生命延長スキン ケアの販売

膵臓癌

膵臓癌のための慣習的な治療

膵臓癌は腫瘍学者のための最も挑戦的な癌の1つである。 膵臓癌のための典型的で慣習的な処置は化学療法、放射線療法、免疫療法、生物的目標とされた療法および外科を含んでいる。 化学療法および放射線療法は普通治療効果がないし、残存率のマイナーな増加だけほとんどの場合提供しない。 中央の存続はたった10-12か月(金2007年)である。 外科の慣習的な処置を経る患者、化学療法および放射線療法の5年の存続は約20%である。 但し、全面的な5年の残存率は患者の15%だけが外科(フィッシャー2011年)のために資格があるので、5%である。 そのような場合局部的に進められたunresectableまたはmetastatic膵臓癌と診断されて、一時しのぎ管理は普通目的(ゴーメッツ マーティン2011年)である。

外科

膵臓癌の患者の15%だけは彼らの腫瘍の完全な外科取り外し、Whippleの切除として知られているプロシージャのために資格があるかもしれない。 これは15%の死亡率および10%だけ(Snady 2000年)の5年の残存率の危険度が高いプロシージャである。 場合の操作不可能な85-90%のための中央の生存期間は頻繁に少数の月だけである。 これらの場合の管理は徴候の基づいている(一時しのぎの心配と言われる) 除去に

外科の前か後にさまざまな化学療法の薬剤が腫瘍のほとんどを取除くのに使用されるかもしれない。 放射線療法と結合される化学療法は膵臓癌(Snady 2000年)の標準的な処置で頻繁に使用される。

放射

強度によって調整される放射線療法(IMRT)のような放射線療法が、徴候の救助を提供するのに使用されなく、苦痛を改善し、そしてまれに存続(ゴーメッツ マーティン2011年)を延長する。 放射線療法の間に健康なティッシュの支持の情報に関しては蟹座の放射の議定書を参照しなさい。

突然変異体のrasの遺伝子が付いている膵臓の腫瘍の細胞は正常なrasの遺伝子(McKenna 2003年)が付いている細胞があるより放射とより殺しにくい。 但し、実験はFTI (farnesylのトランスフェラーゼの抑制剤)のtipifarnib (Zamestra™)がK-rasの突然変異の膵臓癌の細胞を放射(フセイン2009年の殺害の効果により敏感にさせたことを示した; Alcock 2002年)。 従って、食餌療法得られたrasの抑制剤および放射の組合せは放射線療法(Shi 2005年)を経るそれらのための治療上の利点があるかもしれない。

化学療法

Gemcitabine (Gemzar™)は過去十年それのための標準的な化学療法の代理店かなり改善しなかった平均残存率をだったが。 なお、化学療法により頻繁に毒性の耐え難いレベルを引き起こす。 外科の後のGemzar™の化学療法の6か月は9%から21% (Neuhaus 2008年)まで5年の存続を改善する。 Gemzar™が他の化学療法の薬剤(Xeloda™かcisplatin)、またはEGFRの抑制剤のような目標と療法と(Tarceva™かCetuximab™)結合される時でさえ、存続(フィッシャー2011年)に最低の改善がある。 支持された、しかし積極的なFOLFIRINOX (化学療法のカクテル)の臨床試験は6.8か月対(Gemzar™と)かなりより悪い副作用(Conroy 2011年)との11.1の中央の全面的な存続を作り出した。

膵臓癌gemcitabineのchemoresistanceは高められたNF kbの活発化と関連付けられる。 オメガ3の脂肪酸の有名な容量にNF kb (ロス2003年)を禁じ、腫瘍の細胞死を促進するgemcitabineのchemosensitivity (Hering 2007年)を元通りにするか、または促進する潜在性がある。 クルクミンはまたNF kbシグナリング(Yu 2011年)のdownregulationによってchemoresistanceを避けるのを助けるかもしれない。

