生命延長血液検査の極度の販売

注意欠陥/活発性過度の無秩序(ADHD)

背景

医学の無秩序として異常な幼年期の行動を扱うことの概念は18世紀まで遡ってとはいえ困難、幼年期の行動(テイラー2011年)か「病気」を構成するものがに関する典型的に対していままで常に日付を記入し、論争に満ちていた。 子供間のADHDの診断そして処置は、特に、熱く討論されたトピックに残り続ける今日条件の同様に多くの面が主観的の、病気を分類する異なったシステムは異なった国(Parens 2009年)からの医者によって頻繁に使用される。

neuroimaging技術の技術的進歩は科学者がADHDと診断される子供の頭脳を観察し、条件なしで青年のそれらと比較することを可能にした。 複数の調査はADHDの子供間の頭脳構造または機能の微妙な相違を識別した。 例えば、機能磁気共鳴イメージ投射(fMRI)を用いる調査はADHDの子供の頭脳ネットワークが健康な子供の頭脳(Massat 2012年)と比較される異なったパターンで活動化することを示した。 他の調査はADHDの子供の頭脳が非ADHD子供(De La Fuente 2013年と比較されるさまざまな頭脳の地域の容積または密度の変化を表示することを提案する; Pastura 2011年; Tomasi 2012年)。

証拠はADHDで観察されるメチルフェニデートのようなpsychostimulantの薬剤によって頭脳機能の変化の複数の面が減少することを提案する。 これは何人かの研究者を常態への頭脳のネットワーク構造そして活動の逆転が薬剤を入れるpsychostimulantの治療上の利点の下にあるかもしれないことを推測するために導いた(スペンサー2013年; Kasparek 2013年)。