生命延長スキン ケアの販売

前立腺癌

前立腺およびPSAの高度に対する圧力の効果

一定期間にわたるPSAのテストで、私達は同じ実験室が使用されていること状況を混同して現在でであってはなりませんことを望み。 後者は前立腺に圧力を置き、不当にPSAの例えば、自転車の乗馬、オートバイおよび乗馬を上げる、および直腸の器械使用、例えば、endorectal超音波の調査かendorectal MRIの調査を含んでいる身体活動。129は 圧力およびPSAの読書の高度に無関係な前立腺に対する精力的な練習の効果の問題議論を呼び続ける。 ほとんどの調査は単独で練習に基づいてPSAの高度を130示さないし、 一部はレポートをPSAの上昇に対するバイクの乗馬の効果調査しない。131

置く活動によってPCの存在に関して影響を及ぼされなかったこと得られるPSAが有効な結果である前立腺のまたは影響を与える直腸の器械使用による活発な圧力は近くの前立腺深刻な含意があり、こと知っていて。

射精はPSAを高めることができる

さらに、私達はPSAの血の引くことに先行する48時間以内の射精がPSAを上げることができることがわかる。 より近いPSAの標本、もっと不当にPSA得る前の射精の時ある上がった。132

射精に対する効果が不必要であるかもしれないより詳しい調査をもたらすPSAの高度を説明するかもしれないところで表7は2.0-2.5という1回目のPSAの値の仮説的な患者を示したものだ(を含む前立腺のバイオプシー)。

最初にPSAの価値の重要性

有効なPSAの決定を得る重要性は医者が前立腺のバイオプシーとtransrectal超音波のような侵略的なプロシージャを含むかもしれないそれ以上の調査を提案するかどうか適切にである。 PSAにまた含意が限りにおいてPCの存在か不在ある時最初に絶対値の。 より少しにより2.0 ng/mLの1回目のPSAの価値はPCによってまれに関連付けられる。133,134

より少しにより2 ng/mLの最初のPSAの11,022の主題のクローフォードによる調査では等、少数により2.6%は3年のフォローアップの期間の間に4 ng/mLのPSAに(287)変えた。 それに対して、2.0から2.99の最初のPSAsの1,912の主題と3.0から3.99の最初のPSAsの1,147の主題に、4.0のPSAへの換算値かより高いの23.6%および66.0%、それぞれだった(表8)を見なさい。

テーブル8. 1回目のPSAのレベルは進歩的なPSAの上昇およびPCの診断の危険に関連している

最初のPSAのレベルが1.0か2.0よりより少しなら、1つに次の3年の内の4.0に上がるPSAの1.2%か4.5%ただチャンスがそれぞれある。 2.99までの1回目のPSAのレベルか3.99、23.6%および66%への危険の増加、それぞれ。

1回目のPSAは1ミリリットル(ng/mL)あたりNanogramsで及ぶ

0-0.99

1-1.99

2-2.99

3-3.99

忍耐強い数

6378

4644

1912

1147

平均年齢

62.8

63.4

64.5

64.6

PSA =年3*数(%)によって4.0

77(1.2%)

210 (4.5%)

451 (23.6%)

757 (66.0%)

*年までに累積。

自由なPSAのパーセント

PCのprediagnostic段階の1つの付加的な生物的考察は総PSAが亜単位でPCの存在についての疑いの私達の索引を上げるか、または下げることで特別な重要性がある構成されるという理解である。 基本的なピザこね粉およびチーズによって表される温和な前立腺の細胞からのPSAの正常な生産のpepperoniピザのようであるPSAの類似を考慮しなさい; これは自由なPSAまたは温和関連のPSAである。 PCによって関連付けられるPSAはpepperoniによって反映される; これはcomplexed PSAまたは癌関連のPSAである。 癌関連のPSAへの温和関連のPSAの関係はPSAを反映する呼ばれるテスト自由なPSAのパーセントで商業的に測定される(complexed PSAと自由な)合計するために本質的に温和関連のPSA (自由なPSA)の比率を。

