生命延長血液検査の極度の販売

膵臓癌

革新的な薬剤の作戦

複数の革新的な薬剤の作戦は膵臓癌の処置のために最初に開発されなかったが、探検されたり成長および進行を妨げるために付帯的に示されていたFDAによって承認される薬剤を含む膵臓癌の処置のために、; これらは反糖尿病性の薬剤のmetforminおよび抗マラリア剤のクロロキンの 「以外ラベル使用」を 含んでいる。 クロロキンおよびmetforminが癌細胞(バズケズ マーティン2011年)ことをの起源そして自己更新の禁止によって前侵略的な前悪性の損害の膵臓癌の細胞の特性を除去できることが提案された。

  • クロロキン、抗マラリア薬: 以外ラベルの使用

クロロキン(Aralen®)は「autophagy」禁止によって、マラリアを世界的に防ぎ、扱うのに使用されている選択式に膵臓の腫瘍の成長を停止する(Zeilhofer HU 1989年)。 Autophagyは癌細胞が「自己食べるというプロセス」、でしたりまたは存続するために、自己のある部分分解する。 膵臓癌にautophagyへの独特な依存があり、腫瘍の成長(ヤン2011年)のためにautophagy要求する。 膵臓癌では、K-rasはautophagy運転する。 クロロキンはautophagyのこのプロセスを不活性にし、これにより膵臓癌のマウスの実験(Mirzoeva 2011年)で腫瘍退化および延長された存続を引き起こす。

これらの結果はすぐに膵臓癌の患者の臨床処置に翻訳可能で、緊急に必要とされた新しい治療上の作戦を提供する。 現在、Hopkinsの研究者は膵臓癌の処置の臨床試験にクロロキンを押している。

なお、クロロキンは放射線療法および化学療法にとりわけ癌細胞に感光性を与え、多分慣習的な癌療法(Solomon 2009年)の効力を高めることができる。

注意は肝臓の減損の膵臓癌の患者および/またはアルコール中毒患者によって出されるべきである。

  • Metformin: 反糖尿病性の薬剤、以外ラベルの使用

Metforminは膵臓癌の患者のための新しい処置の作戦として現れた。 Metforminは第一次反hyperglycemic効果(Nathan 2009年)のためにタイプ2の糖尿病(すなわち、非インシュリンの依存した糖尿病)の処置のために公認biguanideのクラスの世界的に薬剤である。

多くの調査は糖尿病により血でインシュリンのインシュリン抵抗性そしてハイ レベルを含む可能なメカニズムが付いている膵臓癌を引き起こすことができることを提案する。 さらに、タイプ2の糖尿病や肥満の巧妙な処置は高いインシュリンのレベルの減少によって膵臓癌の危険を減らす; インシュリンは癌の成長および膵臓癌のoverexpress insulin/IGF-1の受容器(Gallagher 2010年)を刺激するために知られている。

Metforminはantidiabeticおよびantitumor行為(Magruder 2011年)によって膵臓癌の危険を減らす。 複数の調査はmetforminのユーザーは(を含む糖尿病患者)膵臓癌(リー2011年)を開発するためのかなりより低く相対的な危険があったことが分った。 顕著、5つ以上の賛成のためのmetforminを取っていた糖尿病性の患者の膵臓癌の危険の62%の減少は報告された。 対照によって、長年の糖尿病の患者の長期インシュリンの使用は膵臓癌(李2009年)の高められた危険と関連付けられた。

臨床調査はmetforminがインシュリン抵抗性を減らし、乳癌(Jiralerspong 2009年)のためにneoadjuvant化学療法に続く完全な腫瘍の回答比率を高めることを示す。 癌のない3685タイプのイタリアの回顧のグループ調査はIIの糖尿病性の患者各々の5年のmetforminの露出がインシュリンおよびsulfonylureas (Bo 2011年)と比較された癌の死の重要な減少と関連付けられたことが分った。

