生命延長血液検査の極度の販売

リンパ腫

診断

医者が最初の忍耐強い提示に基づいてリンパ腫を疑えばより詳細な評価は診断の確認を助けることができ、患者が持っているリンパ腫のタイプを識別するため。 完全な歴史は精密身体検査(多くのリンパ腫の場合の顕著な特徴の)痛みのないの存在を定めて必要膨らまされたリンパ節病気(ガラス2008年の範囲であり、; Sisson 2013年)。

正確な診断を達成することはちょうどNHLの異なったサブタイプの生物的特性として異なりなさい、そうすればするほとんどの成功する本当らしい処置のアプローチをであるので重大(Kobrinsky 2012年; 白血病及びリンパ腫の社会2011a)。

リンパ腫の診断は含んでいるいくつかの臨床および実験室試験を含むかもしれない(Kobrinsky 2012年; 白血病及びリンパ腫の社会2011a; 均一Sapir 2003年):

  • 完全な身体歴の評価
  • 精密身体検査
  • イメージ投射は調査する(例えば、コンピュータ断層撮影[CT]およびポジトロン断層法[ペット]およびガリウム スキャン)
  • ティッシュのバイオプシー
  • 完全な血計算(CBC)のような血液検査、化学パネルおよび赤血球沈降速度(ESR)、血清の乳酸塩のデヒドロゲナーゼおよびベータ2-microglobulin
  • immunohistochemistry、流れcytometryおよび遺伝の分析のような検査手技
  • 伝染のための査定(疑われた胃の モルトのリンパ腫 の例えば、H.の幽門)

癌性腫瘍からの温和な(非癌性)腫瘍を区別することは多くのリンパ腫の癌性細胞が密接に温和な細胞に類似しているので複雑である場合もある。 リンパ腫の診断が疑われる時はいつでも、最も大きく、最も入手しやすく複雑なリンパ節のバイオプシーは行われるべきである(Kobrinksy 2012年; Portlock 2012年)。 バイオプシーは影響を受けたリンパ節のサンプルを取り、病理学者によって顕微鏡の評価のための送ることを含む。 これは分子技術が起源の細胞を定め、最もよい処置のアプローチ(Ramsay 2013年を輪郭を描くために行われるようにする; Troxell 2005年)。