生命延長ばねのクリアランス セール

膵臓癌

原因のおよび膵臓癌のための危険率

膵臓癌の厳密な原因が確信、の栄養物要因を含んで複数を持って煙ること知られない間、ブドウ糖は、ホルモン水平になり、遺伝学開始および開発にかかわると考えられる。

遺伝の感受性は10%から場合の20%を占めると考えられるが進行中の研究は遺伝学の役割がこれらの見積もり(ブランド2000年)を超過することを明らかにするかもしれない。 場合の約40%は悪い栄養物、余分なアルコール消費、慢性の膵臓炎、肥満および化学暴露(Greer 2009年)によって引き起こされる炎症性条件と関連付けられる。

変更可能/危険率を得た

煙ること。 すべての膵臓癌の30% (Tranah 2011年)と煙ることおよびタバコの使用関連付けられる。 活動的な、またタバコ煙への露出は両方煙る、タバコかシガー膵臓癌の危険を高める。 しかしその危険は5-10年間のやめること以内の禁煙家のレベルに減る。 重い喫煙者はおよび葉巻喫煙者に大体50 –禁煙家(Bertuccio 2011年)と比較される60%が高められた危険ある。 たばこを吸うおよび飲み物は決して喫煙者(ブランド2009年)と比較されるより若い年齢の膵臓癌と診断される人々。

糖尿病。 長年の糖尿病は40-100%によって(糖尿病は膵臓癌の診断前の少なくとも5年を診断した)膵臓癌の危険性を高める。 最近手始めの糖尿病は4と7倍に危険、そのような物で増加するために最近手始めの糖尿病を持つ患者の1-2%が3年(Magruder 2011年以内の膵臓癌を開発すること(3年以内に) -関連付けられる; ヤン 2009年)。

ブドウ糖は水平になる。 砂糖の消費過剰、砂糖甘くされた清涼飲料または上がる食糧および食糧はの後食事の血糖レベル インシュリン抵抗性(ラーションSC 2006年の個人の膵臓癌の、特に危険性を高める; Bao Y 2008年)。 高いglycemic負荷(血のブドウ糖の負荷)およびフルクトースは膵臓癌(Michaud 2002年)のより大きい危険と関連付けられ、hyperglycemia (高い血糖/ブドウ糖のレベル)は細胞に基づく調査(劉2011年の膵臓癌の進行を促進する; Bao 2011年)。

食餌療法の要因。 食餌療法の要因は膵臓癌の開発の大きな役割を担う。 動物起源、飽和脂肪およびオイル(チャン2009年)の食餌療法脂肪の高い取入口は、コレステロール(林2005年)、オメガ6の脂肪酸(Funahashi 2008年)を含む、食糧、肉を揚げ、乳製品ははっきり危険(Thiébaut 2009年)を高める。 同様に、(食餌療法の硝酸塩、亜硝酸塩およびニトロサミンの源である)余分なカロリー、炭水化物および処理された肉増加の取入口危険(ジョンソン2011年; Aschebrook-Kilfoy 2011年)。

ビタミンおよび微量栄養の不足。 folateの不足、ビタミンC、DおよびE、カルシウム、カリウムおよびセレニウムのビタミンB6、B12およびメチオニン、また減らされた取入口は膵臓癌の開発(Schernhammer 2007年)の危険性を高める。 逆に、ビタミンCの高い食餌療法取入口、DおよびE、セレニウム、フルーツ、野菜および繊維は危険(Bidoli 2011年を下げる; Bravi 2011年)。 高いビタミンDの取入口は(1日あたりの600のIUによりまたは同輩大きい)最も低い取入口(<150 IU/day)とそれらと(スキナー2008年比較される膵臓癌のより危険度が低い41%と関連付けられる; Bao 2010年)。