臨床腫瘍学(ASCO)の会合の2011人のアメリカ人の社会でmetforminが存続を示される調査は延長する示し、膵臓の敵意および糖尿病(Hsu 2011年)を持つ患者の死の危険をことを減らす。 中央の存続はmetforminの常にユーザーのための11.5か月対16.6対決してユーザー、それぞれだった。

Metforminのユーザーは使用によりfolateおよびビタミンB12の不足両方(糖尿病性の患者(鈴の音2006年の30%までのすなわち、血清の総B12レベルの≤ 150 pmol/L)を引き起こすので彼らのビタミンB-12およびホモシステインのレベルを監視するように警告される; リー 2011年)。

膵臓の酵素療法

膵臓癌は食糧、深遠な減量および厳しい栄養不良からの栄養素の悪い吸収に終って膵臓の酵素(膵臓の不十分と名づけられる)、重炭酸塩の不足を、および胆汁塩、作成する。 幸いにも膵臓の酵素の補足はこの発生を非常に防ぎ、これらの患者(Imrie 2010年)の生活環境基準を改善できる。 栄養不良関連の疾病率および死亡率を避け、食事時間に患者の重量および栄養の状態を、口頭膵臓の酵素(腸上塗を施してあるminimicrospheres)との膵臓の酵素の取り替え療法は、(目指すduodenal内腔に栄養素の胃に空けることの時に十分活動的なリパーゼを与える)改善するために(Domínguez-Muñoz 2011年生活環境基準を非常に改善できる; Imrie 2010年)。

膵臓の酵素との臨床調査。 膵臓のヘッド地域のunresectable癌を持つ21人の患者のランダム化された、二重盲目の試験(疑われた膵管の妨害と)、大量服用の腸上塗を施してある膵臓の酵素の補足の8週および食餌療法の勧める防がれた減量。 膵臓の酵素の患者は偽薬の患者が3.7%を失った一方1.2%の(0.7 kg)体重を得た(2.2 kg)。 偽薬患者で悪化した一方改良される膵臓の酵素の患者の脂肪呼吸そして毎日の総合エネルギーの取入口(ブルーノ1995年)。 積極的な膵臓の酵素の取り替えは腸機能を最大限に活用し、膵臓癌の患者(アームストロング2007年)の栄養不良を防いで重要である。

COX-2 (Cyclooxygenase-2)抑制剤

COX-2酵素は膵臓癌(Tucker 1999年)で上がると見つけられる主要なangiogenic仲介人で、間接的に癌細胞が死ぬことを防ぐ(儲2003年)。 従って、COX-2酵素を抑制することは膵臓癌の細胞の伝播を禁じるかもしれない。 COX-2抑制剤のapricoxibは膵臓癌の処置(Strimpakos 2011抽象的な#227)のgemcitabineそしてerlotinibの効力を高めるために今調査されている。

COX-2レベルの選択的な減少は正常で健康なティッシュ(フェラーリ2005年)に有毒であることなしで化学療法および放射線療法両方への応答を改善する。

有名なCOX-2抑制剤、celebrexはテル・アビブ(ClinicalTrials.gov NCT00486460)の進行中の調査のgemcitabineそしてクルクミンと既に結合されてしまった。 膵臓の細胞ラインのその前臨床活動およびずっと他の癌細胞ラインはよくとり上げられる、商用化されている、および多くの癌の調査で積極的に調査されて。 CALGB 30203の調査では、celecoxibはCOX-2 (フェラーリ2006年をoverexpressed肺癌の患者に存続の相談するために利点示されていた; Dragovich 2008年)。

さらに、COX-2表現を生体外でそして生体内で減らすために示されていた 次の 栄養の 補足は 用いることができる(Gescher 2004年):

  • ガンマtocotrienolは COX-2表現防ぐ(Kunnumakkara 2010年)の減少によって人間の膵臓の腫瘍の成長を。
  • オメガ3の脂肪酸、特に油性魚で主に見つけられるEPAおよびDHAはCOX-2の生産をかなり禁じる。 EPAの処置は膵臓の腫瘍(Shirota 2005年)のCOX-2蛋白質の細胞内のレベルを減らす。
  • クルクミンは 高められた腫瘍の細胞死(レフAri 2007年)に終って膵臓癌の細胞のCOX-2表現を調整する。