膵臓癌の管理の抗凝固薬

高められた凝固は(凝血の形成か血栓症)膵臓癌の患者で共通で、生命にかかわる複雑化(Shah 2010年)を示す。 さらに、高度の膵臓癌は静脈のthromboembolism (VTE)を開発している患者の危険度が高いのと関連付けられる; 17%から57%まで発生範囲は貧乏人の予想(Yates 2011年と関連付けられ、; Pruemer 2005年)。 出現の臨床データは強く抗凝固薬の処置がthromboembolic複雑化の減少によって、また別の抗癌性の活動(Mandalà 2011年ことをによって膵臓癌の忍耐強い存続を改善するかもしれないことを提案する; Nakchbandi 2008年)。

膵臓癌は通常フィブリノゲンのレベルを上げることができる胆管の妨害と関連付けられる。 高いフィブリノゲンは血栓症の危険性を高め、また高められたinvasiveness、転移および悪い臨床結果と関連付けられる。 従って増加されたフィブリノゲンのレベルは血液凝固の高められた血小板の集合そして高められた危険で起因する(Wang 2009年)。

アスピリンは不可逆的にcyclooxygenase-1 (COX-1)を禁じることによって血小板の集合を(すなわちantithrombotic効果をもたらす)主に禁じる。 さらに、少なくとも5年間毎日のアスピリンの使用は(75 mgは持ち上げ、)膵臓癌による死を減らす。 利点は使用(Rothwell 2011年)の持続期間と増加する。

なお、最近のデータは1か日/月によりか同輩が膵臓癌を開発するかなり減らされた危険と大きいアスピリンの使用関連付けられることを提案する。 この連合はまた心臓病の防止(タン2011年)のための低線量のアスピリンを取った人のために見つけられた。

Preclinical調査はアスピリンが膵臓癌の細胞ことをの拡散の禁止によってかなり膵臓癌の開発を抑制することを、細胞周期の阻止によって生体外確認する。 生体内の調査はアスピリンが進行を遅らせる示し、NFkappaB活発化の阻止によって部分的に膵臓癌の形成の侵入を、ことを抑圧する(Fendrich 2010年; Sclabas 2005年)。

アスピリンは膵臓癌の細胞のgemcitabine、また親apoptotic効果の抗癌性の効果を増加する。 それはまたgemcitabine抵抗力がある人間の膵臓癌の細胞(Ou 2010年)の拡散を禁じる。

データは抗凝固薬の低分子量のヘパリン(LMWのヘパリン)ことを示すおよびワルファリンは膵臓の癌腫(Conroy 2011年の患者の処置に対する有利な効果をもたらす; Sohail 2009年)。 LMWのヘパリンは(cisplatinumとgemcitabineに加えられる)単独で化学療法の代理店の使用上の存続の重要な改善で起因した(5.5か月) (Icli 2007年)対13.0。 但し、別の最近の調査は高度の膵臓癌(van Doormaal 2011年)を持つ患者でLMWのヘパリン(nadroparin)の存続の利点を示さなかった。 化学療法へのワルファリンの付加は2.3から5.0か月(Nakchbandi 2006年)に中間の存続を高めた。

多くの食餌療法および植物の補足は抗凝固薬、antiplateletおよび/または反thrombotic効果をもたらす。 これらは魚油、ビタミンE、ショウガおよびgingko (antiplatelet特性)からのオメガの3脂肪質の酸を含んでいる; 東のquaiおよびアニス(抗凝固薬の効果); fucus (ぼうこうのwrack) (ヘパリンそっくりの活動); そしてビタミンEの大量服用。 但し、注意はアスピリン、ワルファリンおよびLMWのヘパリン(Mousa 2010年)のような標準的な抗凝固薬そしてantiplatelet薬剤と前述として相互に作用することができる出るべきである。

biomarkerテストとのthrombotic危険を定めることは(血液検査によって)予想(Menapace 2010年)を改善するためにVTEの高いリスクでそれらの膵臓癌の患者を識別して重大である。 癌の高められたVTEの危険と関連付けられるBiomarkersは血小板および白血球の計算、C反応蛋白質、D二量体およびPTの時間(Sohail 2009年)を含んでいる。

