生命延長スキン ケアの販売

Endometrial蟹座

慣習的な処置

外科は隔離されたendometrial癌の処置のほとんどの場合支柱である。 放射線療法、ホルモン療法および化学療法は外科をこのような場合補足するのに使用されるかもしれないが外科が治療効果があってまずない再発か広められた癌の処置に於いての役割の多くをする(ライト2012年; Arora 2012年; パン屋 2007年)。

外科

段階Iのendometrial癌を持つ患者は普通子宮摘出術(ieの子宮の取り外し)を経る。 癌性損害の最高の取り外しを可能にするためには、卵管および卵巣はまた両側のあるsalpingo卵巣切除術(BSO) (Lewandowski 1990年と呼ばれるプロシージャで取除かれる; Juretzka 2005年)。 腹部(腹部の子宮摘出術)を通る子宮の取り外しは前のプロシージャが外科医が直接腹部壁およびキャビティを検査し、バイオプシー(ライト2012年のためのティッシュを取除くことを可能にするので腟の子宮摘出術上のある利点があるかもしれない; Amant 2005年; Arora 2012年; Kristensen 2004年)。 Laparoscopic子宮摘出術は人気を得たより少なく侵略的な選択である。 この技術は視覚化のための腹部そして専門にされた器械で小さい切り傷およびティッシュ(Fram 2013年の取り外しを含む; Kaiser Permanente [日付がない])。

放射線療法

単独で外科が危険度が低いendometrial癌を持つ女性のよい処置の選択の間、病気の後期を持つ患者は放射線療法(RT)を伴って普通特に危険度が高い病気(Creutzberg 2011年)があれば、BSOを経る。 放射は外的なビーム(EBRT)の使用によってまたは内部的に植え付けられる装置で普通提供される(ieの腟のbrachytherapy) (口うるさい人2000年; Nout 2010年; Creutzberg 2011年)。

化学療法

化学療法は子宮の後で患者に規定されるかもしれ、局部的に影響されたティッシュは外科的に取除かれる。  高度の女性はおよび/または再発endometrial癌paclitaxel (Taxol®)、doxorubicin (Adriamycin®)であるcarboplatin (Paraplatin®)を含むかもしれない、および他普通所定の化学療法の薬剤(Akram 2005年; Duska 2005年; Randall 2006年; Shimada 2007年)。

endometrial癌患者の40-60%が化学療法に最初に答えると多数が、再発少数の数か月だけ後に現われるかもしれないが。 初期のendometrial癌の経験の再発を用いる患者のおよそ10-15%。 ある調査は高度の病気(Emons 2000年の約50%の再発率を報告した; Amant 2005年; Odagiri 2011年)。

ホルモン療法

エストロゲンがendometrial癌の開発そして進行を促進できるのでプロゲスチンと呼ばれた総合的なプロゲステロンそっくりの薬剤との処置は開発された最初のpharmacologic介在の1つだった(ルイス1974年; Apgar 2000年)。

総合的なプロゲスチンは丸薬形態で普通口頭で管理されたり、またmedroxyprogesteroneのアセテート(MPA、またはDepo-Provera®) (Hesselius 1981年の場合にはように筋肉内で、注入することができる; Kaunitz 1994年; Apgar 2000年; Ushijima 2007年; 公園 2013年)。 総合的なプロゲスチン療法は腫瘍がプロゲステロンのターゲット分子を表現するendometrial癌患者、プロゲステロンの受容器(戴2002年で有効であるためにただ示されていた; 戴2005年; Punnonen 1993年; Creasman 1993年; 福田1998年; Banno 2012年)。

癌治療のこの形態は外科を経ることができない患者に普通癌が診断(Apgar 2000年の後で子供がいたいと思う出産年齢の女性に起こる時要求する一時しのぎの処置を、または管理される; Emons 2000年; Banno 2012年)。 病気として厳密に監視される総合的なプロゲスチン療法の必要性の患者はこの処置(ACS 2013b)の最中または後で進歩できる。

自然なプロゲステロンはまた主に細胞分化と関連しているendometrialティッシュの複数の抗癌性の効果を、出す。 1つの実験調査では、endometrial癌細胞へのプロゲステロンの管理はp21およびp27として知られていた新陳代謝の調整装置の活動化によって癌細胞拡散を減らした。 さらに、広げるのに癌細胞が正常なティッシュに付し、使用する複数の細胞付着の分子の表現の減少に導かれるプロゲステロンとの処置(戴2002年)。 段階Iと12人の女性に続いた1つの調査では、プロゲステロン含んでいる子宮内装置を置く36かまで月間1つのendometrial癌を起因した8人の患者(Montz 2002年)の6の12か月に否定的なバイオプシーで等級別にしなさい。

endometrial癌細胞を使用して実験調査はプロゲステロンがビタミンDのターゲットことをの表現をupregulatingによってビタミンDの反腫瘍の効果を増加したことが、ビタミンDの受容器(リー2013年)分った。 endometrial癌細胞(Nguyen 2011年)の腫瘍の成長そして転移の抑制を助ける蛋白質の重要なupregulationに導かれるビタミンD (ie、1,25-dihydroxyvitamin D3)の変形を伴って活動的な形態の別の実験室調査、同時管理およびプロゲステロン。 これらの陰謀的な結果は調査がまだこの仮説をテストするために持っているが達成あるendometrial癌のためのプロゲステロン療法を経ている女性が最適の範囲ことをに25-hydroxyvitamin Dの彼女達の血レベルの保障によってより好ましい結果をできるかもしれないことを提案する。