生命延長スキン ケアの販売

化学療法

反悪心は化学療法の患者のために薬剤を入れる

悪心は癌患者のための化学療法の共通およびほとんどの最も困難な面の1つである。 悪心は化学療法の間にそしての直後に彼らの食習慣との干渉によって癌患者に対する二次効果をもたらすことができる。

化学療法誘発の悪心を軽減する薬剤はKytril、MegaceおよびZofranを含んでいる。 これらの薬剤のいくつかの高い費用は多くの癌患者をこれらの可能性としては有利な薬剤の1つの取得からの保険によってカバーしなくておいた。 化学療法を受け取って、悪心を経験すれば、要求ことを薬剤のこのクラスのためのHMO、PPO、または保険業者の支払べきである。 これらの薬剤は有効であるために癌患者がそれのための化学療法を随分長く容認することを可能にするかもしれない。

興味深い調査はグルタチオンおよびantinauseaの特性のためのビタミンCそしてEを評価した。 グルタチオンおよびビタミンCおよびEはかなり犬のcisplatin誘発の嘔吐を減らした。 酸化防止剤の反悪心の活動はcisplatinによって発生した遊離基と反応する機能に帰因した。 ショウガのエキスはまた悪心の徴候(Keating等2002年)の減少で有効示されていた。

化学療法誘発の悪心および嘔吐のためのAprepitant (Emend®)

化学療法誘発の激しく、遅らせられた悪心および嘔吐は最初の化学療法周期または繰り返された化学療法周期と(CINV)起こることができる。 Cisplatinはそれを受け取るほとんどの患者でCINVをもたらすために知られている一般的な化学療法の薬剤である。 Cisplatinが既に外科および/または放射線療法のプロシージャがあってしまった転移させた精巣および卵巣の腫瘍を持つ患者の癌細胞の成長を遅らせるか、または停止するのに使用されている。 それは標準的な化学療法に無理解であるが使用されたり、まだcisplatinを受け取っていない転移させた卵巣の腫瘍を持つ患者で。

外科や放射線療法によってもはやまた制御されない高度の過渡的細胞の膀胱癌を持つ患者はcisplatinを受け取る。 薬剤は他の化学療法の薬剤を伴って周期で静脈内で、頻繁に与えられる。 厳しいCINVは通常1起こるから4時間以内に管理および徴候が24時間続けるか、または1週まで間主張できた後。 遅らせられた形態は悪心がなかった患者にcisplatinが最初に管理されたときに起こることができる。 この形態は24時間または多くcisplatinの化学療法の後で始まる。 cisplatin CINVの徴候は何人かの患者がそれ以上の化学療法による治療を断るほど衰弱させる。

2003年3月26日のaprepitant (Emend®)受け取られたFDAの承認に。 AprepitantはCINVを防ぐのに他の反悪心/反嘔吐の薬剤を伴って使用されるべき薬剤である。 CINVのための標準的な反悪心療法はdexamethasone (Decadron®の副腎皮質ホルモン)およびondansetron (Zofran®、5-HT3またはセロトニンの受容器の反対者)である。 但し、悪心と関連付けられた頭脳の受容器の別の系列を目標とすることによるこれらの反悪心の薬剤を伴うaprepitant仕事はNK1受容器呼んだ(neurokinin 1)を。 治療にあたる医師が指示する典型的な組合せの処置養生法は次のとおりである:

  • 日1: 化学療法の前のaprepitant口頭で1時間の125 mg; 化学療法の前のondansetronの32 mg静脈内で; そして口頭でdexamethasoneの12 mg。
  • 幾日2から4: aprepitantの80 mg口頭で幾日2および3でのみ; そして口頭でdexamethasoneの8 mg幾日2に4.の朝で。

Aprepitantは(校訂しなさい) FDAが承認される最初のNK1妨害薬剤である。 FDAの承認はCINV (de Wit等2003年を引き起こした化学療法を受け取った1000の癌患者に含んでいる調査の結果に基づいていた; Heskith等2003年; Poli-Bigelli等 2003年)。 これらの調査では、標準的なCINVの薬を受け取った患者の徴候と比較されたとき、CINVの徴候は標準的な薬とaprepitant時含まれていたかなり減った。

段階IIIの調査(520人の患者; 偽薬制御多中心、二重盲目ランダム化される; 化学療法の後の5日間患者を評価したaprepitant患者の使用の完全な応答)、72.7%の終点に幾日1に5の完全な応答があった(悪心および嘔吐無し; 救助療法無し)。 この応答は標準的な療法のグループ(Hesketh等2003年)の52.3%応答よりかなり高かった。 同じような段階IIIの調査は効力のための523人の患者および高線量に続く5日間安全のための568人の患者をcisplatinの化学療法評価した。 化学療法の後の5日の間に、aprepitantグループの患者は標準的な療法のグループで43.3%対62.7%の完全な応答があった。 不利なでき事の発生は両方のグループ(72.6%対72.8%)で類似していた。 aprepitantグループでは、完全な応答は標準的な療法のグループ(Poli-Bigelli等2003年)のための幾日2に5の日1および46.8%の68.4%対幾日2に5の日1に62.7%の82.8%から及んだ。

別の段階IIIの二重盲目の調査(完全な応答の終点)は202人の患者を登録し、6つの化学療法周期のために観察した。 aprepitantグループの受け入れは(375 mg/250 mg対幾日2に5のcisplatinの前の125 mgおよび80 mg)標準的なondansetron/dexamethasoneの処置を受け取っているグループのための49%対64%の完全な応答を報告した。 周期6の後で、aprepitantグループはまだ標準的な療法のグループ(de Wit等2003年)で35%と比較された59%の完全な応答があった。 この3つの調査を行なっている研究者はodansetronおよびdexamethasoneの標準的な養生法とaprepitant一貫して単独で標準的な療法と比較されたCINVからの優秀な保護を提供したことを結論を出した(de Wit等2003年; Heskith等2003年; Poli-Bigelli等 2003年)。 さらに既存の薬剤が頻繁により少なく有効になるとき、de Witは等化学療法の多数周期上のCINVに対して(2003年)ことをaprepitant提供された支えられた保護結論を出した。

多中心、口頭aprepitantの最も適切な線量の養生法を定義するように努めるランダム化された最初のcisplatinを受け取っていた癌を持つ376人の患者で、二重盲目の、偽薬制御の調査は(375 mg/250 mg対125 mg/80 mg対40 mg/25 mg対標準的な療法)行なわれた。 調査が進行中の間、(、aprepitant 375 mg/250 mgはdexamethasoneと明白な相互作用を示したpharmacokineticデータに中断された起因得られただった。) 著者は静脈内のondansetronおよび口頭dexamethasoneの標準的な養生法に加えられたaprepitant 125 mg/80 mg養生法に危険プロフィール(Chawla等2003年)に最も好ましい利点があったことを結論を出した。 aprepitantの可能な薬剤相互作用はある化学療法、経口避妊薬(有効性を減らす)、血のシンナー(Coumadin)、および他の薬剤(例えば、Orap®、Seldane®、Hismanal®およびPropulsid®)、また市販および草プロダクト(メルク2003年)含んでいる。