生物学的に目標とされた療法

それは特定の遺伝子の突然変異(例えば、K-ras、p53)がとりわけこれらの遺伝子を目標とするために薬剤がなぜ開発されたかである膵臓癌の開発および進行にかかわること有名である。 但し、知られていた遺伝子の突然変異(例えば、K-ras)がある患者は目標とされた処置に頻繁にcodons 12、13、か64で遺伝子の突然変異自体が患者の間で変わることができるので(例えば、K-ras変異する別様に答える)。 従って、目標とされた処置は遺伝的に異なった患者でテストされるとき、頻繁に失敗する(フィッシャー2011年)。 腫瘍準の抗原を使用してK-ras、EGFR、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)、免疫療法、およびTNFerade (GenVec、Inc.、Gaithersburg、MD)のような生物的療法を目標とする療法を調査する臨床試験はある大幅に存続(フィッシャー2011年)を改善されなくてすべてが。

例: K-ras。 膵臓癌では、本質的に活動的なK-rasは腫瘍の95%にあり、それに分子指紋をこの癌(Kranenburg 2005年)のする。 K-rasは膵臓癌の開発を始め、また進行にかかわる。 K-rasが膵臓癌の非常に重大な役割を担うので、それを禁じるおよび影響を与える細道をずっとある混合物を発見する大規模な調査が。 研究者は成功無しでK-rasの遺伝子を、抑制するのにfarnesyltransferaseの抑制剤(FTI)の薬剤を使用することを試みた: Tipifarnib (Zamestra™)、Rasのfarnesylationを、gemcitabineと目標とする、の段階III臨床試験は存続(フィッシャー2011年)を改善しなかった。

働く目標とされた療法のためにターゲットはその突然変異を隠す腫瘍の細胞のパーセントが小さくて腫瘍の細胞になる。 従って、腫瘍の細胞の遺伝子の突然変異の分析はあらゆる提案された目標とされた処置の作戦前に各患者のために行われる必要がある。 (膵臓癌の患者にFDA公認または広く利用可能ではない)薬剤ターゲット(例えば、K-ras、p53、等)および腫瘍の細胞のchemoresistanceのマーカーの表現のためのこれらの分子分析、Genzymeの遺伝学のような独立した実験室によって、行うことができる。

Pharmacogenomicsのアプローチ

ゲノムのアプローチを個人化なったでは患者の腫瘍は患者の遺伝の突然変異と個人化された処置の作戦が開発できるのは、急速な配列の分析かbiotypingを経るために切り取って検査されからである次に比較された。 この方法はすぐにこうしてどの患者が目標とされた療法の特定の組合せに答えるべきであるか識別している患者および彼らの腫瘍間のすべてのターゲットそして相違を解読する。 膵臓癌へ万能型のアプローチを取るかわりに、共用突然変異は特定の薬剤に一致する。 例えば、2%に起こるHer2拡大、–膵臓癌の3%は、何人かの膵臓癌の患者をtrastuzumabまたはlapatinibのような反Her2薬剤のための候補者、である割り当てるかもしれない。

個人化されたゲノムのアプローチによって、倍数によって目標とされる療法の組合せは実際に目標とすることができる特定のマーカー(例えば、Kras、p53、Her2等)があるために腫瘍は分析され、示されていた患者のために有効で本当らしい。 分析を配列する繰り返しは処置の間に新しい転移か再発病気が起こったら、処置それに応じて変わってもよい元の腫瘍とmetastatic癌細胞の遺伝の違いを考慮に入れるためにまたは度々行われもよい。

ある特定の遺伝テストは彼らの効力が大規模の臨床試験で証明されなかったのに既に患者に販売する直接消費者によって商用化されている。 例えば、ヨーロッパの実験室は血液サンプル、腫瘍のティッシュ、腹水または骨髄からの薬剤ターゲットそしてchemoresistanceのマーカーの表現のための腫瘍の細胞の分子分析を、行う。 将来、個々の患者のゲノムおよび彼らの腫瘍は現実的な費用で利用できる。

高度の分子テストについての詳細を学ぶためには、高度CTCの分子分析」を利用するそれぞれ合わせた癌治療を設計する生命延長雑誌の記事を「参照しなさい。