従ってより大きいそこのcomplexed PSAの量あれば、より低い自由なPSAのパーセントおよびより心配している私達はPCはあること。 より大きい自由なPSAの量、より本当らしいプロセスは温和関連の1。 PCはあること私達がより少なく心配している感じる統計的なカットオフ ポイントは25%の自由なPSAのパーセントにまたはより高いある。135

自由なPSAのパーセントは臨床を分析するために特別で統計的な用具(人工的な神経網)が用いられるおよびPCの高い確率と関連付けられる実験室パターンことができるとき2.51 ng/mL.136が低い総PSAのレベルで自由なPSAのパーセント2.0 ng/mL使用すると低いPSAがとき有効なテストである。137は PSAD-TZのような他の用具との自由なPSAのパーセントの組合せPCを診断する極めて正確な方法で、年齢および前立腺の容積の可能性としては混同の要因の独立者である(後で論議されるため)。109

PCを持っている危険が前立腺の導かれたバイオプシーのTRUSPを経ることを正当化するべきであるかどうか表9はPCの診断について心配するそれらに有用な。138

次のデータは428人の調査の人口に基づいている。 このテーブルはPSAの範囲2.5-4.0および4.1-10.0で結果だけ示したものだ。 読者はでソフトウェア プログラムにそれ の外へ特定データ落下が この テーブルで示したら元の出版物138をまたはwww.pcri.org (I) PC用具参照するかもしれない。 特定の合計PSAの範囲および自由なPSAのパーセントのために、PCの危険が増加する年齢別グループと増加することに注目しなさい。

時間の次元--傾向の重要性

いわゆるprediagnostic歴史は頻繁にきちんと分析されたときが、高い確率を示す実験室情報を提供するPCは既に現在か不運にも疑われないか、または早い診断を確立するために多分追求されなかったことではなかった。 私達は非常により0.75 ng/mLの年PSAVの決定がPCの存在に関して赤旗を上げるべきであること、例えば知っている。 分析の正確さのために、そのような計算は1つのPSAの試金、同じ実験室設備で動かされている例えば、Tosoh、DPC、Hybritech、バイヤー、等を使用してなされるべきである。

PCを持っていることの確率の忍耐強い年齢、総PSAおよび自由なPSAのパーセントの表9.の相関関係

自由なPSAのパーセント

6.0-6.9%

7.0-14.9%

15.0-25%

>25%

忍耐強い年齢

総PSA

前立腺癌(%)の確率

50-59

2.5-4.0

84

23

10

2

60-70

2.5-4.0

94

47

25

6

71およびより古い

2.5-4.0

96

57

33

9

50-59

4.1-10.0

87

28

12

3

60-70

4.1-10.0

95

52

29

7

71およびより古い

4.1-10.0

97

62

38

11

 

10年間の先生のスティーブンStrumテストにわたるPSAの表10.の安定性

これらのPSAの価値は10年のスパンに得られた。 それらは健康な前立腺のPSAの微細な増加の知られていた文献に一貫しているかどれが最低の変更に示す。 PSA斜面はそのような状況で本質的に平らである。 1987に遡るより早いPSAのレベルは0.7-0.8の範囲にあったが、不運にもこれらの記録は先生の前の第一次医者によってStrum失われた。 (あなたの医療記録のバックアップを常に保ちなさい!)