癌治療のCOX-2阻止の詳しい議論のために、議定書の 癌治療を見直しなさい: 重大な要因

5ロックス(5 Lipoxygenase)の抑制剤

5ロックスの酵素は膵臓癌で(しかしない正常な膵管で)作り出され、成長(Hennig R 2002年)のために重大である。 5ロックスのレベルを減らすことは人間の膵臓癌の細胞ラインが防ぎ、apoptosis (細胞死) (Andersen 1998年)を増加することを引き起こす。

Zileuton の強力な5ロックスの抑制剤は、前臨床モデル癌細胞ラインのさまざまな代理店との共同作用を提案する。 CALGB 30203のその使用は、肺癌のeicosanoid調節臨床試験factorial設計されていた実験で有望がではなかった、膵臓癌に於いての役割は評価されないし、複数の前臨床ハムスター モデルは提案する膵臓癌で、単独でまたはCelebrex (Edelman 2008年を伴って活発かもしれないことを; Gregor 2005年; Wenger 2002年)。

癌治療の5ロックスの阻止の詳しい議論のために、議定書の 癌治療を見直しなさい: 重大な要因

膵臓癌のための免疫療法/ワクチン接種療法

膵臓癌のためのワクチンは化学療法を伴って使用されたとき再発や転移を後外科防ぎ、免疫反応を後押しし、臨床結果を改善するために用いられた。 複数は早い段階I/II臨床試験膵臓癌の処置で調査されるワクチンが安全ようで、十分容認したことを示した。 但し、免疫原性(ずっと免疫反応を作り出す能力)は可変的である。 存続データは免疫反応の誘導が延長された存続に関連し、ほとんどの臨床試験が免疫反応と関連付けられる高められた存続を示すことを示す(表1)を見なさい。 免疫組織によって確認される腫瘍の細胞によって表現された蛋白質が未知だったので全腫瘍の細胞が最初にワクチンを作り出すのに使用された。 但し、膵臓の腫瘍によって表現された蛋白質の同一証明は突然変異体K-ras、MUC-1、血管内皮細胞増殖因子の受容器2 (VEGFR2)、およびtelomerase (Koido 2011年のような特定のペプチッド ワクチンの生産を可能にした; Jaffee 1999年)。

段階I/IIの試験では、突然変異体K-ras (Abouアルファ2011年のペプチッド ワクチンを使用している高度の膵臓癌の患者のワクチン接種; Weden 2011年)、MUC1 (Lepisto 2008年; 山元町2005年; Ramanathan 2005年)、VEGFR2 (Miyazawa 2010年)、またはtelomerase (Bernhardt 2006年)は免疫反応とかなりおよびほとんどの場合、延長された存続関連付けられた。

臨床試験では、高度か非resectable膵臓癌を持つ患者は化学療法(gemcitabine)の組合せ療法によって個人化されたペプチッド ワクチン(Yanagimoto 2007年と扱われた; Yanagimoto 2010年) またはVEGFR2 (Miyazawa 2010年)。 組合せ療法は安全であるために多分標準的な処置(Kimura 2011年)に高度の膵臓癌の耐火物を持つ患者で有効示され。

突然変異体のK-rasのペプチッド ワクチン: 最近の段階では私は膵臓癌のための外科の後で長く総合的な突然変異体のrasのペプチッドを使用して、23人の患者種痘した調査する。 かなり、10年の存続は非種痘された患者(Weden 2011年)のグループのゼロ対20% (evaluable 20からの4人の患者) (0/87)だった。

granulocyte大食細胞のコロニー刺激的な要因(GM-CSF)を伴ってK-rasのペプチッドと種痘した切除された膵臓癌を持つ24人の 患者の別の最近の調査では、 中央の全面的な存続は20.3か月だった。 但し、ワクチンは安全、十分容認されたが、immunogenic応答(Abouアルファ2011年)を刺激しなかった。

