生命延長スキン ケアの販売

蟹座の放射線療法

電離放射線は何であるか。

癌治療に使用する放射はティッシュを通ると同時にイオンを形作るので電離放射線と呼ばれる。 イオンは電子(Dunne Daly CF 1999年)のゲインまたはロスによって電荷を得た原子である。 イオンにより細胞死か遺伝の変更を直接的または間接的に引き起こすことができる。 直接的な効果により生物学的に重要な分子の分子構造、本当らしいDNAの変更を引き起こす。 放射の間接行為は周囲のあらゆる生体物質とすぐに反応する反応酸素種相互に作用していると、または非常に反応および不安定な遊離基の生産に終って細胞の水分子と、起こり、細胞損傷(牙YZ等2002年)を作り出す。

この損傷は2つのメカニズム(ロスGM 1999年)によって細胞死をもたらす場合がある。 apoptosisとして知られている最初のプロセスは放射(Kerr JF等1994年)の少数の時間内の細胞死で起因する。 第2メカニズムは細胞死をそれからもたらす細胞拡散の細胞分裂そして阻止の放射線誘発の失敗である。 複数の酵素およびnonenzymatic酸化防止防衛メカニズムは細胞にあり、掃気によって余分な損傷およびこれらの反応酸素種(仲間JM等2000年)の不活性化を防ぐ。