日付

11/2/92

3/5/94

5/1/94

4/2/95

5/17/96

4/13/97

1/26/98

2/19/98

5/14/99

PSA

0.75

0.83

0.83

1.0

0.82

0.7

0.75

0.83

0.6

日付

8/4/99

9/6/00

8/31/01

9/4/02

PSA

0.73

0.571

0.66

0.75

PSAVおよびPSADTの決定は分析に選ばれるPSAのテスト間隔がおよそ6か月または多くのとき最も有効である。 但しこの文脈の圧力にとって重要である何が、そのうちにPSA傾向または斜面である。 連続PSAはPSAの進歩的な増加が生物学的過程が起こっているという心配を常に上げるべきであることを示すことを評価する。 それはこれは悪性か温和なプロセスであるかどうか提案するそのような増加の速度である。139

そのうちに健康な前立腺によって関連付けられるPSAの増加は小さい。 それらは血のPSAのより少しにより0.1 ng/mLの年(範囲0.055-0.128)平均増加になる。従って 140-142、非常により0.75 ng/mLの年PSAVの境界の使用はPCの存在についての心配の上昇でかなり寛大である。 表10は10年の間に私のPSAの価値を示したものだ。

PSA傾向か斜面は(またPSAの動力学か原動力と言われる)あらゆる1つのPSAの絶対値よりはるかに重要な生物的表現である。 そのような運動価値は時間の次元上のPCの患者の状態の活動的な変更を表現する。 実験室試験の結果の重要な変更点があるとき実験室試験の異常がその統治を委任するべきである起こることを意識して、確認の為に繰り返しのテストは明確な傾向がはっきり見られるまで要求されるべきである。 余りに頻繁に、PCを持つ患者は彼らの評価の重要な変更点を行なうには準備ができているまたは1-2のPSAに基づく管理は変わる。 これはまたPAP (prostatic酸のホスファターゼ)のような他のbiomarkersに、PCの患者を監視するのに使用する医者がかもしれないCGA (chromogranin A)、CEA (carcinoembryonic抗原)、およびNSE (ニューロン特定のenolase)適用する。

傾向はあらゆる病気の評価そして管理両方で重要である--前立腺癌を含んで。

何が患者のためのこの平均か。

前のパラグラフでは、1回目のPSAのレベルがのPCによってより少しにより2.0まれに関連付けられることが、そして、そのような患者で、PSAのテストが2-3年毎にすることができること強調された。 4.0 ng/mLよりより少しであるしかし少なくとも2.0 ng/mLべきでなくPSAの1回目の価値の患者は正常範囲内のPSAを持っているとみなされる。 正常な1回目のPSAのための指針は1.9までng/mLである。

PSAそして派生物が、PSAの速度のような、PSAのダブル タイム、PSAD (転移の地帯のための総腺および)、および自由なPSAのパーセント、生物的現実の私達の理解で器械であることがまた指摘された。 それは1頭の象の異なった部分を感じ、3匹の全く異なる動物を記述している3人の盲人の物語と同類である。 必要とされる何が象の物語、PCおよび他の健康問題の管理、軍事行動、およびあらゆる世界の挑戦の管理で、統一された概念を促進し、共同作用およびハーモニーの原則を具体化する統合的な思考様式である。

私達はまた自由なPSAのパーセントの調査結果を示した; それは2.0低いPSAのレベルですることができる。 PSAが2.0またはより高いために確認されているときこの見つけることはPCの早い診断および治療のより大きい確率を、重要である1回目のPSAの読書の情報とつながれてもたらすべきである。

自由なPSA、PSADTおよびPSAVの主題の付加的な読書は生命延長媒体によって出版され、www.lef.orgで利用できるプライマーで見つけることができる。

5. PCの患者の危険性評価

PCの診断がPCを示すティッシュのバイオプシーおよび顕微鏡の調査結果によって確立されれば医療記録の基礎は患者の本当の状態のより大きい理解を可能にするためにそれに加えられるより詳しい情報があるべきである。 この文脈では、状態は病気の実際の範囲、か病気の段階を示す。 PCは前立腺に実際に制限されるか、または多分精嚢および近くのリンパ節のようなローカル周囲のティッシュに侵入するために前立腺のカプセルをまたは突き通すか。 PCがより遠いリンパ節か骨に広げるか、または転移させたあらゆる糸口があるか。

