生命延長血液検査の極度の販売

化学療法

化学療法の薬剤を作ってもっと効果的に働かせなさい

化学療法の薬剤の線量配達スケジュールは殺害の癌細胞の効力および毒性のある程度を患者に確定的缶詰にする。 慣習的な化学療法による治療は頻繁に健康なティッシュに回復するチャンスがあるように化学療法の薬剤の最高によって容認される線量(MTD管理される)を、普通週に一度から21日毎にに変わるスケジュールで使用し、残りの期間を認める。 残念ながらMTDのスケジュールは腫瘍学者のために便利であるが、彼らの化学療法の単位により多くの患者を毎月絞ることをそれらを許可して休憩時間は癌細胞が腫瘍に新しい血管の成長のような存続のメカニズムを回復し、開発することを可能にする。 これは化学療法の次の大量服用が7-21日後で与えられるとき、癌細胞は抵抗力があるようになったことを意味する。 MTDの管理はまたより多くの損傷--に健康なティッシュをさらす。

ある調査はよりよいアプローチが慣習的な細胞毒素の代理店の線量を下げること、効果的に癌のさまざまな成長の細道と干渉するためにantiangiogenesisの代理店が付いている適用およびコンバインの化学療法の薬剤を再スケジュールし、血管(オランダ等2000年)の生産を禁じることであることを示す(http://www.cancer.gov/clinicaltrials/developments/anti-angio-table)。

metronomic投薬ように知られているこの低線量のアプローチは頻繁に毎日投薬のスケジュールを使用するか、またはそれらをすべて一緒に管理するかわりに異なった化学療法の薬剤を同日一日置きに交互にする。 MTDの25%、さまざまな信号のtransductionの細道の抑制剤を伴って代わりとなる日に時々与えられて低い、量は腫瘍に与える容器およびmicrovesselsを構成するendothelial細胞を目標とする。 腫瘍のendothelial細胞はより少ない化学療法とそれから健康なティッシュおよび患者への癌細胞そして副作用が一般に劇的に減るより大いに死ぬ(Hanahan等2000年)。

標準的な化学療法の間に、典型的な21日の休憩時間は腫瘍にendothelial細胞を与える十分回復するにはチャンスである。 但し、予定していてより堅い化学療法の線量がゆっくり増殖のendothelial細胞は回復してない。 1つの調査では、マウスはMTDの下の線量の化学療法の薬剤のvinblastineをずっと与えられた。 この線量はマウスの腫瘍の成長に対する僅かな影響をもたらした。 マウスの第2グループは腫瘍に新しい血管の形成を禁じる薬剤DC101を与えられた(血管内皮細胞増殖因子の誘導の妨害によって)。 マウスのDC101グループでは、腫瘍の成長はvinblastineとあったが、一方では腫瘍の成長再開したと同時に遅れた。 但し、マウスの第3グループで、2つの薬剤の組合せは、低い線量で6か月(Klement等2000年)間再発無しで腫瘍の完全な退化で、起因した。

壊れ目無しの頻繁な基礎の慣習的な化学療法の薬剤の低い線量の管理は特に腫瘍のendothelial細胞特定のantiangiogenic薬剤(Gately等2001年と結合されたときこれらの薬剤がantiangiogenesisの効果を実施することを可能にする; 人等 2002年)。 antiangiogenic薬剤(http://www.cancer.gov/clinicaltrials/developments/anti-angio-table)を使用して臨床調査がある。 この議定書で後で記述されるように、ある特定のサプリメントはまたangiogenesisと干渉するために示されていた。

この執筆の時に、いくつかの動物実験は投薬のスケジュールが変わったら化学療法の薬剤がよりよく働くことができることを提案した。 人間の調査は進行中、腫瘍学者を標準的なMTDの代りにmetronomic投薬を組み込むように確信させることは困難であることを意味するであり。 私達が現時点で限定的にmetronomic (より低い線量/より頻繁な管理)化学療法を推薦できない間、この主題の新しい人間の調査の結果はwww.lefcancer.orgで 掲示される