膵臓癌の(高度の病気との38および10後外科)の48人の患者の段階I/IIの調査では、GM-CSFを伴う突然変異体のK-rasのペプチッドとのワクチン接種は免疫反応で起因し、存続(Gjertsen 2001年)を延長した。

膵臓および大腸癌のアジェバント療法として突然変異体のrasのペプチッド ベースのワクチンの段階II臨床試験は12人の患者と行われた(病気の証拠無しで)。 5人の膵臓および7人の大腸の癌患者は彼らの腫瘍のrasの突然変異に相当して突然変異体のrasのペプチッドと、種痘した。 11人の患者からの5人は肯定的な免疫反応を示した。 なお、答えた5人の患者は35.2+か月の中間の無病の存続および44.4+か月の中間の全面的な存続があった。 研究者はワクチンは安全で、特定の免疫反応を引き起こすことができそして全面的な存続(Toubaji 2008年)で肯定的な成果があることに注意した。

MUC1ペプチッド ワクチン: MUC1は非常に膵臓の腫瘍でoverexpressed、変異する糖蛋白質であり腫瘍特定の抗原およびターゲットを提供する。

段階I/II臨床試験はliposomal MUC1によってペプチッド荷を積まれた樹木状の細胞(DC)からワクチン接種に成っていることを評価した(樹木状の細胞に基づくワクチンのより多くの情報については次見なさい)。 膵臓12および胆汁の癌患者は第一次腫瘍の外科取り外しの後で種痘した。 MUC1特定の免疫反応は前処理をされ、進められた病気の患者で観察された。 種痘された患者は4年以上続かれ、12人の患者の4つは再発(Lepisto 2008年)の証拠なしでその時生きていた、すべて。

MUC1ペプチッドおよび(何人かの患者の低くMUC1特定の免疫反応でより多くの兆しの免疫反応を引き起こす) SB-AS2アジェバントが付いている切除されたか、または局部的に進められた膵臓癌を持つ16人の患者のワクチン接種は起因した。 さらに、15人の種痘された患者の2つは32かそして61か月(Ramanathan 2005年)のフォローアップの間の生き、自由に病気だった。

hTERT mRNAの樹木状の細胞(DC)ワクチン: hTERT (人間のtelomeraseの逆のtranscriptase)は樹木状の細胞(DC)ワクチン(Cui 2011年)を開発する理想的な腫瘍準の抗原である。 telomeraseのhTERTの亜単位を目標とする免疫療法は単一のhTERTのペプチッドとのワクチン接種の後で癌患者の強力な免疫反応を引き起こす。 完全な赦免は複数のhTERTのエピトープ(免疫組織確認されるに対するhTERT特定の免疫反応の誘導との膵臓癌忍耐強い準で抗原の部分報告された) (ズーゾー2011年)によって:

62歳のメスの患者は膵臓の腺癌のための根本的な外科を経た。 再発の後で、彼女はgemcitabineの処置の安定した病気を達成した。 厳しいneutropeniaが原因で、化学療法は中断された。 患者は3年間hTERT mRNAと荷を積まれたautologous DCsと続いて扱われた。 免疫変数はワクチン接種の後で規則的に監視され、臨床結果はCTおよびPET/CTスキャンによって査定された。 患者は複数のhTERT得られた抗原に対して免疫反応を開発した。 執筆の時に、彼女はPET/CTスキャンに基づいて活動的な病気の証拠を示さなかったし、規則的なブスター注入(ズーゾー2011年)を受け取り続ける。

Telomeraseのペプチッド ワクチンおよびGM-CSF: 段階I/IIの調査は非resectable膵臓癌を持つ48人の患者のtelomeraseのペプチッド(GV1001)ワクチン接種の安全、許容範囲および免疫原性を示した。 免疫反応は38人のevaluable患者の24で観察された。 1年の存続は中間線量のグループのevaluable患者のための25%だった。 このグループのための中央の存続は8.6か月(Bernhardt 2006年)だった。