ほとんどの専門家のオリエンテーションは腺内のPCを根絶するためにローカル療法の推薦の方にある。 これは前立腺の外科取り外しの後ろの推論の本質である--RP. 治療効果がある意思とPCを扱うことの方の他のわずかに地方である前立腺を扱うようにほとんどはまだ主に設計されている。 例えば、外的なビーム放射線療法(EBRT)はまた腺のまわりで前立腺自体、差益が試みるこの区域により遠い場所に脱出し、広がることをあるかもしれない腫瘍の細胞を殺すためにだけでなく、含まれている。 同じはcryosurgeryによって作成されるiceballsにあてはまる。143は ここの重大な概念ローカル手段がローカル病気を扱うことである。 病気の本当の範囲または段階の決定はPCの巧妙な処置の作戦の重大な変数の1つである。 例えば、病気が精嚢または近くの地方リンパ節(obturatorまたは内部iliacリンパ節)のようなティッシュの前立腺の外であれば、RPにPCを持つ患者の治癒のかなり減少されたチャンスがある。 同じはRTかcryosurgeryにあてはまる。 治療の大きいチャンスを持つそのような療法のために癌はメスの範囲内で、療法の放射の港の境界の内で、そしての周囲の内であるなる

放射線療法およびcryosurgeryのための付加的な制限要因はPCの量である。 腫瘍の容積はRTまたはcryosurgeryの機能に全体の腫瘍固まりを破壊する関係する。 同等化のこの第2変数が放射の粒子の鋭い能力に関連するかもしれない78,144,145は大きい腫瘍の中心に抵抗 処置への(放射線抵抗性と呼ばれる)相談する減少された酸素供給(低酸素の中心)があるという理解に(光子<プロトン<中性子) 146-148をまたは使用した。149,150は これ実際にRTにあると要因同様に重大cryosurgeryのではないかもしれない。 RTのこれらの面はプライマーで詳しく論議され、説明される。 読者はよりよくこれらの概念を理解するためにページを見直すようにプライマーの90-127推薦される。

明らかな理由のための患者と以下論議される第3変数、1は専門にもかかわらず医者の技術の可変性、である。 何人かの医者は他は技術で平均であり、他が平均以下まだであるが、ちょうど明白に明白で有能な芸術家である。

残念ながら、すべての医者は特定の処置の顕著な文献を引用するが、非常に少数は患者に性能の統計量の彼らの自身のスコアカードを示す。

診断および足場に関して付加的な変数がある。 これらの生物的観察の数は私達が癌プロセスについてますます学ぶように増加している。 これらの変数のいくつかは次を含んでいる。

ベースラインPSAおよびベースラインPAPはPCの私達の理解の台形である

プライマーはベースラインPSAおよびPAPの重要性のすばらしい深さに入る。 私を少数の顕著なポイントを作ることを許可しなさい。 PSAは天恵である。 PSAのような簡単で、安価な血液検査を通して開発を予測する他の共通の敵意がない。 しかし生命のすべてとあるので、PSAへ限定がある。

生命のすべては2研がれた剣である。

PSAの1つの主要な限定は間違いに応じてそしてPSAを上げ、誤報で多分起因する条件にそれを作るのは実験室試験であることである。 但し、1つは健康な前立腺がPSAの進歩的なか耐久性がある高度に応じて1ないであることを安全に示すことができる。 PCが根本的な原因でなければそのような状況で、そして前立腺炎またはBPH原因はある。 これらの条件はかなり多くの人の生活環境基準に影響を与える。 PCの研究にかかわる多くの科学者はまた前立腺炎がPCへ前駆物質であるかもしれないことを信じる。151,152

PSAと生じるかもしれない実験室の間違いに関して; これらはすべてのテストと起こるかもしれない。 目分量はテストがいつでも読むことを示せば、テスト再度繰り返され、次に繰り返されるべきである後どんな傾向が今明白なようである確認する短いある一定の時間それは心配であることだった。 私達にかかわるべきである生物的条件の存在の宣言においてとても重要ののはこの耐久性がある傾向である。

買物の病気の防止および処置の第5版
生命延長一年生植物登録簿を発注しなさい