生命延長血液検査の極度の販売

化学療法

化学療法の効力を高めることへの自然なアプローチ

魚油および化学療法

魚油は癌の化学療法の薬剤の有効性を高めるかもしれない。 調査はMitomycin Cを高めることができるかどうか見るために結腸癌の細胞の異なった脂肪酸を化学療法の薬剤の効力比較した。 魚油から集中されたEicosapentaenoicの酸(EPA)はMitomycin C (Tsai等1997年)に結腸癌の細胞に感光性を与えるために示されていた。 魚油がまたプロスタグランジンE2の形成を抑制することが、癌細胞の伝播にかかわる炎症性ホルモンそっくりの物質注意されるべきである。

別の調査では食事療法を受け取るために、アルギニンおよび魚油かちょうど大豆油と補われたリンパ腫の犬のグループはランダム化された。 魚油およびアルギニン食事療法の犬は大豆油(Ogilvie等2000年)の犬よりかなり長い無病の生存期間を過した。

カフェインおよび化学療法

化学療法を伴うカフェインの使用は化学療法の薬剤の細胞毒性を高めるために示されていた。 カフェインは緑茶に自然に起こり、茶ポリフェノールの抗癌性の効果を増強するために示されていた。 悪性およびnonmalignant腫瘍の開発の危険度が高いのSKH-1マウスでは、カフェインの経口投与は(18-23週間飲む液体の唯一の供給源として)形成を禁じ、両方のnonmalignant腫瘍および悪性腫瘍(ルー等1999年)のサイズを減らした。

癌では、p53遺伝子の突然変異はであり、観察される、共通の遺伝の変化癌腫および肉腫とのそれらを含む患者の50-60%に起こる。 カフェインはG2段階の成長の禁止によってp53不完全な細胞の破壊を増強するために示されていた。 カフェインのこの能力は多くの抗癌性療法の基礎が腫瘍DNAを傷つけ、複製の癌細胞を破壊することであるので重要である。 カフェインはDNA (Blasina等1999年の写しそして修理との干渉によって腫瘍細胞周期の進行の連結を解く; Ribeiro等1999年; 江等2000年; ヴァレンズエラ等 2000年)。

Panaxの朝鮮人参および化学療法

Panaxの朝鮮人参、別名韓国の朝鮮人参は癌(Kang 2011年)を含むvarous病気のための普及した治療としてたくさんの年のために中国で、使用された。 癌は化学療法の薬剤への抵抗を開発できる。 Multidrugの抵抗は、多くの癌が化学療法への抵抗を開発する主なメカニズム化学療法(Pérez-Tomás 2006年)の多くの形態の失敗の重要要因薬剤を入れたり、である。 癌抵抗はの内にP糖蛋白質表現されてmultidrugの癌細胞から化学療法の薬剤を運ぶことによって細胞相談する。 研究者はpanaxの朝鮮人参のエキスが癌細胞(Choi 2003年)内の化学療法の薬剤の高められた蓄積で起因したP糖蛋白質誘発のmultidrugの抵抗を逆転させたことを観察した。 また、panaxの朝鮮人参のエキスは胃癌の細胞(Matsunaga 1994年)の化学療法の薬剤のmitomycin Cの抗癌性の効果を高め、卵巣癌(Kikuchi 1991年)を持つマウスの化学療法の薬剤のcisplatinの反腫瘍の効果を増強した。

ケルセチンおよび化学療法

ケルセチンはブドウの皮および赤タマネギからの緑茶およびトマトに食糧の広い範囲で、見つけられるフラボノイドである。 ケルセチンの酸化防止および炎症抑制の特性は癌引き起こす突然変異(Aherne 1999年)から細胞DNAを保護する。 ケルセチンは効果的にそれ以上の悪性の開発を防ぎ、癌細胞の死(ヤン2006年)を促進するreplicative周期の早い段階の成長の癌細胞を、引っ掛ける。 なお、ケルセチンは好意的に癌細胞(翌日に2001年で異常である化学シグナリング細道を調整する; Bach 2010年)。