Folate。 Folateの 不足はDNA (Friso 2002年)のhypomethylationによる膵臓癌の危険を高める。 逆に、食糧源(または葉酸が付いている強化された食糧)からのより高いfolateの取入口およびメチオニンは53% (カシ2010年、かなり膵臓癌の危険を減らす; Schernhammer 2007年)。

歯周病。 歯周病の歴史とのそれらに膵臓癌の54%から100%のより大きい危険がある。 歯の損失は膵臓癌の開発(Michaud 2007年と肯定的に関連付けられた; Michaud 2008年)。 さらに、helicobacterの幽門(H. Pylori)は歯垢にあり、歯周病および膵臓癌(Stolzenberg-Solomon 2003年)と関連付けられる。

高い体格指数(BMI)および/または肥満。 太りすぎ、高いBMIが膵臓癌(李2009年)を開発する高められた危険があるのをある個人。 高いBMIおよびhyperinsulinemiaは頻繁に一緒に起こり、インシュリンが膵臓癌の成長(フィッシャー1996年を促進することそれは確立している; Dandona 2011年)。 20から49年の年齢から太りすぎまたは肥満である人は膵臓癌(Berrington de Gonzalez 2003年)のより早い手始めがある。 老齢期の肥満は膵臓癌の患者(李2009年)のより低く全面的な存続と関連付けられる。

アルコール。 重い飲むこと(1日あたりの>9アルコール飲料)およびどんちゃん騒ぎ飲む増加の膵臓癌の危険(Lucenteforte 2011年; Gupta 2010年)。 危険の顕著な増加は1日(Michaud 2010年)あたりのアルコール飲料からのアルコールの45の見られたまたはより多くのグラムを消費している人間で。 >3アルコール飲料は飲み物膵臓癌(Gapstur 2011年)からの死と(しかしないビールまたはワイン)飲む関連付けられた。

慢性の膵臓炎。 慢性の膵臓炎は13と-膵臓癌(Kudo 2011年のそれに続く開発の18折目の増加関連付けられる; Talamini 1999年)。 慢性の膵臓炎は重いアルコール消費と関連付けられる; 重い酒飲みのおよそ10%は慢性の膵臓炎(Nitsche 2011年)を開発する。

化学暴露。 化学暴露は膵臓癌の原因で関係した。 DDT (dichlorodiphenyltrichloroethane)、ホルムアルデヒド、石油製品、合成ゴム、樹脂、ポリエステル、プラスチックおよびスチレンのような化学薬品は膵臓癌(国民の毒物学プログラム2012年をもたらすことにかかわる; 立腹 2011年)。

Helicobacterの幽門(H.Pylori)の伝染。 最近2335人の患者を評価する人口ベースのケース コントロール研究およびメタ分析は非O血液型(Risch 2010年を持つ個人のための膵臓癌およびH.の幽門の伝染の開発間の連合を、特に示した; Trikudanathan 2011年)。

本質的な/Unmodifiable危険率

年齢、性、競争および民族性。 病気は年配者、人で、そしてアフリカ系アメリカ人(Ghadirian 2003年)間で共通である。

受継がれた膵臓の病気。 遺伝性の膵臓炎を持つ個人に膵臓癌(Langer 2009年)を開発するためのより高い寿命の危険がある。 病気によって影響される高められた危険に肉親を持つ個人は利用できるようになれば(影響される3人またはより多くの家族が付いている57折目まで)あり、膵臓癌のスクリーニングを考慮するべきである(Zubarik 2011年; Stoita 2011年)。

ホルモンは含まれるか。

臨床調査は膵臓癌の患者に性のステロイド ホルモンの不均衡がある示し、さまざまなホルモン性療法にことを答える。 但し、処置の結果はホルモンの受容器の表現(Stolzenberg-Solomon 2009年のような個々の患者および腫瘍の特徴に依存する、かもしれない; Ganepola 1999年)。

