生命延長スキン ケアの販売

強迫性の無秩序(OCD)

OCDの処置

OCDがセロトニン伝達によって仲介されると信じられる複数の不安障害の1つであるので処置は頻繁にセロトニンの後押しのレベルに焦点を合わせる。 セロトニンの受容器の高密度は恐れおよび心配の調停にかかわる頭脳の区域に(例えば、海馬および扁桃体)あり、従ってこれらのニューロンの活動を減らすとこれらの受容器の刺激は信じられ恐れの応答を減らす。 従って、OCDの処置は普通医薬品および栄養の補足を含むセロトニンの供給を、支える物質を含む。

OCDおよび他の不安障害を扱うのに現在使用される薬剤が通常3つの部門の1つに落ちる: 選択的なセロトニンのreuptakeの抑制剤(SSRIs)、三環系抗鬱薬およびベンゾジアゼピン。 ブラック ボックスの警告がこれらの薬剤の使用が子供および青年の自殺思考そして行動の高められた危険を運ぶ消費者に助言するすべての抗鬱剤のラベルで現われることを食品医薬品局(FDA)は発注した。

  • SSRIs。 SSRIsは神経ターミナルに多数の5 HT受容器を刺激するためにセロトニンが利用できる残るようにする5 HT)禁じる、またはのreuptakeをセロトニン(5-hydroxytryptamine。 これは気分の高度および心配の徴候の減少で起因する。 塩酸クロミプラミンはOCDのための最初のFDAによって承認されたSSRIだった。 他のSSRIsは、フルオキセチンを含んで、fluvoxamine、paroxetineおよびsertraline、同じような効力を示した。

    SSRIsにより例えば)より少数の副作用をより古い抗鬱剤(tricyclics引き起こしがちであるが、副作用なしではない。 SSRIsを取り始めるがこれらの徴候は通常数週間後に消えるとき何人かの人々悪心、下痢、撹拌、または胃の不調を経験する。 およそSSRIsを取る15にから患者の20%に重要な不眠症および性機能障害(減らされたリビドー、遅らせられるまたは不在のオルガスムが)のである多くの個人のための同様に問題ある。 体重増加は何人かの患者に起こるかもしれない。

  • 三環系抗鬱薬。 三環系抗鬱薬はノルアドレナリン(頭脳の神経伝達物質)のreuptakeを禁じ、セロトニンのreuptakeを禁じることによって働く。 TricyclicsはOCDの処置で含んでいる塩酸アミトリプチリンおよび塩酸クロミプラミンを使用した。 より穏やかな副作用は危ない悪影響は不整脈および握りが含まれているが目まい、眠気、乾燥した口および体重増加が含まれるかもしれない。 三輪の使用はSSRIsより大いにずっとそれ以上に体重増加と関連付けられる。

  • ベンゾジアゼピン。 ベンゾジアゼピンが鎮静剤、筋肉relaxant、抗てんかん薬およびantianxiety効果を引き起こすのに使用されている。 ベンゾジアゼピンはOCDおよび他の不安障害の処置のSSRIsと主としてまだ時として使用されるが、取替えられた。

ホルモンおよびOCD

いくつかの調査は異常なホルモン レベルがあるためにOCDの人々は本当らしいこと、そしてホルモンがOCD (Altemus 1999年)をことを誘発するか、または悪化させることの役割を担うかもしれないことを示した。 例えば、何人かの研究グループはエストロゲンのレベルが最も高いときOCDの女性がpremenstrual期間の間により悪い徴候を経験しがちであることに気づいた(Rapkin 2002年)。 エストロゲンはOCDを悪化させるかもしれない他の感じおよび心配を促進するために知られている。 人の間で、少なくとも1つの場合のレポートは性ホルモン(Eriksson 2000年)のレベルを非常に減らしたantiandrogenic療法の巧妙な処置のある。

これらの調査に基づいて、広範囲のホルモンのテストおよび訂正は個別に保証されるかもしれない。 estrogenicである女性は、またはエストロゲンの上昇値が、高いエストロゲンのレベルのバランスをとるとプロゲステロン療法が考慮するかもしれないある。 プロゲステロンは心配を禁じるために知られ、OCDでとりわけテストされなかったが、他の病気の発作の機能活動は徴候(Herzog 1999年)を減らすのを助け。

さらに、pinealホルモンのmelatoninは有名人間の睡眠を引き起こすためにである。 少なくとも1つの調査はストレス・ホルモンのコルチソル(Monteleone 1995年)の上昇値と共にOCDの人々がmelatoninのレベルを弱めがちであることを示した。