GV-1001の注射可能なtelomerase (hTERT) MHCのクラスIIのペプチッド ワクチンは(GemVax著ように)、2007年に膵臓癌のための段階IIIの臨床試験を経るために報告された(NavaParada 2007年)。

HSPPC-96 (gp96、Oncophage): 切除された膵臓の腺癌を持つ患者のautologous熱衝撃蛋白質ワクチンHSPPC-96 (gp96、Oncophage)の段階Iのパイロット・スタディは行われた。 アジェバント化学療法放射も受け取らなかった10人の患者は4つの線量とのHSPPC-96と毎週種痘した。 中央の全面的な存続は2.2年だった。 10人の扱われた患者の3つは生きて、2.6の病気なしで、2.7、そして5.0年は追う(Maki 2007年)。 但し、報告されるフォローアップがずっとない。

CEAおよびMUC-1を目標としているPoxvirusワクチン: carcinoembryonic抗原(CEA)を目標とするpoxvirusesおよび高度の膵臓癌を持つ10人の患者のMUC-1の段階1の臨床調査は行なわれた。 結果は安全、よく容認されてであるために、poxvirusワクチンを高度の膵臓癌を持つ患者の抗原特定の免疫反応を発生させることができる示し。 中央の全面的な存続は6.3か月であり、人と比較された反CEA-やMUC 1特定の免疫反応を発生させた患者の全面的な存続の顕著な増加は注意された(3.9か月対15.1、それぞれ) (カウフマン2007年)。

個人化されたペプチッド ワクチン: HLA-A2のワクチン接種の下でgemcitabineの化学療法に、処理し難い膵臓癌のレバー転移の完全な赦免の例はsurvivinのペプチッドから得られたペプチッドを報告された制限した(Wobser 2006年)。

免疫療法は化学療法と結合した。 出現の証拠は慣習的な化学療法を伴って使用される免疫療法が臨床結果を改善するかもしれないことを提案する。 顕著、gemcitabineに直接antitumor (化学療法の)活動があるが、また癌の免疫療法のために有利な免疫学の効果を仲介する。 Gemcitabineの処置はimmunosuppressiveではないし、特定のワクチンへの応答を高めるかもしれ、または従って免疫療法はワクチンか他の免疫療法(版2005年)とそして結合できる。

血管内皮細胞増殖因子の受容器2 (VEGFR2)。 VEGFR2は 腫瘍のangiogenesisと膵臓癌の成長の必要な要因である。 高度の膵臓癌を持つ患者のためのgemcitabineを伴うVEGFR2のためのペプチッド ワクチンを使用して段階I臨床試験は(metastaticおよび/またはunresectable)行なわれた。 少なくとも1つの治療過程を完了したすべての18人の患者の中央の全面的な生存期間は8.7か月および病害対策率だった67% (Miyazawa 2010年)だった。

非resectable膵臓癌を持つ患者の最初のライン療法としてgemcitabineの個人化されたペプチッド ワクチン接種の段階IIの調査は行われた。 反応個人化されたペプチッド(最大4つのタイプのペプチッド)は未処理およびnonresectable膵臓癌を持つ21人の患者へのgemcitabineと管理された。 すべての21人の患者の中央の生存期間は38%の1年の残存率の9.0か月だった。 免疫反応は全面的な存続(Yanagimoto 2010年)によく関連した。

Granulocyte大食細胞のコロニー刺激的な要因GM-CSF)。 GM-CSFは臨床的に使用されるmyeloid成長因子および免疫の活動化蛋白質である。 腫瘍の細胞に挿入されるGM-CSFの遺伝子が患者を免疫にするのに使用されていた。 これらの遺伝的に変更された腫瘍の細胞はとりわけ患者のT細胞を活動化させる腫瘍のローカル環境のGM-CSFを、作り出す。

