生命延長ばねのクリアランス セール

蟹座の放射線療法

外科および化学療法と共に、放射線療法(放射線療法)は癌治療の最も重要な方法の1つである。 すべての癌患者の少なくとも50%彼らの病気の間に放射線療法をいずれ受け取る。 現在皮の癌のような集中させた固体腫瘍を、頭脳扱うことを、胸、または頚部使用し、また白血病およびリンパ腫(トビアスJS 1992年)を扱うのに使用することができる。

従ってほとんどのタイプの放射は癌細胞をとりわけ攻撃しないし、腫瘍を囲む正常なティッシュに傷害を引き起こす。 悪影響は放射線療法の成功を限る重要要因である。 但し、プロトン療法およびCyberKnife®療法は腫瘍に激しく焦点を合わせるので正常なティッシュへの少し損害を与える放射線療法の技術的に進められた用紙である。

放射線療法の有効性は両方のradiosensitizersによって、朝鮮人参、グルタチオン、乳しよう蛋白質およびサメ肝油のようなgenisteinのような、クルクミン、緑茶および高熱およびradioprotectors、高めることができる。 特定の栄養の補足の全体的にみて、使用、薬剤そして他の作戦防ぎ、放射によって引き起こされる副作用を軽減し、扱うのを助けるかもしれなくそれにより放射線療法の有効性を改善する。