茶は遅延の激流の開発にレンズ(Vinson 2005年)に対する高いブドウ糖の有害な影響の減少によって示されていた。 別の調査は緑茶のエキスが酸化防止防衛をささえた分り、動物モデル(Gupta 2002年)の化学薬品誘発の激流の発生をことが減らした。 化学薬品誘発の激流の動物モデルの同じような調査は緑および紅茶のエキスがレンズのopacification (Thiagarajan 2001年)の進行を遅らせたことを明らかにした。

Resveratrol。 Resveratrol、複数の植物で見つけられる自然なポリフェノールに(を含むブドウ、ピーナツおよびマツ)、酸化防止剤(Zheng 2010年)として機能による多数の医療補助がある。 化学誘発の激流の動物モデルではレンズの酸化圧力を減らし、激流の形成(Doganay 2006年)を抑制するために、resveratrolは示されていた。 Resveratrolは酸化圧力に服従した、老化(李2011年)の細胞マーカーを減らす人間レンズの上皮細胞文化の存続を高められたまた。 これらの効果は本質的な酸化防止酵素–スーパーオキシドのディスムターゼ、カタラーゼおよびヘムのオキシゲナーゼ(Zheng 2010年 )の 活動を高める 機能によって 説明できる。

セレニウム。  セレニウムは人体内の多くの生物的機能の跡のミネラル複雑である。 調査はセレニウムがレンズ(朱2012年)ことをの酸化圧力の低下によって激流の開発を遅らせることができることを示した。 セレニウムはレンズの酸化損傷をいかに防ぐか付加的な調査が定めるように要求されるがグルタチオン(Chada 1989年のリサイクルを高めることを、示した; パン屋 1993年)。