生命延長スキン ケアの販売

歯肉炎 

慣習的な処置

歯肉疾患の処置は規則的なブラシをかけ、フロッシングから始まる。 きれいになり、監視のための歯科医に規則的な旅行を作ることもまた重要である。 ほとんどの歯科医は顎の骨の損失の進行を査定するために年次全口のX線を推薦する。 しかし生命延長はその放射能漏れについて長く医学のX線を経ることからの結果心配してしまった。 癌をもたらす場合がある、照射損傷DNAの低水準を出すX線。 ある歯科X線が必要な間、年次X線は勧められない。

小さい、定規そっくりの器械が付いている完全な歯周の調査はまた歯を囲むポケットを測定するために行われる。 健康なゴムでは、ポケットは3ミリメートル以下(インチの8分の1)測定する。 3から5ミリメートルを測定するポケットは歯肉炎の印を示す。 5ミリメートル以上測定するポケットはperiodontitisの開発を示す。 より多くの情報のために、生命延長のPeriodontitisおよび歯科キャビティ議定書を見なさい。

プラクおよび酒石の集結を取除く専門のクリーニングは少なくとも年に二度行われるべきである。 何人かの人々クリーニングをより頻繁にできていてもらう必要がある。 非外科深いクリーニングは特にゴムからかなりの痛みそして出血があれば、スケーリングおよび根平になることとして知られている時々異なった時に口のセクションで行われる2つのプロシージャを含む。 スケーリングは歯肉線の上下でプラクおよび酒石を取除く。 根平になることは細菌の集結を取除き、ゴムを歯に再び取付けるように励ますように歯根を滑らかにする。

口内洗浄剤。 歯肉炎を防ぐのを助けるのに口内洗浄剤が頻繁に使用されている。 葉酸の0.1%の解決を含んでいる薬用の口内洗浄剤は効果的に二重盲目の試験(パック1984年のゴムの発火そして出血を減らした; Vogel 1978b)。 原料のクロルヘキシジン(Peridex®、PerioGard®)を含んでいる規定の抗菌性のうがい薬がまた頻繁にゴムの発火を扱うのに使用されている。

Decapinolの®。 Decapinol®の規定の口頭洗浄は口頭表面に、歯垢の付着を減らす。 これは新しいプラクの形成を減らしたり、またそれを正常なブラシをかけることと取除くこともっと簡単にするあるプラクを壊す。 プラクの存在を減らすことはまたゴムに解放される細菌の毒素の量を減らす。 結果はプラクおよび歯肉炎の減少である。 Decapinol®は穏やかに抗菌性ただである、従って口頭細菌の植物相をひっくり返さない。

歯磨き粉。 歯磨き粉の多くのブランドの自然で、総合的な抗菌性の代理店はゴムを健康保つのを助けることができる。 自然な歯磨き粉は抗菌性の特性がある植物のオイルを含んでいる、間商業方式の提供キャビティを防ぐのを助けるべきフッ化物の利点。 ブランドのコルゲートTotal®-theの戦いのためのFDA公認の歯磨き粉だけtriclosan、歯肉炎(Niederman 2004年と関連付けられるプラクおよびポケット深さを減らすと証明される穏やかな抗菌を歯肉炎含んでいる; Davies 2004年)。

抗生療法。 抗生療法は単独で使用したまたは他の処置を伴ってまた歯肉炎を扱うために推薦されるかもしれない。 Atridox® (ドキシサイクリンのhyclate)、PerioChip® (クロルヘキシジンのgluconate)、およびArestin® (minocyclineの塩酸塩)は歯周ポケットに支え解放の線量で直接加えられる抗生物質である。 Periostat® (ドキシサイクリンのhyclate)と呼ばれた比較的新しい薬剤はスケーリングおよび根平になることを伴って使用のための1998年にFDAによって承認された。 口頭で取られて、Periostat®はコラゲナーゼの行為、歯およびゴム(リー2004年の破壊を引き起こす酵素を抑制する; リー 2004年)。

外科。 適切なブラシをかけ、フロスし、そして規則的な歯科クリーニングの勤勉な養生法が続かれれば、歯肉炎のほぼすべての場合は近いうちに逆転させることができる。 但し、高度の処置を困難にする歯肉炎、か条件で、次の外科処置は助けることができる:

  • Curettage -感染させたポケットの病気にかかったゴムのティッシュが擦れるプロシージャ、直るように感染させた区域がする。
  • 折り返しの外科-ゴムを酒石の集結を取除くために引っ張ることを含む。 ゴムはそれにより小型の深さを減らす歯のまわりでそれからようにティッシュ適合きちんと、縫われる。
  • 導かれたティッシュの再生-骨およびゴムのティッシュの成長を刺激し、頻繁に折り返しの外科を伴って行われる。 このプロシージャでは、網そっくりの生地の小さい部分は骨とゴムのティッシュの間で挿入される。 これは骨があるべきである区域に成長からのゴムのティッシュを保ち再び取付けるように骨および結合組織がする。
  • 柔らかいティッシュの接木-薄いゴムを補強するか、またはゴムが退いたティッシュを取り替えなさい。 通常口蓋から取られる接木されたティッシュは、影響を受けた区域に縫われる。

過酸化水素。 多くの歯磨き粉に含まれている過酸化水素はgingival折目およびギャップ間に隠れている細菌に達する機能のために貴重である。 過酸化水素はまたあるうがい薬に歯肉炎を減らし、歯(Hasturk 2004年)を白くするために加えられる。 過酸化水素は歯科医療で幾年もの間効果的に使用された。