テストステロン。 最近の調査は膵臓癌の患者のホルモンの不均衡が短くされた存続(Skipworth 2011年)と関連付けられることを示す。

オスの膵臓癌の患者に頻繁に自由なテストステロンおよびプロゲステロンの低レベルおよび小胞刺激的なホルモン(FSH)のハイ レベルがあり、ホルモン(LH)、およびestradiolをluteinizing。 メスの膵臓癌の患者に頻繁にestradiolのハイ レベルおよびLH、FSHおよびプロゲステロン(Fyssas 1997年)の低レベルがある。 さらに、膵臓癌の患者にかなりより低いテストステロン/dihydrotestosterone (DHT)の比率(Jansa 1996年ある; Roblesディアズ 2001年)。

女性の人そして余分なエストロゲンの低い血清のテストステロンはホルモンの処理および食餌療法の介在のための重大な必要性を示す高度の膵臓癌の短くされた存続と関連付けられる。 Hypogonadalの男性に釣り合ったホルモン(Skipworth 2011年)とのそれらと比較される死の3倍より大きい危険がある。

全身の発火(C反応蛋白質[CRP]によって、およびinterleukin6 [IL-6の]レベル定められる)およびオピオイドの使用は減らされた総テストステロンとおよび自由なテストステロンおよび悪化させた存続(オピオイドの使用はほとんど死の危険を倍増する)関連付けられる。 なお、示されている高いエストロゲンを持つ女性は釣り合ったホルモン(Skipworth 2011年)とのそれらと比較された存続(死の2.43倍より大きい危険)を悪化させた。

ホルモン レベル(栄養の補足と改善することができる発火状態定めるために総テストステロン、自由なテストステロン、FSHおよびLHおよび親炎症性仲介人(CRP、IL-6は簡単な血液検査によって)測定することができるおよびホルモンを。 調査は悪い栄養の状態が膵臓癌の患者(Sperti 1992年)のより低い総テストステロンのレベルに関連することを示す。

遺伝学および膵臓癌

複数の主遺伝子は膵臓癌で過剰生産されたりおよび/または活動化させ、腫瘍の成長(Xu 2011年)を停止するためにこれらはとりわけ目標とすることができる。 従って、遺伝の分析は癌の進行(Grutzmann 2003年)を防ぐために目標とする遺伝子を含む最適の個性化された処置の計画を定めるのを助力で貴重かもしれない。 これらのテストはGenzymeの遺伝学(www.genzymegenetics.com)によって行うことができる。

癌準の遺伝子(がん遺伝子)の活発化

4つの癌準の遺伝子(がん遺伝子)は膵臓癌(K-ras、p16、p53およびMADH4遺伝子)のほとんどの場合変異する。 腫瘍のサプレッサー遺伝子(p53、p16、DPC4およびBRCA2)の不活性化とK-rasのがん遺伝子の活発化は膵臓癌(ムーア2003年)の開発と関連付けられる。 トランスクリプション要因STAT3およびNFkB (核要因Κ B)は膵臓癌で異常に活動化させる。 これらの変異する遺伝子、トランスクリプション要因および不活性にされた腫瘍のサプレッサー遺伝子は栄養の補足および食餌療法得られた目標とされた療法によってとりわけ目標とすることができる(次セクションを見なさい)。

膵臓癌のすべての場合のほぼ95%にK-rasの突然変異がある、90%にp16突然変異が、(Bartsch 2002年)、75%持っているp53突然変異をあり、55%にDPC4突然変異ある(Cowgill 2003年)が。

Rasの遺伝子。 Ras蛋白質は調整の細胞の成長および乗法の中心的役割を担う。 rasの遺伝子の突然変異は急速に育ち、腫瘍を形作る癌性細胞に正常な細胞を変形できる。 rasのがん遺伝子の突然変異はこの病気(Brasiuniene 2003年)の分子指紋である。 煙ること、アルコール、ミルクおよび酪農場の消費は膵臓の腫瘍(Greer 2011年)のrasの突然変異の発生とつながった。

