生命延長血液検査の極度の販売

Endometrial蟹座

診断および足場

Endometrial癌は頻繁に異常な腟出血以来の初期、よくみられる症状、プロンプトの女性で始まった後彼女達の医者をすぐに訪問するために検出される。 医者がendometrial癌を疑えば、複数のテストは含んでいる診断の確認を助けることができる(Amant 2005年; Kawana 2005年; レンツ2012年; A.D.A.M. 2012年; MayoClinicStaff 2013年;  NCI 2010年; Denschlag 2010年):

  • プロシージャは膨張およびcurettageを呼んだ(頚部の広がり、細胞のサンプルを取り出すためにendometriumを擦ることを含むD及びC)、
  • endometriumのバイオプシー
  • endometrial液体の検査
  • (結果が頻繁にendometrial癌の初期で正常であるが)骨盤の検査
  • Transvaginal超音波
  • Hysteroscopy (子宮の内部の検査のために可能にするプロシージャ)

Pap汚れからの異常な試験結果がendometrial癌の疑いを上げるかもしれないがPap汚れの結果はendometrial癌の限定的な診断のために十分ではない。 Pap汚れはendometrial癌のためのスクリーン テストではないし、異常な結果を示すとき付加的なテストは必要である(A.D.A.M. 2012年; NCI 2010年)。 

endometrial癌が発見されれば、病気の段階を定めるのに他の診断試験が使用されている。  現在、腹部の磁気共鳴イメージ投射(MRI)スキャンは病気(Shweel 2012年の範囲の正確な評価を得る重要で非侵襲的な診断イメージ投射アプローチである; はさみ 2012年)。 endometrial癌の第一段階はまだ子宮に制限される癌を示す; 第二段階は頚部に広がる癌を含む; 第三段階は子宮を越えてないまた骨盤でまたは大動脈の近くでローカル リンパ節に広がることを含むかもしれない骨盤区域の外で広がる癌を含む; そしてendometrial癌の第4段階は腹部キャビティで他の器官に腸およびぼうこう(ライト2012年を含んで向こう、広がることを含み、; Amant 2005年; NCI 2013年)。 

75-90%が報告されたと治療が高く評価するところで、endometrial癌の箱の75%段階Iで診断される。 但し、5年の残存率は段階の段階IIおよび30%までおよび10%以下の50%だけIIIおよびIV、それぞれである(Emons 2000年)。  

足場に加えて、endometrial癌は数序列制度(等級1-3)によって記録される。 等級3は最も積極的であるが、等級1は最少の積極的である。 より高級な腫瘍はより速く育ち、広がるためにが低級な腫瘍(NCI 2013年より本当らしい(転移する); A.D.A.M. 2012年)。