生命延長血液検査の極度の販売

生命延長提案

患者は進行中の癌ワクチンおよび他の免疫療法の臨床調査の情報の取得の援助を彼らの医者、および従がう登録および参加のための規準に頼むべきである。 免疫療法の患者は栄養の補足を使用し始める前に処置を受け取っている間彼らの医者に相談するべきである。 さらに、栄養の補足を使用していたら、癌のためのあらゆるアジェバント療法の有効性の監視で必要である診断手順および血液検査の実施の保障の援助を医者に頼むべきである。

免疫があ後押し癌療法の栄養の補足を使用するためのある指針は下記のものを含んでいる:

  • 亜鉛: 毎日20 – 50 mg (Hercberg S等1998年; Kohn S等 2000年)
  • Astragalus: 毎日2000年– 4000 mg
  • ビタミンC: 毎日120 mg (Hercberg S等1998年)
  • ビタミンE: 2週(Malmberg KJ等2002年)間毎日dアルファのtocopherylの琥珀酸塩の800のIU; 400のIU毎日長期使用(カルダーPC等2002bのために; 等例えばPallast 1999年)
  • 葉酸: 毎日800 mcg (Fenech M 2001年)
  • ビタミンB12: 毎日7 mcg (Fenech M 2001年)
  • ビタミンB6: 毎日2.1 – 2.7 mg (1つのB複雑なカプセル) (Kwak HK等2002年)
  • セレニウム: 毎日100 mcg (Broome CS等2004年)
  • グルタミン: 毎日30 g (吉田S等1998年)
  • 朝鮮人参、panax: 毎日100 mg (アンダーソンGD等2003年)
  • Melatonin: 就寝時間(Lissoni P等2000年)で、毎日20 mg
  • ニンニク: 毎日250 mg (Dhawan V等2004年)
  • きのこのエキス: 活動的なヘキソースは混合物を関連させた: 毎日3 g (Matsui Y等2002年)
  • PSK: 40%の多糖類のエキスの3000 mgの日刊新聞
  • Reishi: 13.5%の多糖類および6%のトリテルペンを含むために毎日標準化される980 – 3000 mg
  • 魚油 (EPAを含んでいる): 毎日4.7 g (Kew S等2004年)。

ほとんどの癌患者がビタミンC (2000年から20 000のmg /day)の大量服用を、セレニウム(200から400 mcg/日)、ビタミンB6 (100から750 mg /day)、およびビタミンB12 (100から300 mcg/日)取ることに注目しなさい。 これらの線量は上で引用される調査で使用される線量よりかなり高い。

血液検査供給

PSA、CEA、セレニウム、ビタミンB12およびfolateの血清のレベルのためのテストは生命延長/National Diagnostics、Inc.によって利用でき、1-800-544-4440を呼ぶことまたはオンラインで命令によってhttp://www.lef.org/bloodtest/で命令する ことができる

腫瘍の抗原のプロフィールはGenzymeの遺伝学(http://www.genzymegenetics.com)によって断固としたである場合もあり、1-800-966-4440の呼出しによる医者によって命令されるかもしれない。

免疫細胞機能、血清の成長因子のレベルおよびimmunosuppressive代理店(IL-10)のためのテストはUCLAのJonssonの広範囲の蟹座の中心(http://www.cancer.mednet.ucla.edu/)で利用できる

X線、スキャンおよび精密身体検査はあなたの医者を通して整理することができる。