K-rasの突然変異の検出。 K-rasの突然変異の検出は処置の結果(Bussom 2010年)の予測を助けるかもしれない。 K-rasの突然変異は異なった人間のティッシュで(Parker 2011年)、血を含んで検出し比較的易い腸の液体(Wilentz 1998年)、膵臓の液体(Boadas 2001年)、腰掛け(Caldas 1994年; Kisiel 2011年)、地方リンパ節および他の体液および腫瘍自体(Brasiuniene 2003年)。

Rasの遺伝子活動への細胞応答はgenistein、クルクミン、epigallocatechinの没食子酸塩(EGCG) (ジョンソン2011年を含んでいる緑茶のエキスによって生体外で禁じることができる; Singh 2011年; Lynコック 1999年) そしてオメガ3の脂肪酸のeicosapentaenoic酸(EPA)およびdocosahexaenoic酸(DHA) (モラレス2007年)を含んでいる魚油。

Rasの遺伝子活動は遅らせることができる:

  • Dリモネンおよびperillylアルコール、柑橘類(ジョンソン2011年からの自然なモノテルペン; Stayrook 1998年)。
  • 紅茶のポリフェノール (LynコックBD 1999年)を含んでいる紅茶のエキス。
  • ニンニク「sのbioactive要素、diallylの二硫化物(Lai KC 2011年; Singh SV 2001年)。

HER2 (人間の表皮の成長因子の受容器2)は多くの膵臓癌にあり、悪く忍耐強い残存率と関連付けられる。 HER2 overexpressionの腫瘍を持つ患者はHER2正常な表現の腫瘍(中央の生存期間20.7か月対14.7、とのそれらよりかなり短い生存期間をそれぞれ過した(Komoto 2009年)。 従って、HER2を目標とする栄養の補足は多くの膵臓癌の患者の存続を改善して重大である:

  • ビタミンEのtocotrienolの 形態により 重大な腫瘍の細胞の存続の細道(ShinKang 2011年)のHER2そして抑制をdownregulatingによって膵臓癌の細胞死を引き起こすことができる。
  • HER2は反HER2モノクローナル抗体の薬剤のtrastuzumab (Herceptin®)によって(Mihaljevic 2009年)とりわけ目標とすることができる。

EGFR (表皮の成長因子の受容器)。 膵臓癌の細胞では、EGFRは活動化させ、レベルは正常で健康な膵臓の細胞(Friess 1999年)のより四倍の高いまである。

  • GenisteinはEGFR (McIntyre 1998年)およびディスエイブルのレベルの減少で強力EGFRシグナリング細道(ジョンソン2011年)である。
  • 緑茶からのクルクミンそしてEGCGはまた膵臓癌の細胞(Vaccaro 2011年のEGFRの活動を妨げる; Shehzad 2010年)。
  • 薬剤の代理店の erlotinibは EGFRのシグナリングを禁じ、局部的に進められたunresectableまたはmetastatic膵臓癌(FDA 2005年を持つ患者のためのgemcitibineを伴って使用のために承認されるFDAである; Mountzios 2011年)。 臨床試験では、erlotinibはgemcitibineおよび他の化学療法の代理店を伴って(Oh 2011年)よく行ったが、存続はかなり延長されない。 予備的証拠はerlotinibが膵臓癌(Saif 2011年)のchemosensitivityを改善するかもしれないことを提案する。

重要な遺伝子は膵臓癌で消えた

癌の他の主要なタイプと比較されて、膵臓癌はp16、DPC4、BRCA2および何よりも大事なことはp53のような腫瘍の開発を、抑制するために知られている遺伝子の活動の損失を表示する。

P16: 膵臓の癌腫の90% p16機能の損失に苦しむ。 さらに、p16 germlineの突然変異のキャリアに12が-膵臓癌(Schutte 1997年)を開発する20折目によって高められる危険ある。

