生命延長スキン ケアの販売

肺癌

補足の代わりとなる療法

ビタミンおよび鉱物の補足はNSCLCの患者のより長い存続そして生活環境基準と関連付けられる。 中央の存続はビタミンそして鉱物と対そのような補足(Jatoi等2005a)を使用しない人のための2.0年補うNSCLCの患者のための4.3年である。 肺癌のための慣習的な処置の結果の統計量としてつまらなく、ビタミンは残り制御肺癌を助け、生活環境基準を維持し、存続(van Zandwijk N等2000年)を延長すると補足の代わりとなる療法と結合される鉱物の補足は考慮されるべきである。 高度の肺癌の患者が彼らの処置養生法に新しく、統合的な栄養の補足を組み込むことは特に重要である。

アピゲニンは、フラボン(ieのフラボノイドのクラス)果物と野菜に(例えば、タマネギ、オレンジ、茶、セロリ、アーティチョークおよびパセリ)ある、炎症抑制、酸化防止の、および抗癌性の特性を所有するために示されていた。 多くの調査はアピゲニン(Patel 2007年)の癌のchemopreventive効果を確認した。

アピゲニンは血管内皮細胞増殖因子(VEGF)および肺癌の細胞(劉2005年)のangiogenesisの表現を禁じる。 アピゲニンが肺癌の細胞の拡散を抑制し、antitumor薬剤(Ren 2011年)への感受性を高めたことが調査で観察された。

Astragalus。 Astragalus、アジアで何世紀にもわたって使用されるハーブは免疫があstimulatory効果を表わした。 Astragalusはlymphokine活動化させたキラー細胞(儲1988年)を増強する。 1つの調査は「… astragalusはホストの…反腫瘍の免疫のメカニズムの」活動化によって達成されるかもしれない反腫瘍の効果を表わすことができることを別のものは結論したがastragalusが部分的に腫瘍軸受けマウス(Cho 2007a)の落ち込んだ免疫機能を元通りにすることができることが分った(Cho 2007b)。

2003調査では、高度の肺癌を持つ個人は注射可能なastragalusを受け取った。 1年の残存率は制御グループ(ズー2003年)の30%と比較されたastragalusのグループの46.8%だった。 2006年に、研究者は高度の非小さい細胞の肺癌を持つ患者のプラチナ ベースの化学療法と結合されたAstragalusベースの漢方薬を使用して試験からの証拠を評価するために検討を行なった。 研究者は単独で化学療法と比較されたastragalusベースの中国の草の組合せを受け取るそれらの1年に死の33%減らされた危険を報告した合計940の主題の12の調査を識別した。 さらに、9つの調査は単独で化学療法と比較されたastragalusベースの中国の草の組合せを受け取るそれらを支持して2年に死の27%減らされた危険を報告した合計768の主題と識別された(McCulloch 2006年)。

ビタミンD。 「外科」セクションで前に輪郭を描かれるように、ビタミンDは早段階NSCLCの患者(Zhou W等2005年)の存続を改善する。 従って、ビタミンDの補足は冬の季節の間に外科を、特にと特にのためのより暗い皮とのそれら経ることを計画している肺癌の患者と太陽の露出を限った完全菜食主義者推薦される。 実験調査はビタミンDが肺癌の進行から広がることを癌を防ぐことによって保護することを示す(転移) (Wiers KM等2000年)。 ビタミンDの源は日光、ミルクおよび暗く魚を含んでいる。

アデノシン三リン酸。 アデノシン三リン酸(ATP)はボディで作り出され、細胞にエネルギーを提供する。 高度NSCLCの患者を含むnonrandomized調査ではATPの注入は(Haskell CM等1998年)生活環境基準の減量そして悪化を遅らせた。 ランダム化された試験はATPの注入(4週間間隔への2時の30時間1分あたり20-75のmg/kg)が高度NSCLC (Agteresch HJ等2003年)の患者で重量、筋肉強さ、エネルギー準位および生活環境基準に対する有利な効果をもたらすことを示した。

静脈内ATPの注入は高度の肺癌(Leij-Halfwerk S等2002年)を持つ患者のレバー エネルギー準位を元通りにすることとティッシュの損失(Agteresch HJ等2002年)を妨害することによって働く。 ATPは赤血球によってとられ、50%から70%およそ24時間(Agteresch HJ等2000年)にレベルにベースライン集中の上の達する。 さらに、preclinical調査はATPの管理が化学療法(Maymon R等1994年)および放射線療法(Estrela JM等1995年)の抗癌性の効果を改善し、また放射(Senagore AJ等1992年)によって引き起こされる組織の損傷に対して保護効果をもたらすかもしれないことを示した。

緑茶。 高度NSCLCの患者の段階I臨床試験は緑茶のエキス(3 g/m2日刊新聞)の大量服用がよく容認され、何人かの患者(SA等2005年Laurie)の癌を安定させることを定めた。 彼らの結果に基づいて、研究者は緑茶のエキスが第2癌のことを開発の危険度が高いで肺癌の再発のための危険度が高いでそれらの(早段階の肺癌のための処置の完了の後で)またはそれらの癌の進行を防ぐことに有用であるかもしれないことを提案した。 さらに、緑茶のエキスは高度の肺癌(SA等2005年Laurie)の標準的な化学療法の代理店を伴って考慮できる。

緑茶のエキスは7個から8個の日本のコップ(120のmL)の口頭線量の少なくとも6か月間毎日3回安全に取ることができる(Pisters KM等2001年)。 緑茶のエキスの副作用は関連するカフェインである。 但し、preclinical調査はカフェインが腫瘍の成長(Lu YP等2000年の防止に貢献することが分った; Xu Y等 1992年)。 従って、decaffeinated緑茶のエキスはより少なく有効かもしれない。

