生命延長ばねのクリアランス セール

化学療法

化学療法を越えて行くこと

慣習的な化学療法の薬剤余りに頻繁にショーは効力を限った。 けれども付加的な混合物が患者に管理されればこれらの薬剤の癌の細胞殺害の効果が高めることができることを示す証拠がある。

1つのアプローチはこれらの細胞がそれらが化学療法の薬剤の細胞殺害の効果に対して抵抗力があるようになるようにする成長因子に結合することを可能にする癌細胞の受容器の場所のoverexpressionを禁じることである。 癌細胞はまた成長車として自然な取締管理を脱出し、制癌剤の細胞毒素の効果から彼ら自身を保護するのにこれらを信号のtransductionの細道使用する。 これらの利用はtransductionの抑制剤に高める化学療法の薬剤の低い(えー)投薬の潜在的な効果を信号を送る。

もう一つの治療上のターゲットは新しい血管を形作るendothelial細胞である。 新しい血管が形作られるプロセスはangiogenesisおよび癌細胞の初期血管拡散と急成長(Hanahan等2000年)に燃料を供給するために呼ばれる。 新しい血管の形成と干渉する代理店は広範囲の処置の作戦の重要な部分である。

低酸素の環境(低酸素症)に応じて新しい血管を作り出すように癌細胞が刺激されるので血の酸素運送容量を後押しする重大な重要性はこの議定書で先に論議された。

禁止信号のTransductionの細道

正常な、癌性すべての細胞に、表面の分子受容器の場所がある。 これらの場所は正しい分子キーによってだけ開くか、または活動化させるかもしれないロックと同じようにある。 開けられるか、または活動化させて、生化学的なでき事細目の鎖がその受容器に起これば。 Cytokineの成長因子はいろいろなメカニズムによって細胞の成長を刺激する物質のクラスである。

そのような細道の例は表皮の成長因子の受容器(EGFR)の場所へ変形の成長の要因アルファ(TGFアルファ)の結合である。 そのような結合は急速な細胞増殖を引き起こす多くの癌のための成長の細道によりである。 この細道のoverexpressionはまた細胞毒素薬剤に対して抵抗力がある腫瘍の細胞で関係する(を含むインターフェロン)。

EGFRの受容器の場所のこの細道の干渉は効果的にoverexpressionおよび癌を療法にはるかに傷つきやすくさせるそれに続く細胞増殖を締めることができる。 EGFRを妨げることは癌細胞修理、腫瘍の侵入、転移およびangiogenesis (Arteaga 2002年との干渉によって腫瘍の成長を禁じるために示されていた; Wakeling等 2002年)。

早い調査でEGFRを示した約束を禁じるが、失敗した薬剤は細胞毒素の化学療法の薬剤と結合されたとき最近の臨床試験に。 これらのEGFRの禁止の薬剤の1つはIressaである。 Iressaおよび人間の臨床調査に失敗されるErbituxと示される類似機能の薬剤が癌細胞を殺すのに化学療法の薬剤の不十分な組合せおよび投薬のスケジュールが使用されるかもしれないことであるという1つの理由。 Iressaのような薬剤は癌を独自で治さないが、アルファ インターフェロンのような薬剤と使用されたら化学療法にmetronomic投薬する利点免疫があ増加療法の間に使用されたおよび/またはでもよい。

信号のtransductionの細道の妨害の目的は癌細胞がそれらが破壊を避けることを可能にする方法で変異することを防ぐことである。

自然な信号のTransductionの抑制剤

癌細胞によって使用されるある特定の成長信号を禁じる代理店がmetronomic循環させた化学療法を共働作用して使用するか、または免疫があ増加療法と共にポストの化学療法の代理店として有用であるかもしれないことを注意される、分子証拠および動物実験はとして提案する。

利用できる自然な信号のtransductionの抑制剤があるが殆んどが有効な酸化防止剤であるので、何人かの癌患者はそれらを使用し始めるように化学療法の端の後の2-3週を待つことを選ぶかもしれない。

大豆(genistein)のエキスはTGFアルファの細道(Bhatia等2001年)の干渉によって表皮の成長因子(EGF)の受容器を禁じるために知られている。

Genisteinはまた基本的な繊維芽細胞の成長因子(bFGF)、腎臓の細胞の癌腫および悪性黒色腫(Hurley等1996年)のような癌の有効な成長およびangiogenic要因の誘導を妨げると知られている。 さらに、genisteinは考慮されるangiogenesisおよび腫瘍のendothelial細胞の存続(Mukhopadhyay等1995年)のために必要な血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の誘導を妨げるために知られている。