段階IIの試験は切除された膵臓の腺癌を持つ60人の患者に与えられたGM CSFベースの免疫療法の安全そして有効性をテストした。 免疫療法の処置は8与えられたから10週を5フルオロウラシル(5-FU)に先行している外科がchemoradiationおよびそれ以上の免疫療法を基づかせていた後。 中央の存続は24.8か月であり、免疫療法はよく容認された(ルッツ2011年)。

樹木状の細胞(DC)ベースのワクチン。 樹木状の細胞(DC)は有効な抗原示す細胞で、癌のTによって細胞仲介される免除そしてこうして免疫療法の極めて重要な役割を担う。 DCベースのワクチンは腫瘍の抗原に対して強い腫瘍特定の免疫反応を引き起こすことで安全、有効(すなわち、細胞毒素のT細胞の(CTL)応答)である(生体外でそして生体内で) (Dauer 2005年)。 処理し難い膵臓癌を持つ患者のための樹木状の細胞(DC)のワクチン接種そして免疫療法の長期結果は示された(Nakamura 2009年):

17人の膵臓癌の患者は九州大学およびYakuinカリフォルニア医院の免疫療法を経た。 6人の患者は1人の患者は白血球減少症のために外科切除の後で再発癌のための前の化学療法がなかったが、postoperative再発、11がだった転移が操作不可能な原因、16開発した化学療法抵抗力がある癌をあった。 免疫療法は11人の患者のそして6人の患者の化学療法のない化学療法と結合された。 免疫療法は2グループに分類された; lymphokine活動化させたキラー リンパ球(LAK)の活動化させたリンパ球(DCのワクチン接種療法)の結合された樹木状の細胞(DC)のワクチン接種および注入、または注入単独で(LAK療法)。 処理し難い膵臓癌のこの免疫療法は9か月の中央の存続で起因した。 DCのワクチン接種療法は単独でLAK療法よりかなりよい存続の期間を与えた。 結果はDCのワクチン接種を利用する免疫療法が処理し難い膵臓癌(Nakamura 2009年)を持つ患者の存続を延長するかもしれないことを提案する。

最近の調査はgemcitabine/S-1と結合されるDCのワクチン ベースの免疫療法が標準的な化学療法(Kimura 2011年)に高度の膵臓癌の耐火物を持つ患者で有効であることを示す。 このレポートでは、49人の患者からの38人はMUC1、CEAおよびCA125のような他のペプチッドの組合せの有無にかかわらずWT1 DCsのワクチン接種をペプチッド脈打った受け取った。 この組合せ療法前に、49人の患者からの46人は化学療法、放射線療法、または高熱と臨床効果なしで扱われた。 49人の患者の、2人の患者は完全な赦免(CR)が、5持っていた部分的な赦免(PR)をあり、10に安定した病気(SD)があり、中央の生存期間は360日だった。 DCワクチンを受け取っている患者およびLAKの細胞療法と化学療法の存続は化学療法しかしLAKの細胞を伴ってDCワクチンを受け取るそれらより長くなかった。 「化学療法と結合された樹木状の細胞ワクチン ベースの免疫療法は安全であるために多分」の標準的な処置に高度の膵臓癌の耐火物を持つ患者で有効示され、 (Kimura 2011年)。

別の最近のパイロット・スタディはDCベースのワクチン接種が付随のgemcitabineの処置(Bauer 2011年)を受け取る高度か再発膵臓の癌腫の患者のantitumor T細胞の応答を刺激できることを示した。 この調査で患者は膵臓癌のまたは一時しのぎの心配として再発の後でDCのワクチン接種のために資格があった。 12人の患者はDCのワクチン接種および同時化学療法を受け取った。 1人の患者は部分的な赦免を開発し、2人の患者は安定した病気を表わした。 中央の存続は10.5か月であり、厳しい副作用は行われなかった。 DCのワクチン接種はテストされたすべての患者の腫瘍反応細胞の頻度を高めた; 但し、変わるこの増加のある程度。 56か月の最も長く全面的な存続の患者は前ワクチン接種のantitumor T細胞の応答の存在が延長された存続と関連付けられるかもしれないことを示す腫瘍反応細胞の高周波があった。 5人の患者は1年をまたはもっと存続させた(Bauer 2011年)。