非薬剤のアプローチ

他の処置のアプローチは、精神療法を含んで、練習薬剤および栄養療法に加えてまたは処置の選択としておよびリラクゼーション法、慣習的な薬物が失敗したら使用することができる。

精神療法。 OCDの何人かの人々特定のタイプの行動療法との成功があった。 露出および応答の防止呼ばれる1つのアプローチは(ERP)、長続きがする効果をもたらすことをそして意欲的最もよくはたらくことをであるそして処置についての積極性をようである患者で持つ。 ERPは慎重に直面する機能するか、または救助を得るために儀式化からの彼らの恐れられていた目的にか考え、そしてリフレイン患者を備えていることを含む。 強迫的な手の洗濯機は、例えば、心配が減ったまで汚染され、かもしれない数時間の間洗浄することを避けるようにせき立てられる信じる目的に触れるために頼まれるかもしれない。

調査では、OCDの113人の患者は7か12週間グループの露出そして応答の防止療法に加わった。 調査官は固定観念、強制および不況の改善が処置の終わりに処置の両方グループおよび長期フォローアップで明白だったことが分った; また、それは2グループ(Himle 2001年)の間で結果かなり異ならなかった。

ERPが薬物(塩酸クロミプラミン)または偽薬といかに比較するまたはいつ塩酸クロミプラミンかと結合されて見るためには、multisite、ランダム化された、制御された試験がOCDの122人の大人の12週間行なわれた。 調査官は応答(徴候の減少と定義される)または赦免(処置の後の最低の徴候)に興味があった。 処置の終わりに、グループ塩酸クロミプラミンだけまたは偽薬ののよりERPのグループにかなり多くの応答機そしてremittersがあった。 単独で赦免の点では、58% ERPと塩酸クロミプラミンのグループのそれを、グループERPだけの52%、塩酸クロミプラミンだけグループの25%、およびどれも偽薬のグループ(シンプソン2006年)の達成された赦免達成しなかった。

OCDのすべての患者がから寄与しないし、ERPのアプローチを容認しない。 それらのために、認識介在は選択であるかもしれない。 患者が彼らの確信および考えるパターンを変えるように試みるOCDのための認識行動療法はただ最近調査されてしまった。 調査はOCDと59人の患者のERP療法そして認識行動療法の効力を比較した。 患者は任意に12週間ERP療法か認識行動療法を受け取るために割り当てられた。 治療後および3ヶ月のフォローアップで、両方のグループの回復状態は58から76%まで及んだが、2グループ(Whittal 2005年)間に重要な相違がなかった。

練習。 練習の治療力は頻繁にヘルスケアの専門家によって押売りし、さまざまな調査はこの推薦を支える。 3つの別々のメタ分析の検討では、調査官は毎日の有酸素運動の少なくとも21分に加わった患者が心配(Petruzzello 1991年)の減少を経験したことが分った。 第2調査は規則的な練習がOCD、恐怖症および他の精神障害に苦しむ人々を助けるかもしれないことに注意した。 調査官が1981年に遡る不安障害および練習の調査を検査したときに不況を緩和するために有酸素運動の助けの強さの訓練、ランニング、歩く、および他の形態が穏やか取り除き、また心配および薬物乱用(Tkachuk 1999年)を扱うのを助けるかもしれないことが分った。

弛緩の技術。 70年代に始まって、証拠は弛緩の技術が(例えば、黙想および自己催眠)圧力および心配(Benson 1978年)を減らすことができること集まった。 弛緩の調査の1つの問題は承諾および伴う高い中退率である。 しかしこの問題は規則的に練習されたとき、黙想および他の弛緩の技術が圧力を取り除き、平静ことをの感じを作り出すことで有効である場合もあるという事実を否定しない。

yogic呼吸、黙想およびよい姿勢が気分、圧力の許容、福利および精神焦点(ブラウン2005年)を高めることを専門家の臨床調査そして観察は示す。 調査は不安障害(Shannahoff-Khalsa 2004年)のOCD、また広い範囲の処理で有効であると特定のKundaliniのヨガの議定書が見つけた。

ホルモン。 人および女性は両方異常なホルモン レベルに苦しんでいるかどうか見ると広範囲のホルモンのテストが考慮するかもしれない。 その場合、bioidenticalのホルモン療法は推薦されるかもしれない。 bioidenticalのホルモンのテストのより多くの情報のために、女性の ホルモンの復帰か 男性の ホルモンの復帰の議定書を 見なさい。