EGFの受容器のoverexpressionおよびシグナリング細道、bFGFおよびVEGFの阻止の封鎖は、線量依存した応答である。 大豆の不運にもほとんどのnonpatented自然な療法のそうである慣習的なかmetronomic化学療法へ有効なアジェバントである人間の臨床調査は欠けている。 癌治療として大豆の使用についての論争がある。 高線量のgenistein療法の賛否両論の完全な記述は蟹座のアジェバント療法の議定書で見つけることができる。

クルクミン、スパイスのウコンのエキスは、genisteinと互いに作用し合い、腫瘍の細胞によって出るangiogenic成長信号を禁じる。 クルクミンはgenisteinより別のメカニズムによってEGFの受容器を禁じるために機能するが、線量依存した方法で有効な90%までである。 癌患者の90%で有効でしたりまたは90%腫瘍の容積を減らすことを癌細胞の膜のEGFの受容器の表現の禁止でクルクミンが有効な90%までであるために示されている間、これは意味しないことに注意することは重要である。 しかし過剰明白なすべての癌の3分の2がEGRの受容器およびそのようなoverexpression頻繁にボディ中の癌のmetastatic広がりに燃料を供給するので、この受容器の抑制は好ましい。

クルクミンにmetronomic投薬の化学療法と互いに作用し合うようである他のいくつかのantiangiogenic特性がある。 これらの潜在的な互いに作用し合うおよび/または付加的なメカニズムは下記のものを含んでいる:

  • 基本的な繊維芽細胞の成長因子(bFGF)の誘導の阻止。 bFGFは多くの癌のための有効なmitogen (成長信号)およびangiogenesis (Arbiser等1998年)の重要なシグナリング要因両方である。
  • hepatocyteの成長因子(HGF)の誘導の阻止は、overexpression hepatocellular (細胞関連のレバー)癌腫(Seol等2000年)にかかわる。
  • COX-2の表現、PGE-2の生産にかかわる酵素腫瘍促進のプロスタグランジン(チャン等1999年)の阻止。
  • 核要因Κ B (NF-KB)として知られている癌細胞のトランスクリプション要因の阻止。 多くの癌のoverexpress NF-KBは成長車として取締管理(Plummer等1999年)を脱出するのにこれを使用し。
  • apoptosis (Jee等1998年)を高める人間の基底細胞の癌腫、hepatomasおよび白血病の細胞ラインの核p53蛋白質の高められた表現。

Angiogenesisおよびブロック信号のTransductionを禁じる代理店がなぜ失敗しているか

リストされている多数の好ましいメカニズムに基づいて高線量のクルクミンは癌患者のために有用ようであろう。 化学療法の薬剤と同時にクルクミンの取入口に関する科学文献に否定がある。 ある調査は他の調査が減らされた利点および潜在的な毒性を示唆する一方、高められた利点を示す。 抗癌性の薬剤のcisplatinはクルクミンと強く、(Navis等1999年)高められる、けれどもcisplatinは遊離基の発生によって癌細胞を殺し、クルクミンは酸化防止剤である。 別の調査は低線量のクルクミンが複数の異なった人間の乳癌の細胞のcamptothecin-、mechlorethamine-の、およびdoxorubicin誘発のapoptosisを禁じたことを示した。 この同じ調査はクルクミンが生体内の動物モデル(Somasundaram等2002年)のシクロホスファミド誘発胸の腫瘍退化を禁じたことを示した。 化学療法の薬剤Irinotecanとクルクミンの付随の使用を含む別の生体外の調査は潜在的な毒性(彼ら自身のMichaels等2001年)を示した、けれどもにおよび化学療法の薬剤は本来有毒である。

高線量のクルクミンは有利であるか、または有害使用される化学療法の薬剤のタイプそして線量によって決まるかどうか一種の癌細胞、およびクルクミンの線量。 より限定的な情報が配布されるまで、私達は注意の側面で誤り、化学療法の患者がクルクミンことをの高線量を取る前に化学療法の彼らの最後の線量の後の3週を待っていることを推薦することを好む。