ケルセチンは乳癌の細胞(Scambia 1994年に対して化学療法の薬剤のadriamycinの抗癌性の活動を増強する; Staedler 2011年; 癌細胞(李2012年)内のadriamycinの集中を高めることによるDu 2010a)。 乳癌を持つマウスでは、adriamycinとケルセチンを結合することは長期の、腫瘍なしの存続をだけadriamycinと扱われたときマウスが治らなかった一方、もたらした(Du 2010b)。 ケルセチンadriamycinとともに与えられて興味深時癌細胞への相当なDNAの損傷を加えた。 但し、正常な細胞はadriamcyin (Staedler 2011年)のDNAの有害な効果から保護された。 この効果は化学療法の使用と関連付けられる主要な問題が正常な細胞、また癌細胞への損傷を加えることであるので控えめに述べることができない。

ケルセチンは化学療法の薬剤のcisplatin (Hofmann 1988年)の抗癌性の活動を高める。 ケルセチンおよびcisplatinの付随の管理は肺癌(Hofmann 1990年)を持つマウスの単独でcisplatinよりかなりずっとそれ以上に腫瘍の成長を減らした。

Sulforaphaneおよび化学療法

イソチオシアネートであるSulforaphaneはブロッコリー に、また他のcruciferous野菜に最も非常に集中される(例えば、芽キャベツ、キャベツおよびカリフラワー)。 Sulforaphaneは化学療法にアジェバントとして約束を示す。 化学療法の薬剤のoxaliplatinに加えられたとき結腸癌の細胞(Kaminski 2011年)を殺す、sulforaphaneは薬剤の機能を改善した。

Theanineおよび化学療法

L-theanineはAdriamycinが単独で腫瘍の重量(Sugiyama等1998年)を減らさなかった一方腫瘍の2.7折目のAdriamycinの集中を高め、腫瘍の重量62%の終わる制御を減らすために1つの調査で示されている緑茶で自然発生する独特なアミノ酸である。 Adriamycinはantitumor活動の広い範囲を持っているanthracyclineの抗生物質である。 さらに、L-theanineはある特定の化学療法の薬剤への逆の腫瘍の抵抗に薬剤の多くの強制によって腫瘍の中にとどまるために示されていた。 しかしそれはmultidrugの抵抗(Sadzuka等2000a)を克服するように設計されている他の薬剤から離れてそれを置く正常なティッシュの薬剤の量を増加しない。

Theanineは化学療法の仕事を作る

idarubicinとして知られているdoxorubicinと同じような薬剤と共にtheanineの使用をテストする調査行われる1999人の研究者。 idarubicinの使用は薬物対抗性の白血病の細胞で試みられたが、により有毒な骨髄抑制を引き起こした。

研究者はtheanineにより薬剤のidarubicinは働いたかどうか見たいと思った。 最初の実験では、idarubicinの標準的な線量の約4分の1は使用された。 この線量で、薬剤は通常働かないし、によりまた毒性を引き起こさない。 しかしtheanineと結合されたときidarubicinは毒性なしでまだ働いた。 腫瘍の重量は49%および量倍増した腫瘍の薬剤の減った。 次の実験では、theanineはidarubicinの通常の治療上の線量に加えられた。 Theanineはidarubicinの有効性を高め、かなり通常の骨髄抑制を減した。 白血球の損失は57%から37% (Sadzuka等2000c)まで減った。

theanineの活動の一部分はグルタミン酸塩のまねること、グルタチオンを増強するアミノ酸に帰因させることができる。 Theanineは腫瘍の細胞にグルタミン酸塩の輸送を混雑させる。 癌細胞はtheanineで(混乱で) erringly取り、theanine作成されたグルタチオンは生じる。 グルタチオンは(theanineによって作成される)自然なグルタチオンのように解毒しないし、代りに癌細胞の機能を癌殺害の代理店を中和する妨げる。 グルタチオンの奪い取られて、癌細胞は化学療法の代理店を取除くことができないし細胞は化学中毒(Sadzuka等2001b)の結果として死ぬ。