生命延長スキン ケアの販売

歯肉炎 

歯肉炎および心臓病

歯肉疾患と心臓病間に明確な連合がある。 2004調査は心循環器疾患の患者の91%また適当に厳しい歯周病(Geerts 2004年)に苦しんだことが分った。 歯肉疾患の人々に健康なゴムとのそれらより心臓病の25%大きい危険がある間、研究者はただ最近このリンクのための考えられる原因の覆いを取り始めてしまった。 研究者は全身の炎症性応答を誘発する血流に今炎症性であるその歯肉疾患、原因親炎症性化学薬品の解放信じる。 アテローム性動脈硬化はまた炎症性病気であり、心臓病のために危険をまた高める同じ要因の多数はC反応蛋白質(CRP)、フィブリノゲンおよびコレステロール(ウー2000年)を含む歯肉疾患のために危険を、高める。

この理論は示した5000人の関係者を含む最近の調査によって血流に入る口頭炎症性マーカーは全身の発火(Noack 2001年)を励ましたことを支えられた。 この大きい調査はまた歯周病および体格指数が心臓病ことをの危険の査定のCRPの増加されたレベルと共同で関連付けられることを確認した。