膵臓癌のための表1.ワクチン

ワクチン

患者

応答

参照

付随の化学療法 (gemcitabine)との樹木状の細胞に基づく

進む12または再発膵臓癌

1つの部分的な赦免(PR)、2安定した病気(SD)、中央の存続10.5か月

Bauer 2011年

5-FU chemoradiation のGM-CSFの後外科

60は膵臓の腺癌を切除した

中央の存続は24.8か月だった

ルッツ2011年

WT1、MUC1、CEAおよびCA125と荷を積まれる樹木状の細胞に基づく

Gemcitabine/S-1

49は標準的な化学療法に処理し難い膵臓癌の患者を進めた

2つの完全な赦免(CR)、SDとの5 PRおよび10。 中央の存続360日。

Kimura 2011年

hTERT mRNAの樹木状の細胞のワクチン接種

1忍耐強い後化学療法

完全な応答(PET/CTスキャンに基づく活動的な病気のすなわち、証拠無し)。

ズーゾー2011年

突然変異体のK-rasの長いペプチッド

23は膵臓癌を切除した

10年の存続は20% (evaluable 20からの4人の患者)だった。

Wedén 2011年

MUC1は樹木状の細胞にペプチッド荷を積んだ

膵臓12および切除された腫瘍を持つ胆汁の癌患者

4年以上続かれた12人の患者の4つは生きていた。

Lepisto 2008年

13-mer突然変異体のrasのペプチッド

病気の証拠無しの12人の患者; 膵臓5および大腸7

44.4+か月の35.2+か月そして中間の全面的な存続(OS)の中間DFS。

Toubaji 2008年

Allogeneicのシクロホスファミドが付いているGM CSF分泌の膵臓癌の細胞、単独でまたは順に

30は膵臓癌を進めた

gemcitabine抵抗力がある患者の中央の存続は単独で化学療法に類似していた。

Laheru 2008年

アジェバントGM-CSFが付いているTelomeraseのペプチッド

48は膵臓癌を進めた

中間線量のグループのevaluable患者のための1年の存続は25%だった。

Bernhardt 2006年

HLA-A2はSurvivinの抗原から得られたペプチッドを制限した

gemcitabineへの1つのmetastatic (レバー)膵臓癌の忍耐強い耐火物

8か月の持続期間のレバー転移の赦免を完了しなさい。

Wobser 2006年

個人化されたペプチッド ワクチン

11は膵臓癌を進めた

6 -および>3ワクチン接種を受け取った10人の患者のための12ヶ月の残存率は80%および20%、それぞれだった。

山元町2005年

SB-AS2アジェバントが付いているMUC1ペプチッド

切除される16または局部的に進められた膵臓癌

15の2つは膵臓癌の患者をだった32かそして61か月のフォローアップで自由な生き、病気切除した。

Ramanathan 2005年

樹木状の細胞はMUC1 cDNAとtransfected

高度の膵臓、胸、またはpapillary癌を持つ10人の患者

ワクチン特定の遅らせタイプのhypersensitivity (DTH)の反作用は10人の患者から3人に起こった。

Pecher 2002年

AllogeneicのGM CSF分泌の膵臓癌の細胞

14は膵臓癌を切除した

3人の患者はDTHの応答があった; 3人の患者は無病の診断の後の少なくとも25か月に残った

Jaffee 2001年

アジェバントGM-CSFが付いている突然変異体のK-rasのペプチッド

切除された10および38は膵臓癌を進めた

免疫があるの延長された存続-応答機はnonrespondersと比較した。

Gjertsen 2001年

DFS =病気は存続を解放する

Interleukin2とのPostoperative免疫機能の維持

膵臓癌は、他の多くの敵意よりもっとそう、目指すかなり資源および研究活動の献呈にもかかわらずここ数十年にわたる比較的悪い予想を保ち忍耐強い結果(Caprotti 2008年)を改善する。

