生命延長スキン ケアの販売

肺癌

肺癌はいかに診断されるか。

肺癌のおよそ5%から15%徴候無しで人々の定期的な胸部レントゲンの間に発見される。 但し、新しい肺癌の箱の50%以上癌の広がり(転移)を示す徴候の存在によって診断される。

徴候。 肺癌の徴候は近くの構造の肺、侵入または妨害、および血による癌の広がりの後でリンパ節と遠い場所の腫瘍の成長の腫瘍の成長によって引き起こされる。 徴候はの、血、腰痛および減量を咳をするゼーゼー息をすること息切れを悪化するか、または慢性の咳含んでいる。

選別。 選別法は痰(つば)のサンプル、胸部レントゲンおよび低線量の螺線形のコンピュータ断層撮影(CT)の肺スキャンの検査が含まれている。 腫瘍のティッシュのバイオプシーは肺癌の診断を確認して必要である。 SCLCが疑われるとき精密身体検査、骨スキャン、頭脳CT、および骨髄検査は行われる。 ポジトロン断層法スキャンは癌の広がりの検出にまた有用である。