生命延長血液検査の極度の販売

リンパ腫

印および徴候

多くのタイプのNHLがあるので、病気はいろいろな方法で明示できる。 徴候の厳格は癌(Kobrinsky 2012年)の積極性によって穏やかから非常に厳しいまで、及ぶことができる。 1つの共通の提示はlymphadenopathy –リンパ節の膨張である。

LymphadenopathyはまたHLにそれが場合の重要な大半のダイヤフラムの上のリンパ節で観察されるか、起こる。 具体的には、首のそして腕の下のリンパ節は頻繁に影響される、膨張はまた穹稜のリンパ節に時として起こるかもしれない(鞭2013年)。

リンパ腫によりまた「B徴候と言われる全身の徴候を引き起こすかもしれない」急速に成長のリンパ腫の表示器であるかもしれない。 B徴候は含んでいる(ヨハンソン2010年; Kobrinsky 2012年; Portlock 2012年; CTCA 2013年):

  • 説明されていない熱(ieの3つの連続した日間温度>100.4° F)
  • 夜は発汗する
  • 減量(6か月の先行の体重のie、10%以上)

付加的な徴候は下記のものを含むことができる:

  • むずむずさせること
  • 苦痛
  • エネルギーの欠乏
  • 息切れ
  • 頭痛

時々リンパ腫はリンパ節以外場所で徴候が骨痛を含むかもしれなければ、骨のような起こる; 同様に、皮の発疹か固まりは皮に起きるリンパ腫を示すかもしれない(白血病及びリンパ腫の社会2011a)。