膵臓癌が非常に恐れられていた病気に残る1つの理由は発癌性の膵臓のティッシュが直接患者の反腫瘍の免除の劇的な抑制および悪性の細胞(Caprotti 2008年の妨げられていない成長の手当で絶頂に達するボディ内の免疫反応を支配する細胞シグナリング分子の環境に影響を及ぼすようであることである; Hansel 2003年; エリオット2005年; Furukawa 2006年)。  この問題を悪化させることは早段階の膵臓癌を持つ個人のための処置の重要な面のそれ以上のその主要で侵略的な外科、弱める免疫組織(Caprotti 2008年)をである。 免疫組織のこのdualistic攻撃は頻繁に膵臓癌の患者のための悪い後外科存続を予告する。

よいニュースは癌の免疫学の研究の最前線の科学者が膵臓癌と関連付けられるimmunosuppressionに逆らうための作戦を明瞭にしていることである。

この前部の最も有望な様相は外科前に膵臓癌の患者に interleukin2と 呼ばれる免疫があ後押しのcytokineを管理することを含む。 Interleukin2はボディで自然に作り出され、主な生理学的な役割の1つは抗癌性の免除にかかわる免疫細胞即ちTリンパ球および自然なキラー(NK)細胞(Caprotti 2008年)の拡散を促進することである。

動物および人間の調査からの証拠は頻繁に外科に先行するちょうど数日の膵臓癌のための根本的な外科前にinterleukin2を、管理するそれをかなり軽減するその免疫機能の低下を妥協する結果(Wang 2013年を示す; Degrate 2009年; Uggeri 2009年; Caprotti 2008年; Nobili 2008年)。

根本的な外科のために予定された19人の膵臓癌の患者を含む調査では研究者は9つの主題の外科に先行する3日間interleukin2 (9,000,000のIU)を管理し他の10は術前のinterleukin2を受け取らないで外科を経た。 グループは両方とも年齢、性および病気の段階のためによく一致した。 interleukin2を受け取った主題の33%が外科に続く2年を存続させた一方、外科が10% だった前に interleukin2を受け取らなかったグループの2年の残存率。 さらに、postoperative複雑化はinterleukin2 (Angelini 2006年)を受け取らなかった患者のグループにより頻繁に起こった。

同じようでしかしわずかにより大きい調査では、30人の膵臓癌の患者は根本的な外科単独で(制御グループ)または3つの連続した日のinterleukin2 (12,000,000のIU)療法の先行する根本的な外科に割振られた。 Tリンパ球の計算は制御グループの続く外科(反映の減少された抗癌性の免除)でinterleukin2を受け取ったグループにかなり上がった一方、かなり下った。 3年のフォローアップの期間、進行なしの存続(病気の進行の証拠のない存続)および全面的な存続が両方interleukin2によって扱われた患者(Caprotti 2008年)でかなりより高かった後。

外科前の3つの連続した日間interleukin2の12,000,000のIUが9,000,000のIUより好ましい結果を提供するかもしれないようである。 外科を経ている31人の膵臓癌の患者の試験では研究者は3つの処置の変化を割り当てた: 外科外科の前の3日間interleukin2の外科の前の3日間interleukin2の単独で、9,000,000のIU、または12,000,000のIU。 外科の後で、12,000,000のIUのinterleukin2の線量に割振られたグループは9,000,000のIUを受け取った人より免疫学の能力の好ましい手段を表わした。 「この予備の結果完了される科学者は3つの連続した日間12,000,000のIUで外科が外科外傷の効果を廃棄し、膵臓癌の患者の正常なimmunofunctionを」回復できる前にことを術前のsubcutaneously IL-2免疫療法提案する(Uggeri 2009年)。