生命延長血液検査の極度の販売

膵臓癌

診断

膵臓癌の悪い存続は早い広がりがしかし遅い診断が原因ないである。 この癌の早期診断は徴候が次第に成長し、癌が頻繁に診断の前に多くの月また更に年の間あるのでまれである。 医者は診断を確認するのに映像技術の範囲を使用する。 腫瘍のマーカーはまだ膵臓癌(Lowenfels 2006年)の早期診断を可能にしていない。

流動コレクションのためのendoscopic超音波導かれた良い針の抱負(EUS-FNA)の使用は医者が膵臓癌の診断(ターナー2010年)のEUSイメージ投射を補う、および可能にする異常な細胞そして腫瘍のシード(Paquin 2005年)の最低の危険の腫瘍のマーカーを検出することを。 EUS-FNAはまた患者のおよそ10%でmetastatic広がり(Dumonceau 2011年)、明らかにすることができる。

診断の未来の方法。 光学一貫性の断層レントゲン写真撮影(10月)イメージ投射は95%の正確さ上のの危険度が低く、(温和)危険度が高い(可能性としては悪性の)膵臓の嚢胞性の損害の間で確実に区別できる(特定性および感受性 前のヴィヴォ)。 但し、執筆の時に、この技術は成長する内部嚢胞性の10月イメージ投射まだ必要性のために膵臓の病気の患者にまだ利用できない、ので最小限に侵略的な調査(Iftimia 2011年)。

予想

予想biomarkersは使用される処置にもかかわらず腫瘍の積極性(または潜在成長力)および患者の最終的な結果の表示器、である。 最近の調査は循環の腫瘍の 細胞(CTCs)が独立した 予想biomarker (Deアルバカーキ2011年)であることを示した。 CTCsは第一次腫瘍から取り外し、血で移動する癌の広がり(Fidler 2003年)をもたらす癌細胞である。 CTCsは高度の膵臓の腺癌を持つ患者からの血液サンプルおよび悪い予想に関連した検出の49.3%で検出された。 中央の進行の自由な存続は肯定的なCTCの検出を用いる患者の60.7日対否定的なCTCの検出(X u 2011年)とのそれらの163.6日だった。 執筆の時現在で、CTCの分析は現在膵臓癌のために商用化されていない。

高い血小板算定は悪い存続(ブラウン2005年と関連付けられる; Suzuki 2004年)。

< 5というリンパ球の比率(NLR)の値への好中球を持つ患者に≥ 5 (Aliustaoglu 2010年)のNLRの価値とそれらと比較されるかなりより高い中央の存続の持続期間がある。