薬品会社は薬剤を開発するために癌細胞の成長と干渉すると証明されるドルの十億を投資している。 残念ながら、これらの薬剤は遅段階の癌患者の存続を拡張しなかった。 これらの臨床調査のいくつかでは、腫瘍の収縮は観察されるが、患者はまだ死ぬ。 しかし専門家はこれらの薬剤が結局癌の処置の重要な役割を担うこと確信させて残る。

これらの薬剤が働いていない1つの理由は通常取締管理を脱出するのに癌細胞が使用する成長因子の1だけを抑制することである。 科学者は腫瘍によって使用される20以上の成長因子の知っている。 遅段階の乳癌の細胞は、例えば、angiogenesisを引き起こす6つの成長因子多数を表現するかもしれない。 癌細胞は腫瘍やoverexpressに新しい血管を引くためにこれらの成長因子をEGFの受容器出す。

人間の調査は癌細胞が非常に抵抗力があるようになるために変異した遅段階の患者のangiogenesisの抑制剤またはEGFの受容器のブロッカーをテストした。 これらの薬剤が病気プロセスで先にテストされたら、何人かの医者は信じるよりよく働くことを。 1つの問題はFDAが他の証明された療法をすべて失敗した患者だけに新しい制癌剤のテストを制限することである。 残念ながら、私達は癌細胞が新しい療法にいつも露出される変異させることがわかる。 前の療法を失敗した患者のだけ新しい制癌剤のテストによって、効力の途方もない重荷はこれらの新しい混合物に置かれている、最も積極的な段階の癌細胞を殺すとすなわち、これらの薬剤は期待される。

何人かの専門家はantiangiogenesisおよび信号のtransductionのブロッカーを使用して最終的に巧妙な処置がmultidrugのカクテルの使用によって決まるかもしれないこと1つにそれ注意する

癌細胞によって使用されたすべての知られていた成長因子を妨げる。 それは異なったメカニズムによって働く複数の抗ウィルス性の薬剤が何人かの人々のための処理しやすい病気に条件を回したカクテルに結合されるエイズの処理の成功を平行にする。

文化知識に基づいて、同時に早段階の癌患者のangiogenesisの抑制剤そして信号のtransductionの細道のブロッカーの広い範囲をテストすることは論理的だったようであろう。 そのようなテストは他の細胞毒素療法がまたはその後まもなく管理されることその時に考慮されるかもしれない。

高い潜在的能力のgenistein、クルクミンおよび緑茶のエキスを結合する潜在的な利点は癌細胞によって使用されるいろいろ成長因子を抑制するために示されていたことである。 genistein、クルクミンおよび緑茶に同じような方法ではたらくテストの薬剤の巨大な費用を考えるとこれらのnonpatented自然な代理店が癌患者で近い将来にテストされること、それは疑わしい。 癌患者は決定にこうしてかどうかの現在利用できるデータに基づいて全面的な処置プログラムにこれらの自然な代理店を組み込むために直面される。

禁止のAngiogenesis

Angiogenesisは腫瘍の急速な伝播に滋養物を提供する。 Antiangiogenesisの代理店はこの新しい腫瘍の血管の成長を禁じ、潜在的な癌療法として調査されている。 注意されるように、genisteinおよびクルクミンは腫瘍に新しい血管の成長の阻止にかかわる分子効果を示した。 緑茶からのエキスはまた有効なantiangiogenesisの代理店であるかもしれない。

緑茶の第一次行為はカテキン、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の誘導を妨げるangiogenesisおよび腫瘍のendothelial細胞の存続で必要考慮されるepigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)を通って、ある。 生体内の調査は人間の結腸癌の細胞の次の行為があるために緑茶のエキスを示した:

  • 腫瘍の成長58%の阻止
  • microvessel密度30%の阻止
  • 腫瘍の細胞増殖27%の阻止
  • 増加された腫瘍の細胞のapoptosisの1.9折目
  • 三重高められた腫瘍のendothelial細胞のapoptosis
    (Jung等2001b。)

それらが取られるべきである場合緑茶、大豆およびクルクミンの最適の線量はおよびこの議定書で後で論議される。 EGCGが強力な酸化防止剤であることに、ようにである緑茶で見つけられる他のポリフェノール注目しなさい。 何人かの化学療法の患者は緑茶(EGCG)の補足を始めるために化学療法が終わった3週後待つことを選ぶかもしれない。