DPC4: この遺伝子の不在は侵略的な癌の成長(Cowgill 2003年)と関連付けられる。 但し、DPC4 homozygous (完全な)削除を用いる膵臓癌の細胞はアルファ トコフェロールの琥珀酸塩(Greco 2010年)の無毒な線量に敏感である。

BRCA2: これは遺伝性の膵臓癌を持つ患者の共通の突然変異である。 BRCA2突然変異のキャリアに-膵臓癌を開発する十倍の高められた危険に… 3.5がある。 臨床ケース スタディはmetastatic膵臓の癌腫の患者およびBRCA2突然変異はcamptothecin-11化学療法により敏感あるであるそして従って存続(ジェームス2009年)をかもしれない病気が延長することを提案する。

p53: 傷つけられたDNAの修理にp53遺伝子がかかわる腫瘍のサプレッサー遺伝子であるので遺伝子が不活性傷つけられたDNAが癌性細胞(Berrozpe 1994年)を増殖し、形作れる(消される)または機能不全である時。

p53腫瘍のサプレッサー遺伝子の機能を元通りにすると知られている栄養の補足は下記のものを含んでいる:

  • 両方の クルクミン および resveratrol膵臓癌の細胞(Goel 2008年のupregulate p53; Zhou 2011年)。
  • オメガ3の脂肪酸は p53 (Wendel 2009年)を活動化させる。
  • ガンマtocotrienolは p53細道によって細胞の存続蛋白質を減らす(Kannappan 2010年)。
  • 赤いブドウの種の proanthocyanidins (ローイ2005年; Joshi 2001年)。
  • 大豆( Lian 1999年)からのgenisteinのようなPhytochemicals、cruciferous野菜、緑茶のポリフェノールEGCG (Shankar 2007年からの インドール3 carbinol (I3C); Katdare 1998年)および resveratrol (Zhou 2011年)。

トランスクリプションの規則は考慮する。

トランスクリプション要因は特定の遺伝子が(能動態)ついたりまたは消えるかどうか制御する(不活性)。 トランスクリプション要因は信号の送信の過程において最後の段階として他の蛋白質によって、頻繁に選択式に活動化させるか、または非活動化させることができる。 これらの要因の存在そして活動は正常な、癌性ティッシュで異なることができる。

STAT3. STAT3は膵臓癌でしかしない正常な膵臓のティッシュで活動化させる休止状態のトランスクリプション要因である; それは膵臓癌の進行の重要な役割を担う。 I3Cおよびgenistein (Lian 2004年)のような栄養の代理店を使用してSTAT3遺伝子の沈黙は膵臓癌(黄C 2011年)の処置のための新しい治療上の選択であるかもしれない。 オメガ3の脂肪酸はSTAT3リン酸化禁じた(Hering 2007年)の減少によって膵臓癌の細胞の拡散を。

NF Κ B (NFkB)。 NFkBは人間の膵臓癌でしかしない正常な膵臓のティッシュで活動化させるもう一つのトランスクリプション要因である。 NFkBの活動を妨げることは腫瘍を持つ動物の癌の侵入そして広がり(転移)を防ぐ。 なお、NFkBの活動を防ぐことはそれにより腫瘍の成長を遅らせ、癌の広がり(Fujioka 2003年)を遅らせる腫瘍の血容器の開発に、かかわる分子のレベルを減らす。

  • ガンマtocotrienolsは 人間の膵臓の腫瘍の成長を禁じ、gemcitabineに腫瘍(Kunnumakkara 2010年)の形成につながるNFkB仲介された炎症性細道の抑制によってそれらに感光性を与える。
  • Genistein および クルクミンは 両方NFkBの活発化(Jutooru 2010年を減らす; 金2007年; 李 2004年)。
  • オメガ3の 脂肪酸 EPAは禁じるNF kb (ロス2003年)を