生命延長血液検査の極度の販売

蟹座の放射線療法

放射線療法(放射線療法)の原則

放射線療法は電離放射線を用いる癌の処置である。 放射は腫瘍の細胞内のDNA (遺伝物質)の損傷によって働き、それらを分かれ、育つことなくさせる。 放射は頻繁に腫瘍を破壊し、病気(治療効果がある処置)を治すことを意図して与えられる。 但し、従って放射は腫瘍で指示されるが、腫瘍を囲む正常な、非癌性ティッシュがまた放射によって影響され、傷つくことは避けられない(Burnet NG等1996年)。 放射線療法の目的は正常で、健康な細胞(Emami B等1991年)への露出を最小にしている間腫瘍の細胞へ線量を最大にすることである。

療法が固体腫瘍を患者に完全な処置に与えることができないので巧妙な処置の結果のチャンスを改善するために放射線療法は外科か化学療法を伴って頻繁に使用される。 時々放射が苦痛または握りのような徴候を、取り除くのに使用されている; これは一時しのぎの処置(Hoskin PJ等1992年)と呼ばれる。