アルファ トコフェロール。 アルファ トコフェロール(50 mg)のハイ レベルは、肺癌の開始の早く重大な段階の間に取られたら、肺癌の開発(Woodson K等1999年)を防ぐかもしれない。 アルファtocopherylの琥珀酸塩はコックス活動を防ぐこととプロスタグランジンE2 (リーE等2006年)によって仲介される炎症性応答を妨げることによって肺癌の開始そして進行を妨げる。

ザクロ。  酸化防止剤で豊富であるザクロは機能食糧として広まった人気を得た(ieに、医療補助がある)。 フルーツ、ジュースおよびエキスの医療補助は癌(Syed 2012年を含むいろいろchornic病気へのrealtionで、調査された; Johanningsmeier 2011年)。 ザクロのエキスは実験的に引き起こされた肺癌に対して重要な保護を提供する。 研究者はザクロの補足の8か月が肺発癌物質-- (Khan 2007a)にさらされたマウスの66%肺腫瘍の形成を減らしたことを観察した。 別の調査はザクロのフルーツのエキスが「…ザクロのフルーツのエキスが人間の肺癌に対して有用なchemopreventive/化学療法の代理店」である場合もあることを結論するために著者を導く肺癌の細胞と植え付けられたマウスの腫瘍の成長の形成を禁じたことが分った(Khan 2007b)。

PSK. きのこCoriolusからの特に準備された多糖類のエキスであるPSK、-、癌患者(Koda 2003年の免疫組織を高めることを無指定の生物的応答の修飾語として使用する日本で広く調査されたversicolor; Noguchi 1995年; Yokoe 1997年)。 PSKは複数の侵入関連の要因(チャン2000年)の調整によって腫瘍の細胞のinvasivenessを抑制する。 PSKは多数の調査(Ohwada 2006年のNKの細胞の活動を高めるために示されていた; フィッシャー2002年; ガルシアLora 2001年; Pedrinaci 1999年)。

臨床試験では、段階1-3の肺癌を持つ個人はPSKの有無にかかわらず放射線療法を受け取った。 研究者は5年の存続が制御の17%と比較されたPSKのグループの39%だったことを観察した(PSKのグループの段階1および2)および26%は制御(段階3) (早川町1997年比較した)の8%と。 同じような結果は前の調査(早川町1993年)のこれらの同じ研究者によって得られた。

ケルセチン。 ケルセチンはブドウの皮および赤タマネギからの緑茶およびトマトに食糧の広い範囲で、見つけられるフラボノイドである。 ケルセチンの酸化防止および炎症抑制の特性は癌引き起こす突然変異(Aherne 1999年)から細胞DNAを保護する。 ケルセチンは効果的にそれ以上の悪性の開発を防ぎ、癌細胞の死(ヤン2006年)を促進するreplicative周期の早い段階の成長の癌細胞を、引っ掛ける。 なお、ケルセチンは好意的に癌細胞(翌日に2001年で異常である化学シグナリング細道を調整する; Bach 2010年)。

ケルセチンは肺癌の細胞(ヤン2006年の成長を禁じる; Zheng 2012年)。 1つの実験では、実験室のラットはbenzo (a)ピレン、タバコの煙で、charbroiled食糧見つけられた強力な環境の発癌物質および環境の共通の汚染物質間のそれを作る自動車(特にディーゼル)排気への露出の前のケルセチン(25mg/kg体重)と扱われた。 未処理のラットが肺癌を開発する間、ケルセチンと最初に補われたそれらはそのような調査結果(Kamaraj 2007年)を示さなかった。

セレニウム。 セレニウムは平均セレニウムの取入口が低い人口の肺癌から、特に保護する(Rayman MP 2005年; Zhuo H等2004年; Reid ME等2002年;)。 肺癌の患者の家族は健康な制御(Miyamoto H等1987年)のそれらより低いセレニウムのレベルがかなりあると見つけられた。 病理学の線量で、セレニウムは肺癌(Neve J 2002年)のためのアジェバント処置として機能するかもしれない。 段階IIIの多中心臨床試験は毎日のセレニウムの補足が腫瘍が外科的に取除かれたNSCLCの患者ことをの新しい腫瘍の成長を防ぐことで有効であるかどうか調査している; 細部はwww.clinicaltrials.govで利用できる。

新しい栄養の補足。 次の栄養の補足は肺癌の患者で調査され、悪影響なしにあると見つけた; 但し、最適線量はまだ確立されていない:

  • N acetylcysteine (Maasilta P等1992年; Jepsen S等 1989年)
  • R lipoic酸(Mantovani G等2003年)
  • 亜鉛(エバンズWK等1987年)
  • マグネシウム(武田Y等2005年)
  • タツナミソウ属のbaicalensis (Udut EV等2005年; Gol'dberg VE等 1997年)

次の栄養の補足は実験調査で肺癌に対して臨床調査がまだ遂行されていないが、約束の影響を示した:

  • クルクミン(リーJ等2005年)
  • 朝鮮人参(Panwar M等2005年)
  • ニンニク(ウーXJ等2005年)
  • リコピン(Arab L等2002年)
  • GLA (de Bravo MG等1995年)
  • Silibinin (陳PN等2005年)
  • ブドウの種のproanthocyanidins (Bagchi D等2002年)
  • 紅茶のポリフェノール(林JK 2002年)
  • 大豆(Lei W等1998年、1999年)からのGenistein

肺癌の患者は上の栄養素の最適の適量の更新された情報のための1-800-544-4440で生命延長を呼びたいと思う場合もある。